カソリから旅程(案)届きました。

(カソリより)
夢中になってプラニングしましたよ。
もう、すっかり行く気になってます。
一番北は旭川まで。
津軽海峡は「津軽海峡フェリー」で渡ります。
往復のフェリーは宿をも兼ねています。
一番西は「富山→岐阜」の高山本線。
そこでは残念ながら「高山→美濃太田」間で特急列車を使いますが、
それ以外はすべて普通列車です。
五能線も全線、走りますよ!

===
「青春18切符2010」(案)

第1日目(東京→函館)東北本線→青い森鉄道→津軽海峡フェリー
上野発  05時10分
黒磯着  07時47分
黒磯発  07時54分
郡山着  09時01分
郡山発  09時27分
福島着  10時14分
福島発  11時00分
仙台着  12時16分
仙台発  12時45分
小牛田着 13時30分
小牛田発 13時46分
一関着  14時32分
一関発  14時37分
盛岡着  16時14分
盛岡発  17時04分
八戸着  18時51分
八戸発  19時14分
青森着  20時45分
青森港発 22時15分
(津軽海峡フェリー)
函館港着 01時55分

第2日目(函館→旭川)函館本線
函館発  06時00分
長万部着 09時30分
長万部発 12時11分
小樽着  15時29分
小樽発  18時20分
札幌着  19時14分
札幌発  19時38分
滝川着  21時10分
滝川発  21時39分
旭川着  22時32分

第3日目(旭川→青森)函館本線→室蘭本線→函館本線→津軽海峡フェリー
旭川発  06時25分
札幌着  09時01分
札幌発  09時10分
南千歳着 09時42分
南千歳発 11時39分
苫小牧着 11時59分
苫小牧発 12時30分
東室蘭着 13時32分
東室蘭発 13時45分
長万部着 15時14分
長万部発 16時08分
函館着  19時24分
函館港発 23時50分
青森港着 03時40分

第4日目(青森→新潟)奥羽本線→五能線→奥羽本線→羽越本線
青森発  06時09分
川部着 06時42分
川部発  06時51分
鯵ヶ沢着 08時34分
鯵ヶ沢発 11時04分
深浦着  12時06分
深浦発  13時34分
東能代着 15時18分
東能代発 16時28分
秋田着  17時25分
秋田発  17時40分
酒田着  19時33分
酒田発  19時39分
村上着  22時00分
村上発  22時21分
新潟着  23時30分

第5日目(新潟→東京)北陸本線→高山本線→東海道本線
新潟発  05時17分
長岡着  06時31分
長岡発  06時42分
直江津着 08時07分
直江津発 08時13分
富山着  10時04分
富山発  10時27分
高山着  12時27分
高山発  13時31分
(L特急 ひだ12号)
美濃太田着15時15分
美濃太田発15時29分
岐阜着  16時03分
岐阜発  16時08分
豊橋着  17時26分
豊橋発  17時30分
浜松着  18時06分
浜松発  18時10分
熱海着  20時36分
熱海発  20時55分
東京着  22時42分

===
管理人ツッコミ:
う~ん、キツキツだと厳しいと思うんですけどねぇ。
雪で遅延とか、寝すごしとか、実はホームが離れていて乗りつぎできなかったとか、18きっぷ旅もいろいろあるからなぁ。
と、カソリに言ったのですが「な~に、こうゆうのはギリギリまでやらないとダメ。失敗したら臨機応変に変えるのさ」だって。まぁワタクシごときが旅の行者に何を言っても始まらんか。
それにしても、初日の上野5時はどこかに泊まるの? 1日目の夜はいつ寝るの(!?) 最終日は東京から伊勢原までどう帰るの! と突っ込みどころ満載ではあります。新青森~八戸の新幹線も片道は乗ってもらいたかったなぁ(高いのかな。まだ時刻表で計算してない)。
まぁ、これからいろいろと調整して最終形になるんでしょうね。楽しみです。

ツイッター体勢やブログ反映体制をまとめ、旅費の足しにみなさまの浄財をなにやら集められる装置を整えなければ・・・。時間がないな(泣)。 

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行


Kasoleaks:カソリ・管理人のメール協議内容を暴露!(笑)

(カソリより)
「青春18きっぷ2010」ですが第5日目の行程を変更し、北陸本線→大糸線→中央本線で東京に戻るので、特急列車は一切、使いません。つまり全行程が普通列車です。

宿も、もうすでに押さえました。宿といえば、いつもはその日の午後か夕方に決めるか、または飛び込みですので、今回はいつもとはエライ違いです。

そういうことで今の時点では管理人さんも大変でしょうから、有料ウンヌンはやめましょう。
まったくのカソリの勝手な旅ということにしましょう。取材費も1円も出してもらう必要はありません。

携帯での送信もしません。
携帯で速報を送るのには、写真と文章が同時でないと面白さは半減すると思うからです。
そのかわり写真はふんだんに撮ってきますので、帰ってからまとめて送りますね。

いやー、おもしろくなりそうだ!


(管理人より)
有料はやりましょうよ。
他媒体でやった過去のコンテンツならともかく、カソリブログ・オリジナル企画なんだし。
数万円~十数万単位のお金が動いて、管理人が大ダンナでその旅に投資したというのならばまだ救いがありますが、著作権者がじきじきに取材費を出して、その回収の見込みがないっていうのは私にはできませんね。

善意の協力なら(ユニークユーザ200名として)ある程度の時間を区切れば累計数十人の規模で協力してくれますって。

それすらも当てにできないのであれば、社会に対してなんら価値のあるものを管理人・著作権者ともども発信していないということになり、個人的にはそれを認めることはいやですね。
もちろん、広告でちょぼちょぼ稼いでもいいんですが、その規模はすでにご存知の通り。

ということで、有料化すること自体は簡単なので、どう配置すれば今回のコンテンツとタイミングに一致するか、この週末で調べておきます。

ところで、携帯の送信はリアルタイムで写真もできますよ。
ただ、電力を消費しがちなので(テキストと比べて画像は時間がかかる⇒僻地ではとくに時間がかかり、バッテリーがなくなったりすると後で大変…。喫茶店に入って充電するなんていう時間もないわけだし)、止めたほうがいいかも。

毎日、出発時と昼時と夜に携帯送信なんてどうでしょう?
管理人が仕事中や自宅からアップしますよ。擬似速報ベースでできると思っています。
iPhoneで操作やらをすることもできると思いますし。

企画に関して、ルートについてはお任せです。無理のないように。
内容面では、「ここで鉄句」と題して、鉄道にちなんだ俳句を詠むってのはいかが。
「青森を かきわけ進む 新幹線」とか(季語は青…森・・・???)。
「古キハや 変わらづ走る みちのくを」なんてさ。

こんな「鉄句」を詠みながら(そうはいえ、1日2~3句もひねれば上出来。多すぎると誰も読まなくなる)往く、みちのく18きっぷ旅。どうですか!?

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行


Kasoleaks2:カソリのメールより

(カソリより)
で、有料ウンヌンはおまかせしますが、それを取材費に当てるのはやめましょう。
取材費で人さまからお金をもらうのは、後々、トラブルになるのはもう百も承知ですから。

次に携帯ですが、携帯での写真送信は1日に2、30枚ぐらいならば、まず問題なく遅れます。電池ももちます。
これはすでに何回(100日以上)も実証済みです。
ただ、受け手の側の問題はぼくにはわかりませんが。

それと俳句ですが、
「無芸大食」のカソリにはできません。

「青春18きっぷ2010」はものすごくいいアイデアです。
鉄道旅大好きなカソリにはぴったり。
それが夢中になって時刻表のページをめくった理由です。
来年、再来年…もやりましょう!!!

(その後、ふたたびカソリから)
「青春18きっぷ2011」の案もつくりました。
2011では稚内まで行きますよ!

===
管理人より:
と、いった経緯で、近日中に連載開始予定です。
カソリブログ初のオリジナル企画、お楽しみに!
たぶん今回は実況はほとんどなく、旅から戻ってからの連載開始となります。
課金の件は未定ですが、1~2ヵ月は無料、その後アーカイブ化して有料課金カテゴリに移動すると思います。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行


カソリ、18きっぷ旅から帰還。

(カソリより)
しっかりと帰ってきましたよ。
最後の最後に高崎線の人身事故で、「あー、もうダメか…」というピンチもありましたが、とっさの判断で切り抜けました。
最高におもしろかったですよ。

=====
第1日目は通常料金でまわり、第2日目から第6日目までの5日間、「青春18きっぷ」を使いました。
※時刻のあとの数字は『JTB時刻表2010年12月号』のページ数

第1日目(12月10日・金)伊勢原→東京
1、伊勢原発 09時58分 小田急線  804
  海老名着 10時10分
2、海老名発 10時20分 相模線   540
  茅ヶ崎着 10時47分
3、茅ヶ崎発 11時32分 相模線   537
  橋本着  12時58分
4、橋本発  13時02分 横浜線   528
  八王子着 13時13分
5、八王子発 13時20分 横浜線   529
  中山着  13時56分
6、中山発  14時00分 横浜線   529 ※快速
  東神奈川着14時16分
7、東神奈川発14時24分 京浜東北線 695
  川崎着  14時33分
8、川崎発  14時53分 南武線   694
  立川着  15時47分
9、立川発  15時53分 南武線   694
  府中本町着16時05分
10、府中本町発16時11分 武蔵野線  711 
  東京着  18時00分          ※西船橋→東京間は京葉線
11、東京発  18時11分 山手線   694
  東京着  19時45分          ※途中、新宿と池袋で下車
12、東京発  20時00分
  鶯谷着  20時12分
(宿泊)「東横イン鶯谷駅前)
(完全乗車路線)
①相模線(茅ヶ崎→橋本)
②横浜線(八王子→東神奈川)
③南武線(川崎→立川)
④武蔵野線(府中本町→西船橋)
⑤山手線(東京→東京)


第2日目(12月11日・土)東京→函館
13、鶯谷発  04時32分 京浜東北線 695
  上野着  04時34分
14、上野発  05時10分 宇都宮線  568
  宇都宮着 06時51分 
15、宇都宮発 06時56分 東北本線  568
  黒磯着  07時47分 
16、黒磯発  07時54分 東北本線  580
  郡山着  09時01分 
17、郡山発  09時27分 東北本線  580
  福島着  10時14分 
18、福島発  11時00分 東北本線  581
  仙台着  12時16分 
19、仙台発  12時45分 東北本線  587
  小牛田着 13時30分 
20、小牛田発 13時46分 東北本線  587
  一関着  14時32分 
21、一関発  14時37分 東北本線  587
  盛岡着  16時14分 
22、盛岡発  17時04分 いわて銀河鉄道(2960円) 592 
  八戸着  18時51分 ※「目時→八戸」間は青い森鉄道
23、八戸発  19時14分 青い森鉄道 592
  青森着  20時45分 ※「八戸→青森」間は「青春18きっぷ」の使用可
  青森発  21時00分 タクシー(1540円)
  青森港着 21時15分 
  青森港発 22時15分 津軽海峡フェリー(2700円) 872
  函館港着 01時55分 ※フェリー内で寝る
  函館港発 02時40分 徒歩
  函館着  04時00分
(完全乗車路線)
⑥宇都宮線(上野→宇都宮)
⑦東北本線(宇都宮→盛岡)
⑧いわて銀河鉄道(盛岡→目時)
⑨青い森鉄道(目時→青森)


第3日目(12月12日・日)函館→旭川
24、函館発  06時00分 函館本線 654 ※「大沼→森」間は鹿部経由
  長万部着 09時30分 
25、長万部発 12時11分 函館本線 672
  小樽着  15時29分 
26、小樽発  18時04分 函館本線 674 ※快速「エアーポート184号」
  札幌着  18時36分 
27、札幌発  19時38分 函館本線 674
  滝川着  21時10分 
28、滝川発  21時39分 函館本線 675
  旭川着  22時32分 
(宿泊)「東横イン旭川駅前宮下通」
(完全乗車路線)
⑩函館本線(函館→旭川)


第4日目(12月13日・月)旭川→青森
29、旭川発  06時25分 函館本線 677
  岩見沢着 07時57分
30、岩見沢発 09時08分 室蘭本線 668
  苫小牧着 10時37分 
31、苫小牧発 12時30分 室蘭本線 663
  東室蘭着 13時32分 
32、東室蘭発 13時45分 室蘭本線 664
  長万部着 15時14分 
33、長万部発 16時08分 函館本線 664
  森着   17時25分
34、森発   19時40分 函館本線 664 ※「森→大沼」間は駒ヶ岳経由
  函館着  19時24分 
35、函館発  21時54分 津軽海峡線 653
  七重浜着 22時04分 
  七重浜発 22時10分 徒歩
  函館港着 22時30分
  函館港発 23時50分 津軽海峡フェリー(2430円・復路割引) 872
  青森港着 03時40分 ※フェリー内で寝る
(完全乗車路線)
⑪室蘭本線(岩見沢→長万部)


第5日目(12月14日・火)青森→新潟
36、青森発  06時09分 奥羽本線 650
  川部着 06時42分 
37、川部発  06時51分 五能線  643
  鯵ヶ沢着 08時34分 
38、鯵ヶ沢発 10時12分 五能線  643 ※快速「リゾートしらかみ2号」
                        全席指定(指定券310円)
  秋田着  13時21分 ※「東能代→秋田」間は奥羽本線
39、秋田発  14時46分 羽越本線 633
  酒田着  16時55分 
40、酒田発  17時22分 羽越本線 633
  新津着  20時54分
41、新津発  21時04分 信越本線
  新潟着  21時24分 
(宿泊)「東横イン新潟駅前」
(完全乗車路線)
⑫五能線(川部→東能代)
⑬羽越本線(秋田→新津)


第6日目(12月15日・水)新潟→東京
42、新潟発  05時17分 信越本線 495
  新津着  05時36分 
43、新津発  06時05分 磐越西線 612
  会津若松着08時47分
44、会津若松発09時11分 磐越西線 612 ※快速「あいづライナー2号」
  郡山着  10時11分
45、郡山発  11時20分 磐越東線 613
  小野新町着12時10分
46、小野新町発14時09分 磐越東線 613
  いわき着 14時52分
47、いわき発 15時12分 常磐線  603
  水戸着  16時40分
48、水戸発  17時00分 水戸線  606
  小山着  18時25分 
49、小山発  18時34分 両毛線  559
  高崎着  20時29分
50、高崎発  20時31分 高崎線  557 ※通勤快速
  熊谷着  21時30分 ※人身事故で19分遅れの到着。そのままストップ
51、熊谷発  21時32分 ※長野新幹線「あさま550号」
  大宮着  21時46分 ※新幹線「熊谷→大宮」1410円
52、大宮発  22時01分 埼京線  699
  新宿着  22時40分
53、新宿発  23時05分 小田急線 804 
  伊勢原着 00時05分
(完全乗車路線)
⑭磐越西線
⑮磐越東線
⑯水戸線
⑰両毛線


■第2日目~第6日目の全交通費■
1、青春18きっぷ 11500円
2、いわて銀河鉄道 2960円
3、タクシー「青森駅→青森港」1450円
4、津軽海峡フェリー(往復) 5130円
5、五能線指定「鯵ヶ沢→秋田」310円
6、新幹線「熊谷→大宮」1410円
7、小田急線「新宿→伊勢原」570円
合計 2万3330円

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行


■業務連絡:カソリさん、いつから18きっぷ連載を開始するんですか~?

管理人です。
師走の忙しさに埋没していましたが、いつからオリジナル企画の18きっぷ旅報告連載が始まるんでしょうか!
現時点で管理人にも不明です…。m(_ _;)m

しばしお待ちを。

===
同日18時過ぎ追記:

最初の原稿を拝受しました!
将来の課金モードを見据えて、どう展開するかな…少し思案のしどころ。

テーマ : 管理人からのお知らせ
ジャンル : その他


「青春18きっぷ2010」(1)

第1日目(伊勢原→東京・その1)

 12月10日、「青春18きっぷ」での鉄道旅に出発。
 この日はいつもどおり、愛犬エリちゃんの散歩をし、朝食を食べ、9時30分に自宅を出た。小田急線の伊勢原駅まではぷらぷら歩き、9時58分発の10両編成の急行新宿行きに乗った。

 いつもはまったく気にすることもなく乗ってしまう小田急線だが、この日は別だ。車窓からの風景はまばゆいほどキラキラ光り輝いて見えた。

 JR全線の普通列車に乗れる「青春18きっぷ」は12月1日に冬期の発売が開始され(発売の終了は12月31日)、12月10日から2011年の1月10日まで利用できる。ということで、初日のこの日に旅立ったのだ。

 青春18きっぷは1万1500円。この券1枚で5日間、使える。切符には5回分の日付印を押してもらう欄があり、1日の最初の乗車駅でその日の日付印を押してもらう。

 10日の出発といったが、「青春18きっぷ」を使うのは翌日の11日から5日間にした。というのは宇都宮線の一番電車、上野発5時10分の宇都宮行きに乗り、その日のうちに青森まで行きたかったので、上野駅近くでひと晩、泊らなくてはならなかった。

 そこで前日はあまり時間を気にすることなく、通常料金で東京の近郊路線を乗り継ぐことにした。
 一番北は北海道の旭川。さー、うまく行けるかどうか…。

 ぼくは鉄道旅も大好きで、今年は福岡から鹿児島まで列車乗り継ぎで九州を縦断した。鹿児島からは新幹線の乗り継ぎで東京まで帰ってきた。

 バイク旅のときも、しばしば鉄道の駅を使う。バイクを駅前に停めて待合室でカンコーヒーを飲むのだ。駅前旅館に泊まり、駅前温泉に入り、駅前食堂で食事するのも賀曽利流ツーリングの定番になっている。

 さて、小田急線の海老名駅でJR相模線に乗り換え、11時32分発の4両編成の電車で終点の茅ヶ崎駅へ。
 改札口を出て北口、次に南口を歩き、駅前通りの「あづま寿司」で昼食にする。にぎりずしの「おこのみ1番」(550円)を、お茶を飲みながら食べた。そして茅ヶ崎駅に戻った。

 さあ、東京・近郊線の完全乗車(完乗)の開始だ~!

18kippu2010-1-3921
小田急線の伊勢原駅、駅前の大山・阿夫利神社の大鳥居

18kippu2010-1-3926
新宿行きの急行に乗る

18kippu2010-1-3929
車窓から見る大山

18kippu2010-1-3931
相模川を渡る

18kippu2010-1-3933
海老名駅に到着

18kippu2010-1-3935
すっかりきれいになった海老名駅東口

18kippu2010-1-3937
茅ヶ崎行きの電車

18kippu2010-1-3940
相模線は単線

18kippu2010-1-3944
茅ヶ崎駅、こちらは東海道本線。15両編成の電車が入線

18kippu2010-1-3953
茅ヶ崎駅南口

18kippu2010-1-3960
「あづま寿司」の「おこのみ1番」

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行


「青春18きっぷ2010」(2)

第1日目(伊勢原→東京・その2)

 茅ヶ崎駅では11時58分発の橋本行き4両編成の電車に乗る。ロングシートの座席。女性の車掌さん。電車は相模川の東岸を走るが、左手には青空を背にした富士山がよく見える。

 寒川駅を過ぎたところでは右手に相模の一の宮、寒川神社を見る。宮山駅が寒川神社への下車駅だ。倉見駅では東海道新幹線と交差する。新幹線の相模駅がもう何年も前から計画されているが、実現すれば、この倉見駅が新相模駅になる可能性が高いのだが…。

 倉見駅を過ぎると左手には大山がよく見えるようになる。

 小田急線と接続している厚木駅、海老名駅を通り、相模原の下溝、上溝を通り、12時58分、終点の橋本駅に到着。電車は折り返しの茅ヶ崎行きになる。

 今回の鉄道旅では1本でも多くの路線の完全乗車(完乗)を目指している。まずは「茅ヶ崎→橋本」の相模線が、記念すべきその第1本目になった。

 橋本駅からは横浜線でいったん八王子駅へ。八王子で8両編成の東神奈川行き電車に乗り、橋本を通り、相模原駅へ。リニア新幹線が完成した暁にはここに相模原駅ができるのかどうか…。興味津々。

 相模原駅を過ぎると広々とした米軍の補給廠前を通る。相模と武蔵の境の境川を渡り、小田急線との接続駅の町田へ。ここではゴソッと乗客が降りた。

 田園都市線との接続駅の長津田を通り、中山駅で快速に乗り換え、14時16分、東神奈川駅に到着。これで「八王子→東神奈川」の横浜線、完乗。横浜線は第2本目の完乗路線になった。

 東神奈川は東海道の宿場町。スズキの125ccスクーター、アドレスでの東海道53次めぐりがなつかしく思い出された。

 東神奈川からは京浜東北線で川崎へ。その途中の区間は複々々線。東海道線、横須賀線の電車とすれ違う。車窓に建ち並ぶ高層マンションが見えてくると川崎だ。

18kippu2010-2-3971
原当麻駅を発車

18kippu2010-2-3973
東京の近郊を行く

18kippu2010-2-3978
こんな直線区間も

18kippu2010-2-3981
相模線の終点、橋本駅に到着

18kippu2010-2-3989
八王子駅に到着

18kippu2010-2-3998
東神奈川行きに乗る

18kippu2010-2-4003
東京近郊の風景

18kippu2010-2-4006
田園都市線の電車区

18kippu2010-2-4011
中山駅で快速に乗り換え、横浜の市街地に入っていく

18kippu2010-2-4013
東神奈川駅に到着

18kippu2010-2-4018
京浜東北線の南浦和行きに乗る

18kippu2010-2-4019
複々々線区間

18kippu2010-2-4021
川崎の高層マンション

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行


「青春18きっぷ2010」(3)

 川崎駅では駅構内のラーメン店「直久」で「しょうゆラーメン」(420円)を食べる。麺も汁もなかなか旨いラーメンだった。

 いい気分で14時53分発の南武線の立川行きに乗る。6両編成の電車。向河原駅にはNECの工場。駅前工場だ。一気のこのエリアの拠点駅になった武蔵小杉ではドドドドッと大勢の人たちが乗ってくる。小田急線との接続駅の登戸を過ぎると、潮が引くように乗客は少なくなる。

 多摩川を渡り、15時47分、終点の立川駅に到着。「川崎→立川」の南武線、完乗。これで完全乗車路線は3本目になる。

 立川からは南武線で府中本町まで戻り、そこから16時11分発の武蔵野線・東京行き8両編成の快速に乗る。西船橋までは各駅停車で、「西船橋→東京」の京葉線間が快速になる。武蔵野線は道路でいえば東京大環状の国道16号のようなもの。

 西国分寺では中央線、新秋津では西武池袋線、北朝霞では東武東上線、武蔵浦和では埼京線、南浦和では京浜東北線、東川口では埼玉高速鉄道、南流山ではつくばエクスプレス、新松戸では常磐線、東松戸では北総線、そして西船橋では総武線と東京から放射状に延びる路線と接続している。

 武蔵野線に乗るのは久しぶりだが、いやー、驚いた。「府中本町→西船橋」間では乗降客が絶えることなく。混みあう区間は満員状態。以前は本数も少なくガラガラ状態は珍しくなかったのに。郊外へ、郊外へと膨張をつづける大東京の一端を武蔵野線で垣間見る。

 17時27分、西船橋着。これで「府中本町→西船橋」の武蔵野線の全線を完全乗車。4本目の完乗路線になる。西船橋では電車を乗り換えることもなく、そのまま京葉線経由で舞浜、新木場と通り18時00分、東京駅の地下ホームに到着。反対側には外房線の特急「わかしお21号」が停車していた。

 小田急線の伊勢原駅を出発したのは10時。いつもなら新宿で中央線の快速に乗り換え、東京駅までは1時間20分くらいの時間で着く。それを8時間かけてやってきたのだ。8時間の「伊勢原→東京」は、じつにおもしろい電車旅になった。

18kippu2010-3-4024
川崎駅構内の「直久」

18kippu2010-3-4027
しょうゆラーメンを食べる

18kippu2010-3-4029
南武線の立川行き電車

18kippu2010-3-4034
立川へ

18kippu2010-3-4043
立川に到着

18kippu2010-3-4049
カンコーヒーでひと息入れる

18kippu2010-3-4052
府中本町で乗り換え。武蔵野線の東京行き電車

18kippu2010-3-4057
車窓の風景

18kippu2010-3-4062
日が暮れる

18kippu2010-3-4064
18kippu2010-3-4067
西船橋駅に到着

18kippu2010-3-4081
東京駅に到着

18kippu2010-3-4079
反対側のホームに停車していた外房線の特急「わかしお21号」

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行


「青春18きっぷ2010」(4)

 東京駅からは山手線の外回り電車に乗り、「東京→東京」で東京の都心部を一周。その途中では品川、新宿、池袋、上野、とターミナル駅での下車を繰り返した。

 品川駅は東海道新幹線の品川駅の完成以降、劇的に変った。東京の新たな玄関口になった感がある。リニア新幹線が開通したあかつきにはここが始発駅になる。

 新宿駅はぼくが一番よく使う駅。いつもの見慣れた南口の小田急線の乗り換え口が、今日はじつに新鮮に見える。さすが日本一の乗降客数の新宿駅だけあって、とくに山手線のホームは混みあっている。

 池袋駅はおりるたびになつかしさを感じてしまう。小学校に入り前は、池袋から出る東上線の常盤台駅近くに住んでいたので、よく父に連れられ、池袋から山手線に乗った。幼い頃のカソリ、山手線が大好きだった。きっと父に無理をいったのだろう、「池袋→池袋」で山手線を一周したことが何度もある。

 4歳、5歳の頃には、「池袋、目白、高田馬場…」と山手線全線の駅名をおぼえ、それを祖父にいうたびに5円玉とか10円玉をもらった。大きくなったら「山手線の運転手になるんだ!」というのが、ぼくの小学校の3、4年生頃まで持ちつづけた夢だった。小学校の5、6年生になると夢は中央アジアの探検家に変り、中学生になると夢は消えた…。

 上野駅では大連橋通路を歩き、東京駅に戻った。これで「東京→東京」の山手線の全線完乗。今日5本目の完全乗車路線になる。

 東京駅では丸の内南口に出る。そして師走の風に吹かれながら丸の内側の駅前ビル群の夜景を眺めた。

18kippu2010-4-4082
京葉線の地下ホーム口

18kippu2010-4-4084
東京駅の南通路

18kippu2010-4-4088
品川駅に到着

18kippu2010-4-4090
品川駅の新幹線の改札口

18kippu2010-4-4096
新宿を発車

18kippu2010-4-4098
18kippu2010-4-4099
池袋駅

18kippu2010-4-4100
上野に到着

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行


「青春18きっぷ2010」(5)

 東京駅を出発。山手線の内回り電車に乗って鶯谷駅で下車。南口から出る。
 山手線や京浜東北線、常磐線、宇都宮線、高崎線の何本もの線路をまたぐ陸橋を渡り、今晩の宿、「東横イン鶯谷駅前」に到着。

 チェックインをすませると近くの「かぎや」へ。
 古風な造りの居酒屋だ。古い家並み、町並みを残す鶯谷ならではといった店。そこでは管理人さんとスガユウさんがぼくの到着を首を長くして待ってくれていた。

 さっそくビールで乾杯!
「青春18きっぷ2010」の前夜祭なのだ。
 ビールから日本酒に変えて焼鳥や鍋を食べる。飲むほどに話ははずんだ。

「雪の五能線に乗ってみたい!」
 とスガユウさん。
「川部駅(五能線の起点駅)で落ち合いましょう!」
 とカソリ。
 いやはやなんとも楽しい前夜祭になった。

「かぎや」のあとは「錦華楼」での2次会。ここでは中華料理を食べながらおおいに飲み、最後はラーメンで締めた。
 管理人さん、スガユウさん、ほんとうにありがとう。
 お2人と一緒に鶯谷駅南口まで歩き、そこで別れた。
 管理人さんには差し入れをいただいた。

 さー、明日からは「青春18きっぷ・鈍行列車旅」のはじまりだ!

18kippu2010-5-4103
18kippu2010-5-4104
鶯谷駅に到着

18kippu2010-5-4109
「東横イン鶯谷駅前」に泊る

18kippu2010-5-4110
「かぎや」で前夜祭

18kippu2010-5-4112
「錦華楼」で2次会

18kippu2010-5-4115
スガユウさんと乾杯!

18kippu2010-5-4121
最後はラーメン

18kippu2010-5-4122
「さー、行くぜ!」と気合を入れるカソリ

18kippu2010-5-4127
管理人さんからの差し入れ

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード