著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カソリの温泉めぐり・東京編」(1)

「カソリの温泉めぐり2012年」の最後は東京の温泉。温泉めぐりをしながら東京の町を見てみようと思う。その第1弾目は「京急編」だ。

 12月14日、JR山手線の品川駅から京急(京浜急行)に乗り換える。
 10時54分発の普通電車、京急蒲田行きの乗って東京の温泉めぐりが始まった。

 品川から北品川駅、新馬場駅、青物横丁駅、鮫洲駅、立会川駅と停まっていく京急の各停はすごくいい。高架のすぐ左側を旧東海道が通っているからだ。北品川駅から新馬場駅あたりにかけてが東海道の第1番目の宿場、品川宿の中心になる。

 立会川駅を過ぎたところでは鈴ヶ森の刑場跡がよく見える。ここを過ぎると、旧東海道は国道15号の第1京浜に合流し、幅広の道になる。

 鈴ヶ森の刑場跡を過ぎると大森海岸駅、その次の平和島駅で電車を降りる。
 品川駅から平和島駅までは13分、料金は150円だ。

 平和島駅前から歩き始める。

 駅から右へ。第1京浜(国道15号)に出ると左へ、品川方向に歩く。平和島入口の交差点を右折し、平和の森公園内の幅広の道を行く。平和島は埋立地の島だが、この平和の森公園は大森側と平和島の間を埋め立ててできた公園。そこを過ぎると左手に平和島競艇がある。平和島競艇への道の右手に平和島温泉「クアハウス」がある。

 平和島温泉は1995年以来、17年ぶり。なつかしさを感じてしまう。当時はなかった複合の商業施設のビルができている。

「さー、温泉だ!」
 1時間券(1200円)を買い、大浴場の湯に入る。平日にもかかわらず、かなりの人たちが入っている。天然温泉の方は薄茶褐色の湯の色。塩分の濃い湯だ。人工温泉の無色透明無味無臭の湯船もある。

 大浴場の湯から上がると、着替えて2階から4階にエレベーターで昇り、露天風呂の湯に入る。露天風呂の方は大浴場の湯に比べると色も味も濃い。

 露天風呂の湯から上がると、2階に戻り、レストランへ。
 まずはビールを1本、キューーーッと飲み干した。そのあとで昼食。「牛ハラミのステーキ重」(1100円)を食べた。この値段にしては、なかなかの肉の味だった。

京急編 001_small
京急の品川駅を出発

京急編 003_small
京急平和島駅の駅前商店街

京急編 005_small
第一京浜の平和島口を右折

京急編 006_small
正面には平和島競艇

京急編 008_small
平和島温泉「クワハウス」の入口

京急編 011_small
平和島温泉「クワハウス」の露天風呂

京急編 015_small
湯上りのビール

京急編 016_small
湯上りの昼食

京急編 017_small
「牛ハラミのステーキ重」
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

「カソリの温泉めぐり・東京編」(2)

 平和島温泉から第一京浜(国道15号)の平和島口交差点に戻ると、そこからは旧東海道を歩く。

 日本橋を出発点とする東海道は、東京都内では品川宿と大森、六郷の3区間にのみ旧道が残っている。それだけに大森の第一京浜の東側を通る旧東海道は貴重な存在だ。

 さすが「海苔の大森」だけあって、海苔問屋が目につく。

「和中散」の店跡もあった。
「和中散」というのはよく知られた東海道の道中薬。大森には3軒の和中薬の店があったとのことで、ここ中原の店は江戸に最も近い人気の店だったという。宝永年間(1704年~1711年)創業の店は、昭和11年(1936年)までつづいたという。

「海苔」と「和中散」それと「麦藁細工」が、大森の三大名産品になっていた。

 旧東海道は環七にぶつかる。
 東京の幹線道路に出るといっぺんに現実に引き戻されるような感じがするが、環七を横切り、さらに旧東海道を歩く。産業道路との分岐点、大森警察署のある交差点で第一京浜に吸収され、幅広の道になる。

 旧東海道の大森区間を歩けてほんとうによかった。これも平和島温泉のおかげというもの。第一京浜の「駅入口」の信号を右に曲がり、京急の大森町駅前に出た。ここからは京急の各停で京急蒲田駅に向かうのだ。

京急編 018_small
平和島温泉「クワハウス」に隣接する複合ビル

京急編 024_small
旧東海道を歩く

京急編 021_small
大森の旧東海道

京急編 023_small
環七近くの旧東海道

京急編 027_small
京急大森町駅の高架化完成

京急編 029_small
高架になった京急大森町駅

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

「カソリの温泉めぐり・東京編」(3)

 京急(京浜急行)の大森町駅からは、13時15分発の普通・神奈川新町行きに乗った。次が梅屋敷駅。その次の京急蒲田駅で降りる。到着は13時18分。大森町駅からの料金は130円だ。

 京急本線から羽田空港線が分岐する京急蒲田駅は劇的に変わった。

10月21日に京急全線の高架化が完成し、京急蒲田駅は3階建てのホームになったのだ。それによって羽田空港への便はさらに増えた。今や羽田空港線は京急のドル箱だ。

 平成12年にはじまった高架化工事のうち、京急蒲田駅の立体化工事は世紀の大工事といっていい。14年かけて一応の完成にこぎつけたが、最終的には平成26年まで立体化事業の工事はつづくという。

 京急蒲田駅から「京急編」第2湯目の蒲田温泉に向かう。

 駅前の第一京浜(国道15号)に出るとビックリ。羽田空港線の電車が通るたびに渋滞の長い車の列ができた踏切は、跡形もなくなくなっている。その先の第一京浜と環八の交差点の立体工事も終了し、ここでも渋滞は完全に解消されている。

 東京のすごさを目の当たりにするような京急蒲田の駅前だ。

京急編 030_small
京急蒲田駅に到着

京急編 031_small
京急蒲田から羽田空港へ。快速特急や急行が次々に出ていく

京急編 032_small
3階建のホームになった京急蒲田駅

京急編 035_small
10月21日に京急の全線高架化完成

京急編 034_small
第一京浜の踏切がなくなった!

京急編 036_small
これが京急の本線と羽田空港線の立体交差

京急編 038_small
第一京浜と環八の立体交差も完成!

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

「カソリの温泉めぐり・東京編」(4)

 京急蒲田駅で下車した蒲田では、温泉銭湯「蒲田温泉」(入浴料450円)の湯に入った。真っ黒な黒湯。低温湯(42度)と高温湯(46度)の2つの湯船。湯に入れた手はまったく見えない。東京の温泉の大半は黒湯だが、蒲田温泉の黒湯はとくに黒い。人工温泉の2つの湯船は無色透明の湯。ひとつは電気風呂でビリビリッとくる。もうひとつは超音波風呂だ。

 湯から上がると、2階の無料休憩室へ。そこでは大田区のB級グルメ「東京大田汐焼きソバ」(680円)を食べた。うどん風の麺がいい味を出している。

 京急蒲田駅に戻ると、次の雑色駅で下車。ここでは温泉銭湯「さがみ湯」(入浴料450円)に入る。大浴場と露天風呂の温泉は黒湯。大浴場には白湯の湯船もある。

「京急編」の第4湯目は、雑色駅の次の六郷土手駅で下車する六郷温泉。駅の近くにある温泉銭湯「六郷温泉」(入浴料450円)の黒湯に入った。ここは東京の温泉銭湯の老舗的存在。「これぞ温泉銭湯!」という風情が漂っている。

 こうして東京の温泉めぐり第1弾目の「京急編」を終えたが、第2弾目の東急編・池上線編では13湯、小田急・京王編では7湯、大江戸線編では4湯、浅草・上野編では5湯、足立区編では3湯、池袋・東上線編では4湯と合計40湯の「東京の温泉」に入った。

京急編 040_small
「蒲田温泉」

京急編 044_small
「蒲田温泉」2階の無料休憩室

京急編 049_small
雑色の商店街

京急編 061_small
京急六郷土手駅に到着

京急編 063_small
「六郷温泉」

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。