著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道53次(往路編)1

日本橋(東京)2009年4月1日

午前7時、日本橋を出発。ザーザー降りの雨の中、スズキの125㏄スクーター、アドレスV125Gを走らせる。
いよいよ始まった「60代編日本一周」の第2部。その皮切りは「巡礼編」。「四国八十八ヵ所めぐり」の四国を目指し、東京から京都までは「東海道53次」の宿場をたどっていく。
京都から大阪までは国道1号。さらに大阪からは高野山経由で和歌山へ、そこからフェリーで徳島に渡るのだ。

雨の日本橋を出発。早朝の銀座を走り抜け、国道15号(第1京浜)で第1番目の品川宿へ。
雨の日本橋を出発。早朝の銀座を走り抜け、
国道15号(第1京浜)で第1番目の品川宿へ。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)2

第1番目・品川宿(東京)4月1日

品川宿は東海道53次の第1番目の宿場。品川駅前を通り過ぎ、八ツ山橋を渡った北品川のあたりが品川宿の中心だった。
国道15号沿いには品川神社。品川宿を過ぎると鈴ヶ森。国道15号の左側には鈴ヶ森の刑場跡が残されている。
大森の「ガスト」で朝食。「モーニングセット」(499円)を食べ終わるころには雨が上がった。

0577、品川を通る第1京浜の国道15号。品川駅近くで
品川を通る第1京浜の国道15号。品川駅近くで

0578、大森の「ガスト」で朝食。「モーニングセット」を食べる
大森の「ガスト」で朝食。「モーニングセット」を食べる

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)3

第2番目・川崎宿(神奈川)4月1日

国道15号で東京・神奈川境の多摩川を渡り、第2番目の川崎宿へ。ここには東海道の宿場がらみのものは何も残っていない。
鶴見を過ぎた生麦には国道15号の左側に「生麦事件の碑」が建っている。生麦事件は幕末に日本を危うくした大事件。文久2年8月21日(1862年9月14日)、薩摩藩・島津久光の行列を横切ったイギリス人3人が、薩摩藩士の手によって殺傷された。この事件を機に薩英戦争へとつながっていく。

0582、国道15号の川崎駅入口の交差点
国道15号の川崎駅入口の交差点

0583、国道15号沿いの「生麦事件」の碑
国道15号沿いの「生麦事件」の碑

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)4

第3番目・神奈川宿(神奈川)4月1日

神奈川宿は幕末の横浜開港の地。東神奈川駅周辺が神奈川宿の中心だった。宿場内の寺院は諸外国の公館として使われ、国道15号の左側には神奈川台場跡が残っている。
この先、横浜駅の手前で国道15号は国道1号に合流。横浜から京都まで、旧東海道はほぼ国道1号に沿ったルートになる。

0586、京浜急行の神奈川新町駅近くの国道15号
京浜急行の神奈川新町駅近くの国道15号

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)5

第4番目・保土ヶ谷宿(神奈川)4月1日

東海道線の保土ヶ谷駅近くの国道1号沿いには本陣跡が残っている。脇本陣跡も残っている。
国道1号の本陣跡の旧家前から東海道線の踏み切りを渡る狭い道が旧東海道で、旧街道に沿って保土ヶ谷の商店街が細長く延びている。保土ヶ谷宿からは東海道最初の難所、権太坂に向かって登っていく。

0587、本陣跡の案内板に出ている「保土ヶ谷本陣復元想像図」
本陣跡の案内板に出ている「保土ヶ谷本陣復元想像図」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)6

権太坂(神奈川)4月1日

保土ヶ谷宿と戸塚宿の間で越える峠。国道1号で横浜横須賀道路の狩場IC入口を過ぎると権太坂の登りがはじまる。ゆるやかな峠で、そこは武蔵と相模の国境でもある。
権太坂を下ると横浜の環状2号との交差点。そこで引き返し、次に旧東海道で権太坂へ。そこには境木のモニュメントがあり、境木地蔵がまつられている。

0588、国道1号の権太坂上のバス停から望む権太坂
国道1号の権太坂上のバス停から望む権太坂

0591、旧東海道の権太坂の境木モニュメント。台座には東海道53次の宿名が刻み込まれている
旧東海道の権太坂の境木モニュメント。
台座には東海道53次の宿名が刻み込まれている

0593、権太坂の境木地蔵
権太坂の境木地蔵

0592、境木地蔵前の東海道の案内板
境木地蔵前の東海道の案内板

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)7

第5番目・戸塚宿(神奈川)4月1日

戸塚宿入口あたりで国道1号は2本に分かれる。右は横浜新道へ、左は戸塚駅前へ。さらにいえば横浜新道も国道1号。このあたりでは国道1号のルートナンバーの立つ道が3本もある。
開かずの踏み切りで戸塚駅脇の東海道線を渡るが、そのあたりがかつての東海道の戸塚宿の中心。本陣跡が残っている。

0594、国道1号の戸塚駅脇の開かずの踏み切り
国道1号の戸塚駅脇の開かずの踏み切り

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)8

第6番目・藤沢宿(神奈川)4月1日

藤沢宿では時宗の本山、遊行寺を参拝。藤沢の町は東海道の宿場町として、またこの遊行寺の門前町として発展した。
遊行寺の正式な寺名は清浄光寺だが、遊行上人の寺ということで、一般的には遊行寺と呼ばれている。境内には宗祖、一遍上人の像が建っている。

藤沢から茅ヶ崎へ。海沿いの「夢庵」で昼食。「ねぎとろ丼」のランチセット(891円)を食べた。

0600、遊行寺の本堂
遊行寺の本堂

0596、境内の一遍上人像
境内の一遍上人像

0603、遊行寺の桜は3分咲き
遊行寺の桜は3分咲き

0607、茅ヶ崎の「夢庵」で昼食。「ねぎとろ丼」のランチセットを食べる
茅ヶ崎の「夢庵」で昼食。
「ねぎとろ丼」のランチセットを食べる

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)9

第7番目・平塚宿(神奈川)4月1日

相模川を渡ると平塚宿。七夕で有名な平塚だが、旧東海道は平塚駅の北側を通っている。
「脇本陣跡」とか「高札場跡」、「本陣跡」といった石碑が立っているが、それのみでかつての東海道の宿場がらみのものは残っていない。
花水川にかかる花水橋までくると対岸の高麗山がよく見える。全山、自然林で覆われているが、東海道では一番といっていいほどの自然が残されている。

0608、平塚駅前に到着。こちらは南口。東京・日本橋から68キロ
平塚駅前に到着。こちらは南口。東京・日本橋から68キロ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

東海道53次(往路編)10

伊勢原(神奈川)4月1日

平塚宿からは次の大磯宿に向かう前に、我が家のある伊勢原に寄り道をした。相模湾の平塚から大山山麓の伊勢原までは10キロほどでしかない。
伊勢原では我が家に近い比々多神社に参拝。これからの旅の安全を祈願した。ここは相模国の三の宮。私事でいえば、毎年、大晦日の深夜にやってきてお札を納め、ここで新年を迎えている。

0610、比々多神社に参拝。ここは相模国の三の宮
比々多神社に参拝。ここは相模国の三の宮

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。