著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

2010台湾一周(1)

 6月17日、成田空港。
 9時40分発のチャイナエアラインCL107便台北行きに乗り込んだ。
 成田を飛びたたってから3時間後、台湾が見えてきた。長年の夢だったバイクでの「台湾一周」がいよいよ始まるのだ。

「台湾一周」に初めて想いを馳せたのは、今から42年も前のことになる。
 1968年4月12日、「アフリカ大陸縦断」を目指して横浜港でオランダ船の「ルイス号」に乗り込み、南部アフリカ・モザンビークのロレンソマルケス(現マプト)港に向かった。友人の前野幹夫君と一緒だ。2台のオートバイ、スズキTC250も乗っている。カソリ、20歳の旅立ちだ。

 横浜港を出港した「ルイス号」の乗客は、約100人のブラジルに移民する台湾人と、日本で農業実習を受けて帰国する4人の日系ブラジル人、南米を一人旅しようとしている日本人青年が5人、それとアフリカ南部のモザンビークで下船するぼくたち2人だった。

 台湾人は誰もが感じがよかった。年配の人たちは、ほとんどの人たちが日本語を話し、若い世代の人たちの中にも、日本語を勉強している人が何人もいた。そんな台湾人の中でぼくは同世代の女性の素琴(スーチン)と仲良くなった。彼女は甲板で台湾の歌を聞かせてくれたが、澄んだ歌声と抑揚のあるもの悲しいリズムが胸にしみた。

 素琴は話も上手だ。
「さー、みんな、お話をそてあげるから来なさい」
 と声をかけると、何人もの子供たちが集まってくる。目を輝かせて素琴の話を聞く子供たちの姿が印象に残った。

「ルイス号」は横浜港を出たあと、名古屋港に寄港し、神戸港に入港した。神戸では日本に里帰りした5人の日系ブラジル人と、ボリビアに移民する約20人の沖縄人が乗り込んだ。当時の沖縄といえば、まだ日本に復帰する以前のことなので、とうとう日本人移民は1人も乗らなかった。

「ルイス号」はこの航海が最後になった。日本から南米への移民がほとんどなくなったからだ。すでに太平洋からパナマ運河経由の日本船の移民船もなくなっていた。「ルイス号」は日本から出た最後の南米移民船ということになる。

 1960年代の後半というのは、日本が高度経済成長の道をまっしぐらに突っ走り、まさに絶頂期にさしかかろうかという時代であった。

「ルイス号」は韓国の釜山港に寄港し、そこで100人ほどの韓国人移民が乗り込んだ。釜山港を出ると、香港、シンガポール、ポートセッテンハムと寄港し、インド洋を南下。モーリシャス島に寄港し、南回帰線を越えると、水平線上にマダガスカル島が霞んで見えてくる。ぼくたちの目的地のアフリカがもうすぐそこだ。

 モザンビークのロレンソマルケス港に着く前夜、大勢の人たちが甲板に集まり、ぼくと前野のために、お別れパーティーを開いてくれた。素琴は台湾の歌を歌ってくれる。なにかというと「コリアン・ナンバーワン(韓国は世界一!)」をくり返していた韓国人青年は、しんみりとした韓国の歌を歌ってくれた。歌の上手な前野はお礼だといって声をふりしぼり、暗い海に向かって歌った。いつになく寂しげな前野の歌声だった。

 沖縄の16歳の少女、幸枝ちゃんはぼくのほほにキスしてくれた。
「がんばってね。アフリカで病気になったり、怪我したりしないでね」
 と、目に涙をいっぱい浮かべて別れの言葉をかけてくれた。

 ぼくはこのとき、いたたまれないほどの別れの辛さを味わった。この1ヵ月以上の船旅で、家族同様に親しくなった多くの人たちとの別れ‥‥。それまでは人との別れが辛いものだとは、思ってもみなかったし、そのような別れを知らなかったこともある。

 横浜港を旅立つときも、家族や友人たちとの別れの辛さなどは微塵もなく、
「これで日本を飛び出していけるゾ!」
 と、雲の上をフワフワ歩くような気分だった。

 横浜港を出港してから37日目の5月18日、「ルイス号」はモザンビークのロレンソマルケス(現マプト)港に到着した。モザンビークは当時はポルトガル領で、ポルトガル人のイミグレーションの係官が乗船し、入国手続きは船内でおこなわれた。モザンビークへの入国手続きは簡単に終わり、ぼくたちはあっけないくらいにアフリカの大地に降り立った。バイクの通関には日数がかかるといわれ、「ルイス号」の出港の日までそのまま船内で宿泊させてもらい、1日3度の食事も船内の食堂で食べさせてもらった。

 5月21日、「ルイス号」のみなさんとのほんとうの別れとなった。日が落ち、暗くなったところでぼくたちは下船する。午後8時、「ルイス号」は2度、3度と汽笛を鳴らし岸壁を離れていく。甲板ではみんなが懐中電灯を振ってくれている。ぼくたちは声のつづくかぎり叫びつづけた。
「さよーならー、さよーならー!」

「ルイス号」は暗い海に出ていく。懐中電灯のいくつもの明かりがだんだん小さく、遠くなっていく。やがて「ルイス号」はポツンとした点のような明かりになり、暗い波間の向こうに消えていった。

 このときぼくは決心したのだ。
「アフリカ大陸縦断」を終えたら、「南米を一周しよう!」、と。
 さらに、「台湾も韓国も一周しよう!」、と。

「南米一周」を成しとげたのはそれから16年後の1984年。
「韓国一周」はそれから31年後の2000年。
 そしてついに42年後の2010年、「台湾一周」を実現させるのだ。

taiwan2010-1-1
台湾の山々が見えてきた!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2010台湾一周(2)

6月17日(木)曇・東京→台北(その2)

 成田発9時40分のチャイナエアラインCL107便は12時10分(日本時間の13時10分)、桃園国際空港に着陸。空港には台湾のスズキ、台鈴工業総経理(社長)の藤照博さんが出迎えに来てくれていた。

 何ともなつかしい藤さんとの再会。
 1996年にはスズキDJEBEL250XCで「オーストラリア2周7万2000キロ」を走ったが、藤さんはその当時のオーストラリア・スズキ社長で、「オーストラリア2周」ではずいぶんとお世話になった(「オーストラリア2周」を参照)。

 空港のロビーでは何度も握手してしまったが、14年ぶりの再会には胸が熱くなる思いがした。それと同時に「オーストラリア2周」でのさまざまなシーンが蘇り、まったく異質な2つの国、台湾とオーストラリアが瞬時に結びついてしまうのだ。
 このような劇的な出会いこそが、旅の大きな魅力になっている。

 今回の「台湾一周」は、台鈴工業が全面的にサポートしてくれることになっている。
 使用するバイクは「四国八十八ヵ所めぐり」のアドレスV125Gだが、このスズキの125㏄スクーターは台鈴工業の平鎮工場で造られている。

 桃園国際空港から藤さんと一緒にタクシーで台北の中心街へと向かっていく。
 台北の中心街に入っていくと、
「(長年の夢の)台湾一周がいよいよ始まるんだ!」
 という思いで、抑えようがないほど胸がワクワクしてくる。

taiwan2010-2-0685
台湾の西海岸を見下ろす

taiwan2010-2-0675
桃園国際空港に到着

taiwan2010-2-0673
タクシーで台北へ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2010台湾一周(3)

6月17日(木)曇・東京→台北(その3)

 台北の中心街を貫く松江路にある台鈴工業の本社ビルに到着。そこでは董事長(会長)の黄さんにお会いする。日本の上智大学に留学しただけあって、日本語が上手だ。

「賀曽利さん、よく来てくれました」と歓迎され、しばらくは黄さんと歓談。ぼくが「小田急線の伊勢原に住んでいます」というと、「私は小田急線の東海大学前に住んでいました。伊勢原もよく知ってますよ」という話になって、黄さんとは小田急線談義になった。台北での「小田急線談義」にはびっくりするやらうれしいやら…。

 台鈴は黄さんのお父さんが築き上げた大きな企業集団だが、何社もの会社を今、2代目の黄さんが統率している。

 台鈴工業の本社ビルとは松江路をはさんで反対側にある「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)に台鈴工業総経理(社長)の藤さんと一緒にいく。そこに部屋をとってくれたのだ。ホテルのレストランでは藤さんに「点心」をいただいた。

 さー、台湾の食べ歩きの開始だ。
 まずは「海鮮炒麺」。エビも麺も美味。これが台湾で食べる最初のものとなった。「台湾一周」での食べ歩きは大いなる楽しみなのだ。

 つづいてサクサク感のある大根餅の「ローボーガオ」を特製のタレにつけて食べる。台湾風オムレツの「チャオサオスー」を食べ、最後に菓子類を2点、食べる。横浜の中華街でも名物になっている胡麻団子は台北でもやはりおいしい。これはぼくの大好物なのだ。軽食の「点心」だけで、けっこうお腹がいっぱいになってしまったが、もう大満足といった気分で「台湾一周」の記者会見場に向かうのだった。

taiwan2010-3-9462
台北の松江路

taiwan2010-3-0655
台鈴の本社ビルから見下ろす台北の市街地

taiwan2010-3-0657
康華大飯店

taiwan2010-3-0668
点心のカートがまわってくる

taiwan2010-3-9450
海鮮炒麺

taiwan2010-3-9452
大根餅の「ローボーガオ」

taiwan2010-3-9455
台湾風オムレツの「チャオサオスー」

taiwan2010-3-7025
台湾風菓子の「ツァイブータン」

taiwan2010-3-7019
胡麻団子

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

カソリからコメント:鄭宇倫さんへ

管理人より:
拍手コメント(私信)をいただき、それをカソリに転送したところ、以下のようなメッセージが届きました。

===
鄭宇倫さんへ
「台湾一周」では一緒に走ってくださってありがとう。今回はいたるところで台湾のみなさんの暖かな心に触れ、台湾が大好きになりました。ぜひとも次回は台湾横断ルートを走ってみたいと思っています。

東海岸の北回帰線から見た台湾・中央山脈の山々の眺めが目に残っています。最高峰の玉山は標高3952メートル。日本の富士山よりも高いですよね。またの機会にお会いしましょう!

テーマ : つぶやいてみる
ジャンル : その他

2010年台湾一周(4)

6月17日(木)曇・東京→台北(その4)

「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)のレストランでの食事を終えると、同ホテルのセレモニー・ルームへ。そこが「台湾一周」の記者会見場。スズキの125㏄スクーター、ブルーのアドレスV125Gにまたがり、エンジンを始動させて会見場に乗り込んでいく。無数のカメラのフラッシュを浴びて面食らってしまったが、何とテレビ局2社、新聞4社、雑誌15社が会場に来ているという。

 台鈴工業・董事長(会長)、黄さんの挨拶のあと、美人司会者の質問にカソリが次々に答えていく。それを通訳の黄さんが中国語に訳してみなさんに伝えていく。

 そのあとはカソリ・ファンを代表してということで、台湾美人の若い女性が登壇しての花束贈呈。さらに台湾の伝統的な旅立の儀式で、元気の出る食べ物&飲み物を彼女からもらった。
「カソリさん、アーンして!」
 といった彼女のノリの良さに、カソリ、もう有頂天。


 董事長の黄さんとは、壇上で日本の法多山の「交通安全」のお守りを掲げた。
 これは超ビッグサイズのお守りだが、「台湾一周」の各地で配った法多山のお守りの効果は絶大で、信じられないほどの好評を得るのだった。
 
 最後はみんさんと一緒になって、カソリのガッツポーズ。いつもの「行くゾ!」ポーズ。これがまたまた、大好評。ということで、このあとの「台湾一周」では各地で、「行くゾ!」ポーズをすることになる。

===
 このあとの話である。
 その夜、夕食を終えてホテルに戻り、部屋のテレビのスイッチを入れた。そのとたんにテレビニュースで「鉄人・賀曽利、台湾にやってくる!」が流れ、ビックリ。さらに翌朝の朝刊でも紹介され、一躍、台湾での有名人になってしまった…。

taiwan2010-4-9444
記者会見場の案内板

taiwan2010-4-9445
ここが記者会見場

taiwan2010-4-9449
「台湾一周」に使うアドレスV125G

taiwan2010-4-3
司会の美人女性とカソリ、通訳の黄さん

taiwan2010-4-4
みなさんに「カソリのガッツポーズ」を披露する

taiwan2010-4-10
台湾美人からの花束贈呈

taiwan2010-4-12
元気の出る伝統食をいただく

taiwan2010-4-15
台鈴工業・董事長の黄さんと日本の法多山のお守りを掲げる

taiwan2010-4-16
カソリTシャツ&カソリパネル

taiwan2010-4-18
全員で「行くゾ!」。左端は台鈴工業・総経理(社長)の藤さん

taiwan2010-4-2522
台湾美人のすばらしさ!

taiwan2010-4-0178
多くのカメラマンに向かって「行くゾ!」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2010年台湾一周(5)

6月17日(木)曇・東京→台北(その5)

「台湾一周」の記者会見を終えると、台湾のスズキ、台鈴工業の李さんらと一緒に夕暮れの台北の町に繰り出した。

 屋台風食堂での楽しい夕食。さすが「食大国」の台湾だけあって、店頭に並んだ料理の品数の多さには圧倒されてしまう。日本では高級品の「カラスミ」も、ここでは山積みにされ、ごく普通の値段で食べられる。

 まずはビールで乾杯。台鈴のみなさんと「乾杯!」「乾杯!」を繰り返す。ビール会社から派遣されたキャンペーンガールにつがれると、よけいにピッチが上がり、汗だくになって飲み干した。
 カラスミや刺身風のタケノコ、イカ、サメカワなどをつまみにして飲む台湾のビールはうまかった。

 飲むほどにみなさんとの話ははずむ。といっても李さんがある程度、日本語を話せるだけで、ほかのみなさんは日本語を話せない。ぼくは中国語はなかなか覚えられず、知っているのは「ありがとう」の「謝謝(シェシェ)」ぐらい。それも「シェシェ」は北京語で、台湾語になると「トーシャ」になるという。

 それにもかかわらず、言葉で不自由しているという気はさらさらない。みなさんとおおいに語り、おおいに飲み、おおいに食べた。

 台湾のみなさんはすごくいい。優しさを感じる。穏やかさを感じる。そして何よりも親日的なのだ。
「私たちは日本人が好きですよ」
 といってくれる。
 台鈴のみなさんと一緒に走る明日からの「台湾一周」がものすごく楽しみになった。

taiwan2010-5-9465
夕暮れの台北

taiwan2010-5-9480
この店で夕食

taiwan2010-5-9482
この店は人気の屋台風食堂

taiwan2010-5-9466
見よ、この品数の多さ!

taiwan2010-5-9468
品数の多さには圧倒される

taiwan2010-5-9470
カラスミも山積みされている

taiwan2010-5-9476
上機嫌のカソリ!

taiwan2010-5-9486
千鳥足でホテルに戻ってきた

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2010台湾一周(6)

6月18日(金)曇のち晴・台北→台中(その1)

 夜明けとともに「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)を出発し、朝食前の台北探訪を開始。まずはタクシーで台北駅まで行き、駅構内を歩く。次に地下鉄の板南線に乗り、板橋駅まで行く。そこから台北駅方向に戻り、龍山寺駅で下車。駅近くの龍山寺を参拝。早朝から大勢の人たちがお参りに来ている。

 龍山寺は1738年の創建。絢爛豪華な造りで、台北では最も歴史のある寺院になっている。観音菩薩をまつっているが、そのほか文殊菩薩や普賢菩薩の仏のみならず、マ祖や文昌帝などの道教の神々をも祀っている。台湾人の信仰心は厚い。

 つづいて西門駅で下車し、天后宮を参拝した。
 天后宮は1764年の創建で、海の守り神のマ祖を祀っている。マ祖は台湾人には大人気。ここにはそのほか日本時代の弘法寺から引き取られた弘法大師像もある。

 西院駅前でタクシーに乗り、ホテルに戻ったが、その途中では総統府の前を通った。
 ここは台湾の政治の中枢をになう庁舎だが、1919年、日本の台湾総督府として建造されたもの。それがこうして現役で使われているところに、日本と台湾の良好な関係を見る思いがした。

taiwan2010-6-0590
早朝の台北

taiwan2010-6-0596
台北駅

taiwan2010-6-0595
台北駅前

taiwan2010-6-0603
台北駅の新幹線口

taiwan2010-6-0629
地下鉄の板橋駅

taiwan2010-6-0625
板橋駅前

taiwan2010-6-0633
地下鉄の龍山寺駅

taiwan2010-6-0636
龍山寺を参拝

taiwan2010-6-0637
龍山寺の本堂

taiwan2010-6-0644
地下鉄の西門駅

taiwan2010-6-0647
天后宮

taiwan2010-6-0650
天后宮の灯火

taiwan2010-6-0651
これが総統府

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2010台湾一周(7)

6月18日(金)曇のち晴・台北→台中(その2)

 台北の町歩きをして「泰華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)に戻ると、レストランで朝食。バイキングだ。ぼくの大好物の「朝粥」がうまい。あまりのうまさに2杯目、3杯目とおかわりした。

 朝食を食べ終わったところで、ホテル前の大通り、松江路を渡ったところにある台鈴工業の本社前へ。びっくりしたのだが、そこには台鈴工業のみなさんがスズキの小旗を持って待ち構えてくれていた。その中央には董事長(会長)の黄さんがいる。これからの「台湾一周」で使うブルーの125㏄スクーター、アドレスV125Gも用意されていた。

 出発前に、黄さんをはじめとする台鈴のみなさんと近くの行天宮に行き、旅の安全の祈願をした。
 行天宮の主神は「三国志」の英雄、関羽。そのほか劉備、張飛、孔明、岳飛をまつっている。関羽の廟を武廟と称し、その武勇から仏教の守護神として崇められている。また一説には関羽はそろばんの発明者ともいわれ、商売の神としても厚い信仰を集めている。
 極彩色の絢爛豪華な造りの行天宮には、朝から大勢の人たちがお参りに来ていた。

 行天宮の参詣を終えると、台鈴工業の本社前に戻り、そこで黄董事長をはじめとする大勢のみなさんの見送りを受け、台北を出発。台北の中心街を走り抜けていく。

 台鈴工業のサポートカーが1台、李さんをはじめとする台鈴工業のみなさんの乗るアドレスやスカイウェーブ、NEX(GSR125)など5台のスクーターがフォローしてくれている。
 目指すは台湾中部の台中だ。

taiwan2010-7-9528
ホテル裏の小公園で体操をする人たち

taiwan2010-7-9529
ホテルの朝食

taiwan2010-7-9531
ホテルの部屋から見る台北の町並み

taiwan2010-7-9533
台北の朝の通勤ラッシュ。主役はスクーター

taiwan2010-7-9500
台鈴工業の本社ビルに近い行天宮

taiwan2010-7-9503
行天宮で祈る人たち

taiwan2010-7-17
taiwan2010-7-27
taiwan2010-7-39
台鈴工業のみなさんと旅の安全を祈る

taiwan2010-7-57
台鈴工業本社前で出発のセレモニー

taiwan2010-7-63
taiwan2010-7-65
taiwan2010-7-70
台鈴工業の本社前を出発

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2010台湾一周(番外編)



 台北に到着した6月15日の午後、「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)のセレモニールームで「台湾一周」の記者会見が行なわれ、台湾のテレビ2局、新聞4社、雑誌15社が記者会見場に来てくれた。

 その日の夜、台湾最大のテレビ局「東森新聞」の夜7時台のニュース番組でカソリの「台湾一周」が放送された。日本でいえば、NHKの夜7時台のニュースで放送されたようなもので、相当大きな反響があったという。そのビデオが送られてきたので紹介しよう。

 それともうひとつ、台湾最大の部数を誇るバイク誌「モーターワールド」誌でも、4ページに渡って「台湾一周」がのっている。これもあわせて紹介しよう。(※下の写真)
 カソリ、台湾ではちょっとした有名人になった!?

taiwan2010-7plus-8068

taiwan2010-7plus-8071
「モーターワールド」誌

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

2010台湾一周(8)台北→台中(その3)

6月18日(金)曇のち晴

 台北を出発。朝方、地下鉄でやってきた板橋を通り、平鎮へ。
 台鈴工業の平鎮工場を見学。ここではアドレスなどのスクーターが生産されている。

 昨年(2009年)の12月、アドレスで中国の「広州→上海2200キロ」を走ったが、その出発点、広州近郊の江門では年間300万台の2輪車を生産している「大長江」の江門工場を見学した。世界でも最大級の2輪車工場。ここでアドレスのエンジンは組み立てられている。

「大長江」の江門工場で生産されたアドレスのエンジンは台鈴工業の平鎮工場に送られ、ここで完成車として組み立てられ、日本に送られている。じつにダイナミックな国際分業を目の当たりにする。

 平鎮から新竹へ。ここがちょうど「台北→台中」の中間地点になる。
 新竹の町中に入っていく。ここは古い城郭と濠に囲まれた町だったが、近年城郭は取り壊され、城門と濠が残っている。台湾では「古学府」といわれるくらいで、古くから文化が発達し、その文化の残っている地。

 町の中心にある屋台風食堂で昼食。米粉と豚肉団子などを食べたが、米粉がメチャうま。新竹の米粉は台湾でも一番、美味だという。

taiwan2010-8-7879
taiwan2010-8-7880
台北市内を走る

taiwan2010-8-9542
台鈴工業の平鎮工場に到着

taiwan2010-8-9548
サポートカーには「環島長征」の文字

taiwan2010-8-9549
サポートカーの後にはカソリの似顔絵

taiwan2010-8-9551
台北から平鎮まで同行してくれた台鈴のみなさん

taiwan2010-8-9552
台鈴の平鎮工場を見学。新車がズラリと並んでいる

taiwan2010-8-9562
taiwan2010-8-9563
町中の市場。食料品店や屋台風食堂が並んでいる

taiwan2010-8-9567
ここで昼食

taiwan2010-8-9568
taiwan2010-8-9570
新竹の昼食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード