著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ユーラシア大陸横断」、出発前日のメッセージ(2002年)

(『賀曽利隆ONLINE』より転載、2002年6月25日)

「道祖神」のバイクツアー、「カソリと走ろう!」シリーズの第7弾目、「ユーラシア大陸横断」に明日(※2002年6月26日)、出発します。
 東京から富山の伏木港へ。
 船でロシア・沿海州のザルビノ港に渡り、シベリアを横断し、ウラル山脈を越えてモスクワへ。そしてポーランドのワルシャワからドイツのベルリンへ。
 西ヨーロッパの国々を南下し、ピレネー山脈を越え、スペインからポルトガルに入り、ユーラシア大陸最西端のロカ岬を目指します。
 東京からロカ岬まで1万5000キロ、それを50日で走ります。
 さー、DR-Z400Sよ、頼むゾ!

 今回の「ユーラシア大陸横断」はぼくにとっては2度目のことになります。
 最初の「ユーラシア大陸横断」は1990年。
 50㏄バイクのスズキ・ハスラーTS50でアメリカのロサンゼルスを出発点にし、インドのカルカッタをゴールとし、2万5000キロの「世界一周」をおこないましたが、そのときはアメリカを横断し、ニューヨークからイギリスのロンドンに渡りました。
 ロンドンのトラファルガー広場前を出発したときは「ユーラシア大陸横断」を強く意識し、西ヨーロッパから東ヨーロッパ、南ヨーロッパ経由でトルコのイスタンブールまで行き、そこから西アジアの国々を通ってインドのカルカッタを目指したのです。

 ほんとうはそのまま、さらに日本に向かって走りたかったのですが、厚い国境の壁にはばまれ、カルカッタをゴールにするしかなかったのです。
 その悔しさをバネにし、1992年から翌93年にかけては、タイのバンコクを拠点に「インドシナ一周」を成しとげました。
 この「インドシナ一周」も「ユーラシア大陸横断」の1パートなのです。

 今回のシベリア経由での「ユーラシア大陸横断」を成功させたら、ぜひとも次は中央アジア経由での「ユーラシア大陸横断」に挑戦してみたいし、さらには究極の「ユーラシア大陸横断」にも挑戦してみたいと心底、願っています。
 この、究極の「ユーラシア大陸横断」というのは東京から下関まで行き、関釜フェリーで韓国の釜山に渡り、朝鮮半島を縦断します。38度線を越え、鴨緑江を渡って中国に入り、西へ、イギリスのロンドンを目指して走るというものです。
「ユーラシア大陸横断」というのは、このようにあとにつづくもの。
ぼくに限りない夢を与えてくれます。

2002年6月25日

~~~~                                  
ということでこの2002年の「ユーラシア大陸横断」を『ツーリングGO!GO!』誌と『バックオフ』誌の掲載記事を元にお送りします。(2008年9月記す)
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

ユーラシア大陸横断(その1)ウラジオストク→ダリネレチェンスク

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月2日(火)晴れ ウラジオストク→ダリネレチェンスク 423キロ
 ロシア税関のすべての書類がそろい、保税倉庫でバイクを引き取れたのは18時過ぎ。我ら「ユーラシア軍団」は、ヨーロッパ最西端のロカ岬を目指し、喜び勇んでウラジオストクを出発した。
 全部で17台のバイク。それにサポートカーがつく。
 車には「道祖神」の菊地優さんとメカニックの小島努さん、それとロシア人通訳のアレックスが乗っている。

 大渋滞のウラジオストク市内を走り抜け、M60(国道60号)を北へ。4車線のハイウェイが100キロほど北のウスリースクまでつづく。
 交通量が多い。車は大半が日本車だ。
 ウスリースクを過ぎると2車線の道になり、交通量もぐっと少なくなる。
 シベリア鉄道に沿った道。雄大な風景が広がる。その中を地平線目指して突っ走る。

 ぼくのバイクはスズキDR-Z400Sの新車。時速120キロ前後での走行。ぼくが先頭を走る。バックミラーに映る後続のバイクのきれいなラインに胸がジーンとしてしまう。夜の10時過ぎまで明るい夏のシベリア。
 夜中の1時半にダリネレチェンスクに到着。パトカーがホテルまで先導してくれた。
 17台のバイクは警察のガレージであずかってもらった。ダリネレチェンスクのホテルでは「道祖神」の菊地優さんと同室。これ以降、ずっと菊地さんと同室で、菊地夫人に嫉妬されそう‥。
 第1夜目はさんざん蚊にやられ、メタメタに刺された。夏のシベリアは蚊やブヨなど虫との戦いだ。

伏木駅前で
伏木駅前で

伏木港を出発
伏木港を出発

ウラジオストックへ
ウラジオストックへ

ウラジオストックに到着
ウラジオストックに到着

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

ユーラシア大陸横断(その2)ダリネレチェンスク→オブルチェ

2002年7月3日(水)曇りのち雨 ダリネレチェンスク→オブルチェ 717キロ
 ウラジオストクでの2日間の遅れ(バイクの引き取りに手間取った)を取り戻すため、今日はハバロフスクの先のオブルチェまで走る。
 8時にホテルのレストランで朝食を食べ、9時に出発。

 M60を北に走り、ウラジオストクから770キロのハバロフスクには15時45分に到着した。
 シベリアの大河、アムール川に面した都市。ここではパトカーの先導。信号が赤でも、そのまま交差点を走り抜けていく。
 ハバロフスクから先は、チタまで、国道級の幹線道路がない。
 アムール川にかかる長い橋を渡り、西に向かうと、道が悪くなる。おまけに前方には真っ黒な雲。やがてそれに突っ込み、猛烈な雨が降る。

 ハバロフスクから200キロのビロビジャンの町は水があふれ、町中で川渡りをした。
 ビロビジャンを過ぎるとダートに突入。雨で濡れたツルツルのダートを速度も落とさずに突っ走った。ダートは100キロほどつづいた。
 ダリネレチェンスクから700キロ以上走り、23時、オブルチェに到着。シベリア鉄道のオブルチェ駅構内のレストランで遅い夕食を食べ、町のゲストハウスへ。
 ところがここは一滴の水も出ないし、シャワーも浴びられなかった‥。


ダリネレチェンスクで泊まったホテル
ダリネレチェンスクで泊まったホテル

ダリネレチェンスクのガソリンスタンド
ダリネレチェンスクのガソリンスタンド

M60沿いのレストランで昼食
M60沿いのレストランで昼食

シベリアの広野を行く
シベリアの広野を行く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

ユーラシア大陸横断(その3)オブルチェ→ブラゴベシチェンスク

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月4日(木)雨 オブルチェ→ブラゴベシチェンスク 397キロ
 8時、ザーザー降りの雨の中を出発。昨日にひきつづいてのきついダート。粘土質のダートでは、ツーッと滑り、ヒヤッとしたこともあった。
 100キロあまりのダートを走り切り、14時、ノボブレスキーの町に着いたときは、心底ほっとした。町のレストランで昼食を食べ、ここからは舗装路を走る。

 シベリアの大平原。360度の地平線に囲まれている。広大な麦畑、牧草地。
 天気が回復し、一面の青空が広がる。気温が30度近くまで上がる。
 18時、ブラゴベシチェンスクに到着。ハバロフスクと同じ規模の都市。アムール川に面していて対岸は中国のホイヘ(黒河)。新しいビルが立ち並んでいる。

 アムール川では大勢の人たちが短いシベリアの夏を楽しむかのように水遊びしている。
 町を歩く若い女性たちはスケスケルック。ノーブラの女性などは、はっきりと乳首まで見えてしまう。思わず生ツバをゴックンと飲み込むカソリ。シベリアには美人が多い。
 ヨーロッパよりも、はるかに美人地帯。夏のシベリアは超オススメのツーリングスポットだ。
 ブラゴベシチェンスクからは、シベリア鉄道にバイクをのせてチタまで行った。


ブラゴベシチェンスクの広場
ブラゴベシチェンスクの広場

アムール川の対岸は中国の黒河
アムール川の対岸は中国の黒河

アムール川の船旅
アムール川の船旅

シベリア鉄道でチタへ
シベリア鉄道でチタへ


管理人も買いましたよ>>生声CD付き [対訳] オバマ演説集

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

ユーラシア大陸横断(その4)チタ→ヒロック

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月8日(月) 曇りのち晴れ チタ→ヒロック 331キロ
 チタからはM55(国道55号)を行く。
 モンゴルへとつづく大草原が地平線の果てまでもつづいている。プーンとハーブの匂いが漂ってくる。天然のハーブ園が。
 草原にグラシを敷き、昼食を食べていると、なんと日本人チャリダーがモスクワ方向からやってきた。
 坂下広重さん。
 日本人初の自転車でのロシア横断をめざしていた。坂下さんはオホーツク海に面したマガダンまで走り、そこから飛行機でヨーロッパに戻ると、今度はアフリカを縦断し、ケープタウンを目指すという。
 ものすごいパワーだ!

 ヒロックへ。
 ゆるやかな峠を越える。この何の変哲もない峠がオホーツク海に流れ出るアムール川と北極海に流れ出るエニセイ川の水系を分けている。
 峠を越え、オホーツク海から北極海の世界へと入っていく。
 といってもここはシベリアの内陸部。海からは2000キロも3000キロも離れている。
 15時30分、ヒロックに到着。宿は警察の宿舎。バイクも警察のガレージであずかってもらう。

 町を歩く。
 シベリアとは思えないほど日差しが強く、暑い‥。店で冷えたビールを買い、木陰で飲んだ。


チタの駅前
チタの駅前

ダートを走る
ダートを走る

ヒロックに到着
ヒロックに到着

シベリア鉄道のヒロック駅
シベリア鉄道のヒロック駅

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

ユーラシア大陸横断(その5)ヒロック→ウランウデ

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月9日(火) 晴れのち曇り ヒロック→ウランウデ 346キロ
 8時、朝食。パン、チーズ、スープ、デザートのアイスクリームを食べ、9時、出発。町のガソリンスタンドで給油。ロシア語ではガソリンは「ベンジン」。

 ヒロックを出ると、森林地帯がつづき、やがて草原地帯へと入っていく。モンゴルへとつづく大草原。牧草の緑が目にしみる。
 昼食は草原で。パン、チーズ、それとレトルトの五目飯。ここでは2台のBMWで「世界一周」中のスイス人カップルと出会った。

 ウランウデの町の入口にあるオイル屋でシェブロンやミツビシなどのオイルを買い、ガソリンスタンドでオイル交換。日本を発ってから3587キロの地点。ここで欧米製、日本製のオイルが手に入ったのは驚きだ。
 ウランウデは大きな町。夕食はレストランで。サラダ、ポテトつきの肉料理を食べた。

ヒロックの町で。バイクで水くみ
ヒロックの町で。バイクで水くみ

ヒロックのガソリンスタンド
ヒロックのガソリンスタンド

モンゴルへとつづく大草原
モンゴルへとつづく大草原

ウランウデ近くの村で
ウランウデ近くの村で

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

ユーラシア大陸横断(6):ウランウデ→イルクーツク 

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月10日(水) 晴 ウランウデ→イルクーツク 465キロ
 8時、朝食。パン&ブリニー(クレープ)、目玉焼き。レストランのウエイトレス、ロシア系ナターシャとモンゴル系ターニャはともに美人。2人と仲良くなる。9時、出発。ガソリンスタンドではサハリンからやってきた車と出会う。父と子。少年サーシャとはカタコトのロシア語で話す。サーシャは我々のバイクを目を輝かせて見ていた。

 ウランウデから150キロ、バイカル湖が見えてくる。海とまったく変らない大きさ。見渡す限りの水平線。波が押し寄せてくる。ここで「大湖浴」。湖水は思ったほど冷たくはない。湖岸をシベリア鉄道の列車が通り過ぎていく。
 昼食はインスタントラーメン。

バイカル湖南岸のガソリンスタンドで給油。ゆるやかな山並み。
 イルクーツクに近づくにつれて暑くなる。
 18時、イルクーツクに到着。郊外のホテルに泊まった。バイクはアンガラ川河畔の有料駐車場。夕食はライス、肉団子、ソーセージ、チブリャック。

1725、バイカル湖の湖岸に立つ!
バイカル湖の湖岸に立つ!

1726、バイカル湖南岸のガソリンスタンド
バイカル湖南岸のガソリンスタンド

1729、バイカル湖を見下ろす
バイカル湖を見下ろす

1731、イルクーツクに到着
イルクーツクに到着

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ユーラシア大陸横断(7)イルクーツク→サヤンスク

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月11日(木)曇のち晴 イルクーツク→サヤンスク 292キロ
 9時、朝食。黒パン&ブリニー(クレープ)、サラダ、マンティー(中国語のマントーからきている。中国の包子風)。
 午前中は東シベリアの中心都市、イルクーツクを歩く。
 アンガラ川の流れ。オベリスク。郷土資料博物館を見学。肌寒い。
 ライス&肉料理、スープの昼食を食べ、13時、出発。

 M53(国道53号)を西へ。このM53はクラスノヤルスクからノボシビルスクまでつづいている。
 ルートナンバーだが、ウラジオストックからハバロフスクまではM60、チタからイルクーツクまではM55、イルクーツクからノボシビルスクまではM53、ノボシビルスクからチェラビンスクまではM51になる。

 イルクーツクから300キロほど走ったサヤンスクで泊まったが、この町の「エルマークホテル」はよかった。ヨーロッパのリゾートホテル風。シベリアにもこのようなホテルがあるのだ。
 パン(白、黒)、肉&ジャガイモ、マス料理、サラダ、デザートのスモモという夕食の後、町をプラプラ歩いた。高層の団地。ホテルに戻ると、ベッドにゴロンと横になり、シベリアの地図を見る。ぼくにとっては、これが何よりもの至福の時なのだ。

1736、イルクーツクの中心街
イルクーツクの中心街

1732、イルクーツクの発電所
イルクーツクの発電所

1734、イルクーツクで出会ったカップル
イルクーツクで出会ったカップル

1735、イルクーツクを流れるアンガラ川
イルクーツクを流れるアンガラ川

1738、昼食のライス&肉料理
昼食のライス&肉料理

1739、イルクーツクから西へ。M53を行く
イルクーツクから西へ。M53を行く

1741、クラスノヤルスクへの道標
クラスノヤルスクへの道標

1742、サヤンスクの「エルマークホテル」
サヤンスクの「エルマークホテル」

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ユーラシア大陸横断(8)サヤンスク→タイシェット 

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月12日(金)曇のち晴 サヤンスク→タイシェット 408キロ
 8時朝食。ポリッジを食べる。
 9時出発。
 サヤンスクから62キロ地点のクィトゥンという町を過ぎるとダートに入る。M53のダートなので、道幅は広い。バスや大型トラック、乗用車が猛烈な土ぼこりを巻き上げて走る。そんなダート区間が何区間かあった。ダートの合計は約80キロ。
 昼食は草原で。シートを広げ、カップヌードルとパン&イワシの缶詰。
 M53はシベリア鉄道に沿っている。シベリア鉄道の駅前で小休止。そこで6輪駆動のバスを見る。

 タイシェットに到着したのは18時。
 シベリア鉄道タイシェット駅の駅前ホテルに泊まる。ピルメニ(水餃子)とオリーブ入りサラダの夕食のあと、タイシェット駅に行く。
 ちょうどモスクワ発北京行きの12両編成の列車が到着した。ウランウデからモンゴルのウランバートルを経由して北京まで行く列車。最後尾の1両はハルビン行きだった。この車両はチタから中国国境のマンチューリを経由してハルビンまで行く。そんな列車を見ると、無性に乗ってみたくなった。

 ホテルに戻ると、カフェでビールを飲む。ターニャとイラ、2人のロシア人女性と一緒になった。ぼくはターニャにすっかり気に入られたようで、手をつかまれ、スピーカーから流れてくる音楽に合わせて彼女と踊った。
 夜がふけてきたところで、ターニャに「ドスビダーニア(さよなら)」といって部屋に戻ろうとした。するとターニャは「まだ、帰っちゃダメよ」といって、ぼくをギュッと抱きしめる。豊満な胸をゴリゴリッと押しつけてくる。そして「ブチュッ」という感じでキスするのだ。まわりのギャラリーはやんやの喝采。
 名残おしかったが、そんなターニャと別れて部屋に戻った。すると今度は蚊の猛攻。
 タイシェットの夜は、まさに天国と地獄。

1747、朝食のポリッジ
朝食のポリッジ

1748、M53のダート区間
M53のダート区間

1752、夕食のピルメニ
夕食のピルメニ

1754、タイシェット駅
タイシェット駅

1756、モスクワ発北京行きの列車
モスクワ発北京行きの列車

1757、タイシェット駅前の蒸気機関車
タイシェット駅前の蒸気機関車



管理人コメント:
さっさと挿さないから刺されるんですよ。。。おっと!(撤収!)

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ユーラシア大陸横断(9)タイシェット→クラスノヤルスク

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月13日(土)晴午後雷雨 タイシェット→クラスノヤルスク 409キロ
 8時、ピロシキ&紅茶の朝食。
 9時、出発。M53でクラスノヤルスクに向かう。
 カンスクで給油。地元の人たちのの給油を見ていると、満タンにすることはほとんどない。5リッターとか10リッター、入れている。それもオクタン価80ぐらいのガソリンを入れる。

 草原でのピクニッックランチ。パン&サディーンの缶詰、それとトマト&キューリ。
 タイシェットから400キロ余りを走ってクラスノヤルスクに着いたのは17時30分。クラスノヤルスクは人口100万人を超える大都市。高層の「クラスノヤルスクホテル」に泊まる。ホテル前の広場には噴水。市民の憩いの場になっている。コカコーラとペプシコーラの大きな看板。シアターもある。若い女性たちはスケスケルック。下着が透けて見える。というよりも誇示しているかのよう。

 夕食はホテル近くのレストラン。ライス、サーモン、ハム、ソーセージの夕食。デザートはケーキ。飲み物は紅茶。ロシアでは紅茶がよく飲まれる。
 夕食後、エニセイ川の川沿いの道を歩く。
 北極海に流れ出るシベリアの大河、エニセイ川は全長4130キロ。クラスノヤルクは北極海から3000キロ近くの内陸なのに、エニセイ川の川幅は1キロ以上もある。堂々とした大河の風格だ。
 大河というのは夢をかきたてるもの。またいつの日か、シベリアにやってきて、エニセイ川の川船を乗り継いで、シベリアの奥地まで旅してみたい、と「シベリア大河紀行」への想いを馳せた。

1764、シベリアの町。柵内のジャガイモ畑には白い花が咲いている
シベリアの町。柵内のジャガイモ畑には白い花が咲いている

1766、シベリアの原野は花の季節
シベリアの原野は花の季節

1767、国道を離れてのダートラン
国道を離れてのダートラン

1765、クラスノヤルスクの町並み
クラスノヤルスクの町並み

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。