著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れサハラ縦断(1)

(『月刊アフリカ』1978年11月号 所収)

20歳の旅立ち

 ぼくが初めてアフリカを旅したのは20歳の時のことだった。
 とにかく日本を飛び出し、広い世界を自由自在に駆けめぐりたかった。
 1968年4月から20ヵ月あまりをかけ、スズキの250ccバイク、TC250を走らせてアフリカ大陸を一周した。

 野宿したり、村々で泊めてもらったりという、宿泊費ゼロの超貧乏旅行。食費をギリギリまできりつめたので、いつも腹をすかせていた。泥水をすするということもたびたびで、何度も病に倒れた。そのたびに立ち上がれたのは、アフリカの人たちの温かな心づかいのおかげだった。
 この「アフリカ一周」ですっかりアフリカのとりこになってしまった。

 2度目のアフリカは「サハラ縦断」がメインだった。
 1971年8月から14ヵ月をかけ、スズキの250ccバイク、ハスラーTS250を走らせて「世界一周」。タイのバンコクを出発点にインドから西アジア、アラビア半島を横断し、紅海を渡ってアフリカへ。砂漠の砂道や雨期直後の泥道との悪戦苦闘の末、アフリカ大陸横断を成し遂げ、西アフリカのギニア湾岸に出た。そして地中海を目指してサハラ砂漠を縦断したのだ。

 サハラは途方もなく大きかった。水も食物もとことん乏しい世界。強烈な太陽光線に焼きつくされ、ユラユラ揺れる逃げ水が砂漠一面に広がっている。蜃気楼の水面には荒れた岩山の影が映っている。

 そのような極限の世界でも、サハラの人たちは毎日の生活を営んでいた。ラクダやロバ、ヤギ、ヒツジとともに、わずかばかりの水と草を求めて広大なサハラを移動していた。

 3度目のアフリカでは、アフリカ大陸の国々、すべてに足を踏み入れようとした。
 1973年8月、タイのバンコクを出発点にし、アジア→オーストラリア→アフリカ→ヨーロッパ→北アメリカ→南アメリカと世界の6大陸をめぐったが、残念ながらアフリカではボツワナ、赤道ギニア、ビニア・ビサウの3ヵ国には入れなかった…。

 このときは主にヒッチハイクで6大陸を駆けめぐった。
 アフリカのヒッチハイクは楽ではなかった。2日も3日も、1台の車も通らず、100キロ以上歩きつづけたこともある。日暮れが近づくと、村で止まり、
「ひと晩、泊めてもらえないでしょうか」
 と、身振り手振りを織り交ぜて頼み込む。このような時、まずこばまれることはなかった。それどころか、食事を出され、地酒を振舞われることがたびたびだった。


「砂漠・サバンナ・密林計画」

 ぼくの旅の仕方は向こうへ、その向こうへと、絶えず移り動いていくものだった。地図上に自分の足跡の赤線を引いていくような旅だった。そのような赤線が延びていくことで十分に満足だった。その赤線を延ばしていくためなら、どんな苦労もいとわなかった。

「あの国境を越えるのは無理だ」
「あの地域に入るのは不可能だ」
 といった話を聞くと、よけいに行ってみたくなり、そのような国境、地域を目指したものだ。

 だが3度のアフリカの旅で、アフリカの地図をほぼ自分の足跡の赤線で埋め尽くしてしまうと、何か、胸の中にポッカリと穴があいたような気分で、虚しさ、寂しさを感じるようになった。あれほど夢中で駆けめぐっていたアフリカはスーッと遠ざかっていくような気がした。

 そのようなときに、ぼくは以前から願っていたアフリカの旅をしたいと思うようになった。それはアフリカの地図上に線を引くような旅だけではなく、アフリカの地図上に針の先でつついたような1地点に滞在する旅を織り交ぜていく旅の仕方だ。そこに住む人たちの中に入り込み、通過していくだけでは見ることのできない、アフリカの人たちの生活ぶりを見てみたいと思うようになった。

 で、4度目のアフリカの旅はこのような旅にしようと決めた。アフリカの砂漠・サバンナ・密林の3地点に焦点を当てるのだ。
 名づけて「砂漠・サバンナ・密林計画」。
 アフリカを旅していく中で、この砂漠・サバンナ・密林の1地点づつに滞在し、アフリカの普通の人たちの生活ぶりを見てみようとしたのだ。

 アフリカの多くの人たちは、きわめて強く自然と結びついた生き方をしている。アフリカの代表的な自然といったら砂漠・サバンナ・密林だ。もちろん砂漠が突然サバンナに変わり、密林に変わるというものではない。

 乾燥度の違いにより、例えばサハラ砂漠を例にとると、その南には「サヘル」と呼ばれるステップ地帯が広がり、乾燥したサバンナから徐々に湿潤なサバンナに変わり、熱帯雨林地帯に入っていくという構図になっている。
 アフリカを旅していく中で、この砂漠・サバンナ・密林に住む人たちに目を向けようという試みだ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

子連れサハラ縦断(2)

(『月刊アフリカ』1978年11月号 所収)

オカリナ計画

 第4回目のアフリカ旅は自分1人ではなく、パートナーがいた。妻となる洋子だ。彼女は「六大陸周遊」(1973年~74年)からの帰国を首を長くして待ってくれていた。

 洋子は障害児をあずかる保育園で看護婦として働いていた。仕事が終ったあと、東京・阿佐ヶ谷の「オカリナ」という喫茶店でよく会った。アフリカの地図を目の前にして、あれこれと計画を練った。こじんまりとした「オカリナ」は居心地がよく、いつも長居した。

 そこで生まれた計画のあらましは次のようなものだ。
 横浜港から船でソ連のナホトカに渡り、シベリア鉄道でソ連を横断し北欧に入る。
 北欧から鉄道でヨーロッパを南下し、スペイン、ポルトガルへ。

 スペインのアルヘシラス港からジブラルタル海峡をフェリーで渡り、アフリカ・モロッコのタンジール港へ。
 北アフリカを列車で行き、アルジェリアのアルジェへ。そこから「サハラ縦断」を開始。ニジェールのアガデスを経由し、ナイジェリアのギニア湾岸のラゴスへ。

 ラゴスからは「アフリカ横断」。ザイールの熱帯雨林を抜け、東アフリカ・ケニアのインド洋岸のモンバサを目指す。

 アフリカを旅していく中で、砂漠・サバンナ・熱帯雨林の各一地点に滞在する。そこではできるだけアフリカ人のごく普通の生活に密着する。
 横浜からモンバサまでは1年あまりを予定する。

 モンバサに到着した時点で体力的にも、金銭的にも余裕があったら、モンバサ港から船でインドのボンベイ港に渡り、さらに東南アジアの国々をめぐり、タイのバンコクから日本に帰る。その場合は全部で1年半を予定する。
 ぼくたちはこの計画を「オカリナ計画」と名づけた。


「雪おろしでも手伝いに行くよ」

 1974年の暮、上越線の夜行の鈍行で洋子の故郷、新潟県の小出に行った。列車が清水トンネルを抜け出ると、夜目にも鮮やかな雪の白さ。スキー場の灯がまばゆいばかり。小出駅に着くと、1時間ほど歩いた。凍りついた雪道に滑り、ツルン、スッテンとたてつづけにころんだ。その格好がおかしいといって洋子は笑った。さすが雪国に生まれ育っただけあって、雪道に慣れている洋子は、1度もころぶことはなかった。

 洋子には故郷の話を何度か、聞いていたので、以前から興味を持っていた。
「雪おろしでも手伝いにいくよ」
 と、軽い気持ちで小出までやってきたのだ。

 雪は2メートル以上、積もっていた。あたり一面、すっぽり雪に包まれていた。
 夜が明けた頃、洋子の家に着いたが、お父さん、お母さんには暖かく迎えられ、甘酒をご馳走になった。冷え切った体に甘酒がしみ込んでいくようだった。
「雪おろしを手伝うよ」
 といっておきながら、いざ屋根の上に登ってみると、雪を下ろすどころか滑り落ちないようにするので精一杯…。


1万円の結婚式

 それから3ヵ月後の1975年3月に我々は結婚した。
 最初は、
「2人だけの結婚式をしよう。どこか山奥の神社に行って、パチン、パチンと手をたたくんだ。そうだ、北アルプスが見える奥飛騨あたりがいいなあ…」
 などと話していた。

 ところがまわりからの反対、圧力は強く、結局、我々は結婚式を挙げることになった。とはいっても式の費用など一銭もなかった。

 そこでぼくの所属していた日本観光文化研究所(観文研)の宮本千晴さんにいろいろとお願いしたのだ。
 まずは結婚式場。1日1万円で借りた保育園が会場になった。
 次に仲人。宮本千晴さんご夫妻にお願いしたが、
「カソリな、こういうのはオヤジの方がいい」
 といって観文研所長の宮本常一先生ご夫妻に頼んでくれたのだ。

 宮本先生といえば日本民俗学の最高峰のような方。生涯を通じてほとんど仲人をしていないが、息子の千晴さんからのたっての頼みということで引き受けてくださった。

 さらに観文研の神崎宣武さんが神主をしてくれることになり、工藤員功さんが会場の飾りつけをしてくれ、山田まり子さんや佐々木真紀子さんらの女性陣がたいそうな料理をつくってくれた。

 式のプロデューサーは宮本千晴さんだ。昼過ぎに始まった結婚式は延々と夜遅くまでつづいた。
 ぼくは腰が抜けるほどしこたま飲み、足がもつれてふらついた。夜も10時過ぎになって大宴会はお開きになったが、宮本常一先生ご夫妻をはじめとして、宮本千晴さんや観文研のみなさんのおかげで結婚式をあげられたようなものだ。

 結婚式に使ったのは1万円だけ。
 カソリが結婚したということで、多くの人たちからお祝いをいただいた。それがそっくりそのま「オカリナ計画」の資金の一部になった。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。