著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

南米・アンデス縦断2008(ルート&日程)

「道祖神」のバイクツアー、「カソリと走ろう!」シリーズの第13弾目では、「南米・アンデス縦断」ルートを走破した。

 2007年12月2日に東京を出発。
 ペルーの首都リマを総勢18名でスタートし、世界最南の町、フェゴ島のウシュワイアを目指した。

 日本から送り出した各自のバイクに2台のサポートーがついた。ぼくのバイクは「ユーラシア大陸横断」、「サハラ砂漠縦断」、「韓国縦断」、「シルクロード横断」を走破したスズキDR-Z400Sだ。

 ペルーの太平洋岸を南下し、アンデスの4000メートル級の峠を越え、チチカカ湖畔から高原の国ボリビアへ。
 首都ラパスからボリビアの4000メートル前後の高地を南下。ウユニ塩湖からアタカマ高地を越えてチリに入り、アタカマ砂漠を南下し、首都サンチャゴへ。

 サンチャゴからは太平洋岸を南下。アンデス山脈の峠を越えてアルゼンチンに入り、猛烈な風が吹きまくるアンデス山麓のパタゴニアを縦断。

 マゼラン海峡を越えてフェゴ島に渡り、南緯55度の世界最南の町、ウシュワイアに到着した。
 ウシュワイアからはアルゼンチンの国道3号を北上し、首都ブエノスアイレスをゴールにした。「リマ→ブエノスアイレス」1万2574キロの「南米・アンデス縦断」だ。

 2008年1月28日にブエノスアイレスから東京に戻ってきた。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

南米・アンデス縦断2008:写真(1)

(ペルー編1)

samerica2008-5793
国道1号を南下。「地上絵」で有名なナスカで

samerica2008-5800
太平洋側の砂漠地帯を行く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

南米・アンデス縦断2008:写真(2)

(ペルー編2)

samerica2008-5823
インディオの子供たち。アンデスの標高4300メートルの峠で

samerica2008-5845
アンデスの高地を耕し、ジャガイモを植えつける

samerica2008-5970
標高4338メートルのラヤ峠



テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

南米・アンデス縦断2008:写真(3)

(ボリビア編1)

samerica2008-5993
首都ラパス

samerica2008-5998
標高4000メートル前後のアンデス高地を行く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

南米・アンデス縦断2008:写真(4)

(ボリビア編2)

samerica2008-6010
アンデス高地のダートを激走!

samerica2008-6013
アンデスの高地で放牧されているリャマ

samerica2008-6018
ウユニ塩湖

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

南米・アンデス縦断2008:写真(5)

(チリ編1)

samerica2008-6026
アタカマ高地

samerica2008-6035
アタカマ砂漠のモニュメント

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断2008写真」(6)

(チリ編2)

samerica-6041
太平洋の海岸で

samerica-6047
国道5号を南下

samerica-6050
国道沿いの食堂で

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

南米・アンデス縦断2008:写真(7)

(アルゼンチン編1)

samerica2008-0777
アンデスの雪山を眺める

samerica2008-0785
パタゴニアの「烈風注意」の標識

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

南米・アンデス縦断2008:写真(8=終)

(アルゼンチン編2)

samerica2008-0807
パタゴニアのダート、国道40号

samerica2008-0817
大自然の驚異! アンデスのモレノ氷河

samerica2008-0930
世界最南の町、ウシュワイアに到着!!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(1)

「道祖神」のバイクツアー、「賀曽利隆と走る!」の第13弾目、「南米・アンデス縦断」に出発したのは2007年12月2日のことだった。

 新宿13時12分発の「成田エクスプレス23号」に乗り、成田空港到着は14時28分。成田空港では総勢18名のメンバーのみなさんとと落ち合う。その中には道祖神の菊地さんやメカニックの小島さんもいる。

 我々は意気揚揚とした気分で17時10分発のCO(コンチネンタル航空)006便に乗り込んだ。ぼくにとっては1984年から85年にかけての「南米一周4万3402キロ」以来の南米なので、胸の高鳴りがおさえられなかった。

 日付変更線をまたぐので、同じ日の13時50分にアメリカのヒューストンに到着。成田→ヒューストン間の飛行時間は10時間40分。そこでCO590便に乗り換え、23時15分にペルーのリマに到着。ヒューストン→リマ間の飛行時間は6時間35分。東京を発ったその日のうちに、リマに着いたのが信じられないような思いだ。

 空港内の両替所でペルーの通貨ソルに替える。1ドルが2・9ソル。1ソルは約40円になる。

 空港からリマの中心街にある「ラシエンダ・ホテル」へ。ベッドの上で、思いっきり足を延ばして眠れるのがありがたい。

 翌朝は7時、朝食。これが記念すべき南米での第一食目になる。チーズ、ハム、ベーコン、ソーセージとパン、それとオムレツ。オムレツはスペイン風。飲み物はパパイヤジュース。朝食を食べ終わると、リマの中心街を歩いた。

 9時、我々は全員でカヤオ港へ。いよいよ大仕事のバイクの引き取りだ。1日かけて頑張ったのだが、残念ながらバイクは引き取れなかった。

 ホテルに戻ると夕食。レストランでリマのビール「クスケーニャ」で乾杯。そのあと、ライスを添えたビーフステーキを食べた。ライスは長粒米だ。

 翌日は1日かけてのバイクの引き取り。道祖神の菊地さんの獅子奮迅の大活躍があって、バイクを引き取れたのは税関の閉まる直前の17時。我々が愛車に乗って港を出られたのは21時。そこから24キロ走って22時40分にリマの「ラシエンダホテル」に戻ってきた。

 これで「南米・アンデス縦断」の準備は整った。
 明朝には出発だ。

IMG_5748.jpg
記念すべき南米の第一食目!

IMG_5751.jpg
スペイン風オムレツ

IMG_5756.jpg
リマの中心街

IMG_5759.jpg
リマの町を歩く

IMG_5752-2.jpg
リマのビールで乾杯!

IMG_5754.jpg
夕食のビーフステーキ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード