日本列島岬めぐり:第1回 富津岬(ふっつみさき・千葉県)

 (共同通信配信、1990年)

 千葉県南西部の富津岬の付け根が富津である。
 富津の街中に入っていくと、民宿の看板をあちこちで見かけ、魚のにおいが鼻をつく。海水浴場がすぐ近くにあるので、地元の子供たちは真っ黒に日に焼け、「海の子」そのもの。都会の子供たちとは違う。
 富津岬は東京湾に延びた下洲と呼ばれる長さ5キロほどの砂州でできている。岬を境にして東京湾は内湾と外湾に分かれ、北は日本有数の臨海工業地帯の京葉工業地帯、南は風光明媚な南房総国定公園になっている。富津岬の北と南では、世界がガラリと変わる。

 富津岬は岬全体が自然公園になっていて、入口には食堂や売店が並んでいる。岬公園に入っていくと、1度に7000人が泳げるというジャンボプールや内房(房総半島の東京湾側)最大の富津海水浴場、潮干狩り場、キャンプ場などがある。
 クロマツの防砂林の中はプーンと潮の香が漂っている。それがたまらない。岬の突端まで行くと、まるで積み木細工のようにコンクリートのテラスを積み重ねて階段でつないだ、何とも奇妙な、それでいて印象的な展望台がある。

 最上階までは結構な上りで、ハアハア息を切らしてしまうが、それだけの価値はあった。夕暮れの潮風に吹かれながらの、360度の大展望はすばらしいものだった。
 自分が今、通ってきた道が砂州の中に一直線に延びている。目を左に移すと、新日鉄の君津製鉄所が威容を誇っている。
 前面の海は東京湾の難所、浦賀水道。なるほど狭い。その狭い海を大小さまざまな船が行き来する。対岸の横須賀の町並みが手の届くほどの距離だ。やがて観音崎の灯台がピカ、ピカッと強い光を投げかけてくる。その間の距離といったら、10キロほどでしかない。
 
 このように富津岬は東京湾を望む要衝の地。幕末には砲台が、明治以降は海ほうが築かれ、要塞地帯として一般人の立ち入りは禁止されていた。富津岬にはそのようなキナ臭い歴史も秘められている。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり:第2回 野島崎(のじまざき・千葉県)

 (共同通信配信、1990年)

 房総半島最南端の野島崎には館山から入っていった。 
 南房州の玄関口、JR内房線の館山駅前にはフェニックスやカナリーヤシが空を突き、いかにも「黒潮の国・安房」を感じさせた。
 東京湾の出口に突き出た岬の洲崎に立ち寄ったあと、太平洋を見ながらバイクを走らせる。切る風に黒潮の香りをかぎながら走る気分はもう最高。野島崎へと続く太平洋岸の道は通称「フラワーライン」。早春にはキンセンカやスイセン、菜の花などの花畑が満開になる。海の青さと花々の色彩の対比が色鮮やかだ。

 野島崎に着くと、岬入口の島崎漁港の岸壁に腰を下ろし、漁から帰って来る漁船を眺めた。この後、厳島神社に参拝。岬に神社はつきもので、厳島神社や熊野神社、住吉神社といった海とのかかわりの深い神社が多くまつられている。
 岬突端の灯台へ。漁港と神社と灯台は岬の「三点セット」のようなものなのだ。
 野島埼灯台は1866年(慶応2年)、米、英、仏、蘭との四ヵ国条約によって建てられた、日本初の洋式八灯台のひとつ。三浦半島の観音埼灯台に次いで1869年(明治2年)12月に初点灯した。全国にある2600余の灯台の中では2番目に古い歴史をもっている。

 灯台に上がって太平洋の水平線を眺め、足元に広がる白浜一帯の海岸線を見下ろした。野島崎は白浜の岬だが、岩礁の海岸線は白浜というより黒磯だ。
 なのに、なぜ無理矢理、白浜かといえば、紀州の白浜に由来している。「黒潮の道」で結ばれた紀州と房州は近い。房州の漁業を発展させたのは、この地に移り住んできた紀州の漁民たち。当時の紀州の漁民たちは日本最先端の漁業技術を持っていた。
 野島崎は、もともとは地名通り「野島」という島だった。それが元禄大地震(1703年)で陸地につながった。さらに関東大震災で隆起し、岬周辺は岩礁地帯になった。野島崎はまさしく生きている岬なのだ。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり:第3回 犬吠埼(いぬぼうざき)

 (共同通信配信 1990年)

「銚子ぱずれ」の犬吠埼に行く前に、刑部(ぎょうぶ)岬に立った。足元には飯岡の街並みが広がり、その向こうには九十九里の長い砂浜が果てしなく延びている。
 刑部岬から銚子半島に入っていく。半島最高所の愛宕山(74m)頂上にある地球展望台(地球の丸く見える丘展望台)からドーバーの「ホワイトクリフ」(白い断崖)と並び称される屏風ヶ浦を見下ろした。

 その後で犬吠埼に立った。
 太平洋の荒波が打ちつける高さ50メートルほどの海食崖の上には、白亜の灯台。岬と灯台は切っても切れない関係にあるが、「犬吠埼灯台」は高さ31メートルの、日本でも最も光度の強い一等灯台で、200万カンデラの光を太平洋に投げかける。
 灯台のてっぺんに登ると、君ヶ浜からその向こうの利根川河口、さらには銚子の街並みを一望できる。
 伝説によると、義経が奥州に逃げ落ちた際、この岬に立ち寄った。海岸に残された愛犬は主人を慕って七日七夜吠えつづけ、それで「犬吠」の名があるという。犬吠埼は義経伝説の地でもある。

 灯台の前には食堂や売店、ホテル、旅館が並んでいる。「おや?」と、私の目をひきつけたのは「日本最東端」をうたい文句にした看板だった。
 太平洋に突き出た犬吠埼は銚子半島の突端であり、さらには千葉県最東端、関東最東端の地ではあるが、日本最東端ではない。それをあえて「日本最東端」といいたくなるほど、「国のとっぱずれ」の犬吠埼には最果て感が強く漂っている。
 君ヶ浜の砂浜に座り込む。そこから眺める犬吠埼はすばらしい。まさに絵画の世界。岬が好んで絵に描かれるのがよくわかるし、大勢の人たちが岬に行くのがよくわかる風景だった。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり:第4回 鵜ノ岬(うのみさき・茨城)

 (共同通信配信 1990年)

 どこを見ても、「HITACHI」一色の企業城下町の日立から、国道6号を北上して鵜ノ岬へ。

 断崖絶壁の岬の北側は伊師浜海岸。長い砂浜がつづく絶好の海水浴場になっている。季節は夏。海水浴場は大勢の人たちでにぎわっていた。駐車場で目についたのは県外車。「海なし県」の栃木、群馬や東京ナンバーが目についた。常磐道の日立北ICから車でわずか10分という交通の便利さのためだろう。

 そんな伊師浜海岸を見下ろす岬の断崖上の遊歩道を歩いた。太平洋の荒波が断崖に砕け、白く散っている。

 鵜ノ岬は名前通り、海鵜の飛来地。毎年、1羽ごとの許可証をもらい、「鵜捕り」がおこなわれている。トリモチをつけた竹ざおで海鵜を捕獲する。

 鵜飼の鵜について、岐阜(長良川)や大洲(肘川)の鵜匠に話を聞いたことがある。鵜飼には海鵜をつかうものと川鵜をつかうものがあるが、長良川、肘川ともに海鵜で、いずれも鵜ノ岬で捕獲されたものだ。

「海鵜は慣らすまでが大変。最初の1週間ぐらいは死んでも食べてやるもんか、といった態度なので、口をこじあけてエサを入れます。口はカミソリのようによく切れるので、うっかりすると指を食いちぎられてしまいますよ」

 鵜ノ岬の断崖に立って太平洋を見下ろしていると、そんな鵜匠たちの言葉が思い出されてくるのだった。

「鵜の目 鷹の目」「鵜のみにする」「鵜のまねする烏」
 などといわれるように、鵜の習性がことわざになっているほど、日本人にとって鵜は、なじみが深い。

 鵜ノ岬は日本の「鵜捕り」発祥の地なのである。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり:第5回 塩屋崎(しおやざき・福島)

 (共同通信配信 1990年)

 太平洋岸の国道6号を北上。茨城県から福島県に入ったところで、小高い丘の上にある「勿来の関址」に寄っていく。ここは白河、念珠と並ぶ「奥州の三関」。「勿来」の2文字に、みちのくに入ったという実感が胸にこみあげてくる。
 広大な市域のいわき市では小名浜港から一つ、また一つと岬めぐりをした。
 最初は三崎。小名浜港の北側に突き出た岬で、北風を防ぐ天然の防波堤になっている。岬全体が三崎公園で、中央にはマリンタワーがそびえ、岬突端には潮見台の展望台が海上に延びている。
 この海上展望台は迫力満点。岬の断崖絶壁から一歩、足を踏外し、海上をフワフワ飛んでいるような気分にさせられる。
「ワタシ、怖い」
 わずかに揺れる海上展望台で、若い女性は彼氏にしがみついていた。

 つづいて竜ヶ崎、合磯岬に立ち、最後が塩屋崎。三崎から塩屋崎までは、ほぼ3キロの等間隔で岬が並んでいる。何とも規則正しい地形なのである。
 第三紀層の丘陵が波の浸食によって削られた塩屋崎は、下の駐車場から石段を登っていく。ハーハー、息が切れるほどの急傾斜。
 高さ50メートルほどの海食崖に囲まれた岬の上からの眺めは絶景で、南側の豊間漁港と合磯海岸、北側の薄磯海岸を一望。さらに灯台に登ると、それ以上の大展望が開ける。 岬の下には歌碑。

  春は二重に巻いた帯
  三重に巻いても余る秋
  暗らや崖なや塩屋の岬

 1989年に亡くなった美空ひばりの「みだれ髪」の歌詞が彫り刻まれている。永遠に変わらない「ひばり人気」を物語るかのように、歌碑の前には花束が供えられている。岬は「絵の世界」であるのと同時に、「歌の世界」でもある。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり:第6回 黒崎(くろさき・宮城)

 (共同通信配信 1990年)

 旧北上川河口の石巻からコバルトラインで牡鹿半島に入り、半島最南端の岬、黒崎に向かった。
 牡鹿半島は北上山地の南の果て。地図で見ると、身をむしりとられて骨だけになった魚のような格好をしている。コバルトラインはそんな半島の稜線上を走っているので、リアス式海岸を見下ろす眺望抜群のスカイラインになっている。
 牡鹿半島南端の御番所山展望台まで来ると、手の届きそうな距離に、
「みちのく山に黄金花咲く」
 と万葉集にも詠われた黄金伝説の金華山が見える。「金華島」といわずに、「金華山」というところが、風景通りで実感がこもっている。

 仙台藩は慶安元年(1648年)、海岸線の要衝5ヵ所に「唐船番」を置き、幕府の鎖国政策に従って外国船の入港を厳しく見張った。そのひとつが御番所山なのである。
 この御番所山の下にある黒崎にたどり着くのは容易ではなかった。
 半島の南端一帯は牧場になっている。道の行き止まり地点からは生い茂る草をかきわけて歩き、ついに黒崎の灯台に出た。すでに日は暮れ、金華山周辺の海はまばゆいばかりの漁火で光り輝いていた。黒潮と親潮が激しくぶつかりあうこのあたりは、日本でも有数の好漁場になっている。

 黒崎を後にし、岬に近い鮎川の町へ。ここは、かつては捕鯨でおおいに栄えた港町。鯨博物館や鯨肉店が「鯨の町」鮎川を強く感じさせた。
「鯨屋」という店に入り、鯨の刺身を食べた。ミンク鯨の刺身だ。ショウガ醤油に白い脂身を浸し、それと一緒に赤身を食べるのだ。
 鮎川の捕鯨は昭和20年代の後半がピークで、年間6000頭が水揚げされた。浜には30軒以上の解体屋が並び、20隻以上もの捕鯨船が活躍していた。
 鯨料理に大満足し、夜の港を歩いた。すると船首に見張り塔と「タイホウ」と呼ぶモリを備えた捕鯨船が接岸していた。本物の捕鯨船を見て私の胸は高鳴った。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり:第7回 御崎(おさき・宮城)

 (共同通信配信 1990年)

 唐桑半島突端の御崎まで行く前に、日本でも有数の遠洋漁業の基地である気仙沼漁港に立ち寄った。
 港では遠洋マグロ漁船の完成祝いを見た。新造船は大漁旗を満艦飾にひるがえらせ、ボリュームをいっぱいに上げたスピーカーから大漁節を流しながら接岸した。船主のあいさつに続いて餅がまかれ、集まった人たちは争ってそれを拾った。

 気仙沼から陸中海岸国立公園の唐桑半島に入っていく。長さ20キロほどの半島で、カキ養殖の研究所やアワビとワカメ養殖の海底牧場があるほど、漁業の盛んなところ。
 半島の西岸には鮪立や小鯖などの漁港があり、遠洋漁船の乗り組み員の多くはこの地から出ている。
「マグロ御殿」の建ち並ぶ半島の中ほどには、大理石の海岸「巨釜・半造」がある。巨釜の高さ16メートル、幅3メートルのオベリスク状の白っぽい石柱はこの海岸のシンボルになっている。三陸大津波で先端が折れ、それ以来、折石といわれている。

 唐桑半島最南端の御崎には御崎神社が祭られ、そこから先は自然遊歩道になっている。うっそうと茂るタブやツバキなどの照葉樹林によって、岬突端への小道は昼でも暗い。
 黒潮の影響で、このあたりまで暖地性の照葉樹林が北に延びてきている。
 小道のわきには苔むした鯨塚があった。その昔は供養塔の塚が立つほどの鯨を捕ったのだろう。
 岬先端の灯台の先には、黒色粘板岩の岩場が幅30メートル、長さ100メートルにわたって海に突き出ている。「八艘曳」と呼ばれる岩場で、御崎神社の祭神が8艘の船を従えてこの岩に上陸したという。まさに「御崎」。
 御崎は磯釣のメッカでもある。八艘曳の岩場では多くの釣り人たちが釣り糸を垂れていた。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり:第8回 とどヶ崎(岩手)

 (共同通信配信 1990年)

「みなさん、本州の最東端って、どこですか?」
 と、クイズを出してみたくなるほど、本州最東端の岬は知られていない。
 答えは重茂半島のとどヶ崎だ。
 三陸海岸を貫く幹線の国道45号を北上し、カキやホタテの養殖が盛んな山田湾から入っていく重茂半島は、海に近いとは思えないほど山が深く険しい。まるで深山幽谷の地に足を踏み入れたかのようだ。

 姉吉というバス停で半島一周道路を離れ、本州最東端の集落、姉吉を通って浜に出た。浜には昆布小屋が並んでいた。
 ここからとどヶ崎までは、4キロほどの山道を歩いていく。
 汗まみれになってたどり着いた東経142度04分35秒のとどヶ崎には、東北地方では一番のノッポ灯台、高さが34メートルの灯台が立っている。断崖上には「本州最東端」の碑。目の前には島影ひとつなく、太平洋が果てしなく広がっている。
 往復8キロも歩かなくてはならないので、この岬までやってくる人はほとんどいない。断崖の縁に腰を下ろして自分一人でたたずみ、絶景岬を独占した。

 岬から浜に戻ると、コンブ漁の漁師さんの話を聞いた。
 9月に入ると、天然コンブの採取で忙しくなる。きれいな飴色をした三陸のコンブは質が良い。ととヶ崎の名前通り、かつては岬にトドがやってきた。しかし、最近ではトドを見かけなくなった。
 姉吉の漁師さんからは、そんな話を聞いた。
 コンブといい、トドといい、私はすでに北国の親潮の海に入ったことを強く感じた。植生を見ても、寒地性のナラなどの落葉樹が岬を覆っていた。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり(9) 尻屋崎(しりやざき・青森)

 (共同通信配信 1990年)

 斧そっくりの形をした下北半島の東北端が尻屋崎。本州の東北端でもある。
 津軽海峡に沿ってバイクを走らせ尻屋崎に近づくと、石灰岩を採掘する鉱山前を通る。背後にそびえる標高400メートルの桑畑山は石灰岩の宝庫。埋蔵量は数億トンと推定され、隣接するセメント工場や港に送られていく。

 さて、尻屋崎だが、入口にある遮断機のボタンを押して中に入っていく。この遮断機は岬周辺の草地に放牧されている牛や馬のためにある。
 尻屋崎で放牧されている骨太の馬は「寒立馬」と呼ばれている。下北の厳しい自然の中で育っているだけに抜群の耐久力。雌馬を残し、雄馬は食肉用として市場に出される。

 松林を走り抜けて海岸に出ると、白っぽい石灰岩の道が岬突端の灯台へと続いている。岬には「本州最涯の地」碑が立っているが、そこから見る尻屋崎の灯台は、日本に数ある灯台の中でも、一番絵になる(と思っている)。
 崖っぷちに座り、海を見た。
 左手には下北半島の山々が連なり、重なり合い、そのままストンと海に落ちている。
 目の向きを変えると、北海道の山影が津軽海峡の水平線上に霞んで見える。その一番右が恵山岬になる。

 岬に近い尻屋の漁村に行くと、あちこちでコンブを干していた。
 コンブを切り刻んだようなものを干しているオバアチャンに聞くと、それはコンブの根の「ネコブ」だという。ひとつもらい、口に入れたが、えらく固い。
「これはね、血圧にいいといって、けっこうな値段で売れるものなのよ。それと、おそばのダシを取るのはネコブが一番ね」
 オバアチャンの話では長距離トラックの運転手にはネコブの愛用者が多くいるという。ネコブをクチャクチャかみ続けるのが、何よりもの眠気ざましになるというのだ。私も口の中でやわらかくなったネコブをかみながらバイクを走らせ、尻屋崎をあとにした。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行


日本列島岬めぐり(10) 大間崎(おおまざき・青森)

 (共同通信配信 1990年)

 本州最北端の大間崎には、下北半島の中心、むつ市の田名部から国道279号で向かった。津軽海峡に出ると大畑へ。イカ漁の基地になっている大畑漁港を見てまわりる。
 さらに国道279号を行き、海辺の峠、木野部峠を越え、下風呂温泉へ。そこでは2つの共同浴場、「新湯」「大湯」に入った。湯につかりながら地元の人たちの話を聞くのはいいものだ。ただ、下北弁がほとんどわからなかったが…。

 さっぱりした気分で大間崎へ。バイクで切る風の中にヒバの香りが漂う。風雪に強いヒバは下北の特産。この地方では建築材にふんだんに使われている。
 北緯41度31分30秒の大間崎に到着。
 岬の先端から津軽海峡を眺めた。目の前のクキド瀬戸を隔てて600メートルほど沖に浮かぶ弁天島には、大間崎の灯台が見える。その向こうの水平線上には、くっきりと北海道の山影が浮かんでいる。三角形の特徴のある山の姿は函館山だ。

 目を左に移せば、高野崎から龍飛崎にかけての津軽半島の海岸線を一望する。
 大間崎まで来ると、北海道が近い。対岸の汐首岬までは、わずか18キロでしかない。
 大間の町には函館の病院や商店の看板が目立って多いし、大間港からは函館行きのフェリーが出ている。所要時間は2時間ほどでしかなく、大間の人たちにとっては、青森に行くよりも、函館に行く方がはるかに近い。

 夕暮れが迫り、灯台に灯が入るころ、民宿「みさき荘」に泊まった。ここの夕食はすごかった。大盛のイカ刺、タラのフライ、ホタテの煮付け、ヒジキの煮物、サケ汁と、北海の幸ずくめだ。民宿のテレビから流れてくるニュース番組は北海道版だ。
 明治以前には、本州から北海道に渡るのは津軽半島の三厩港か、下北半島の大間港だった。本州最北端の岬、大間崎は昔からの北海道への玄関口になっていた。





バイク"曲がれる"大図解―これさえ... 根本 健

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード