著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

「2004・旧満州走破行」(3)

9月23日(木)晴 徳恵 第3日目

 吉林省の徳恵では「徳恵賓館」に泊まったが、夜が明けると、町歩きを開始。

 ここの市場はよかった。早朝から大勢の人たちでにぎわっていた。屋台で朝食。油條と豆腐。油條は中国人の大好きな棒状の揚げパン。彼らはよく豆乳を飲みながら食べる。つづいて別な屋台でジャガイモのクレープを食べた。

 興味深かったのは麺の屋台。目の前で手延麺をつくるのだが、まるで魔術でも見ているかのように、あっというまに麺ができあがる。これが「拉麺(ラーメン)」。ラーメンは麺の作り方の一種類。

 うれしかったのはぼくの大好物の熟柿が売られていたこと。その場で3、4個、パカパカッと食べた。柿は「柿子(スーズー)」といっていた。

 肉屋は豚肉が主だが、牛肉、馬肉、ロバ肉、羊肉も売っていた。魚屋では淡水魚のコイやナマズなどを売っていた。徳恵の市場を歩いたことによって、自分にとって旧満州(東北)がぐっと身近なものになっていった。

manchuria2004-3-6331
徳恵で泊まった「徳恵賓館」

manchuria2004-3-6332
manchuria2004-3-6333
トウガラシを積んだ馬車が行く

manchuria2004-3-6334
市場歩きの開始

manchuria2004-3-6335
活気に満ちた早朝の市場

manchuria2004-3-6336
manchuria2004-3-6337
manchuria2004-3-6339
油條を揚げている

manchuria2004-3-6345
市場で朝食。油條を食べる

manchuria2004-3-6350
肉屋

manchuria2004-3-6351
木の実を売っている

manchuria2004-3-6354
魚屋

manchuria2004-3-6358
manchuria2004-3-6363
揚げたて、焼きたてを売っている

manchuria2004-3-6369
manchuria2004-3-6370
manchuria2004-3-6371
manchuria2004-3-6372
manchuria2004-3-6379
麺づくりを見る

manchuria2004-3-6391
饅頭を蒸している

manchuria2004-3-6398
熟柿を売っている

manchuria2004-3-6399
徳恵の町並み

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「2004・旧満州走破行」(2)

9月22日(水)晴 瀋陽→徳恵 第2日目

 夜明けの瀋陽を歩く。もやがかかっている。やがて朝日が昇る。「北陵公園」を歩く。ホテルに戻ると朝食。バイキング。

 午前中は瀋陽をめぐる。郊外の「蒸気機関車博物館」へ。そこには旧満鉄の「亜細亜号」が展示されている。

 そのあと清国を築いた女真族のヌルハチの墓を見る。そこにはヌルハチの功績をたたえた石碑。右には漢字、左には満族と蒙古族の文字。かつては満族(満州族)は独自の文字を持っていた。

 昼食を食べたあと、12時50分、瀋陽を出発。高速道路でハルビンへ。バイク旅はハルビンから始まる。
 瀋陽とハルビンを結ぶ高速道路沿いには一面、黄色く色づいた水田地帯が広がる。

 16時30分、遼寧省と吉林省の省境を通過。
 18時、長春に到着。人口500万人の大都市。ここには満州国時代の建物がかなり残っている。かつての関東軍司令部は今は人民委員会、国務院は吉林大学医学部…といった具合だ。

 19時30分、長春を出発。21時、徳恵に到着。「徳恵賓館」に泊まった。夕食は「石林大鍋」という鍋料理の専門店で。シャブシャブや海鮮の鍋。牛のペニスが入っていた。香辛料は中国人の大好きな香菜だ。

manchuria2004-2-6250
瀋陽で泊まった「遼寧大厦」

manchuria2004-2-6252
北陵公園の入口

manchuria2004-2-6253
歩道ではいろいろなものを売っている

manchuria2004-2-6254
瀋陽の朝食

manchuria2004-2-6259
旧満鉄の「亜細亜号」

manchuria2004-2-6263
manchuria2004-2-6264
東陵(福陵)

manchuria2004-2-6267
ヌルハチの画

manchuria2004-2-6281
高速道路で長春へ

manchuria2004-2-6283
manchuria2004-2-6288
高速道路のSAで見たトラックとバス

manchuria2004-2-6303
遼寧省から吉林省に入る

manchuria2004-2-6306
高速道路の料金所

manchuria2004-2-6327
徳恵の夕食。鍋料理だ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(68)

2009年4月24日(大三島→大島・その11)

 下田水港を出発。第44番の十楽庵(大宝寺)は港のすぐ近く、「シーサイドホテル」の脇にある。つづいて第45番の岩屋寺(岩屋寺)へ。ここは「本四国」の岩屋寺同様、山中の寺。急坂を登っていく。パワフルなエンジンのアドレスならば大丈夫。

 境内には「ゆるぎ石」という大岩が鎮座ましましている。この第45番だが、海岸に下った椋名の集落にもある。こちらは大師堂(岩屋寺)。

 椋名から山側に登る。
 第46番の観音堂(浄瑠璃寺)に寄って第47番の法南寺へ。ここは住職のいる寺。境内には「ビンズルさん」と呼ばれる六地蔵がまつられている。

shikoku2009-68-2286
第44番の十楽庵

shikoku2009-68-2288
第45番の岩屋寺

shikoku2009-68-2290
岩屋寺周辺の森

shikoku2009-68-2292
第45番の大師堂

shikoku2009-68-2294
第46番の観音堂

shikoku2009-68-2296
第47番の法南寺に到着

shikoku2009-68-2297
法南寺

shikoku2009-68-2299
法南寺の「ビンズルさん」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「2004・旧満州走破行」(1)

9月21日(火)晴 東京→瀋陽 第1日目

 7時30分、伊勢原の自宅を出発。小田急線で新宿へ。新宿からは9時40分発の「成田エクスプレス13号」で成田空港へ。そこで東京映像社長の大滝さん、カメラマンの園部さん、山岸さん、それと我が息子の尚と落ち合う。

 13時30分発のCZ5180便で中国の瀋陽へ。朝鮮半島の上空を飛び、15時30分、瀋陽に到着。日本とは1時間の時差があるので、3時間の飛行時間。

 そこで中国側のスタッフと落ち合い、車で瀋陽市内へ。遼寧省の省都、瀋陽は人口740万人の大都市。中心街のホテル「遼寧大カ」に泊まる。夕食は「老辺餃子」で焼餃子、蒸餃子、水餃子、それとチマキを食べる。そのあと夜の町を歩いた。

 いよいよ「旧満州走破行」の開始だ~!

manchuria2004-1-6235
北朝鮮の上空を飛んでいく

manchuria2004-1-6239
中国・北朝鮮国境の鴨緑江を越える

manchuria2004-1-6240
瀋陽周辺の水田地帯

manchuria2004-1-6241
高速道路で瀋陽へ

manchuria2004-1-6245
瀋陽の中心街に入っていく

manchuria2004-1-6247
manchuria2004-1-6248
夕食のチマキと餃子

manchuria2004-1-6249
夜の町を歩く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(67)

2009年4月24日(大三島→大島・その10)

 第38番の仏浄庵から名駒に戻ると、民宿「名駒」で宿泊を頼む。するとOK。夕食も用意してくれるという。
「夜7時までには戻りますから」
 といって、さらに「大島八十八ヵ所」の札所めぐりをつづける。

 名駒からゆるやかな峠を越えると下田水に出る。T字路を左折し、海沿いの道の行き止まり地点まで行くと、そこに第39番の宥信庵(延光寺)。ここが本寺で、その手前にはもうひとつの第39番のお堂がある。

 第40番の浄花庵へ。ここにはヤマモモの巨木。高さ10・5メートル、幹廻り2・4メートルという巨木で、ヤマモモのこれだけの巨木はそうはないという。

 つづいて下田水港周辺の第41番海照庵(龍光寺)、第42番証林庵(仏木寺)、第43番蓮花庵(明石寺の3ヵ所ををめぐり、下田水港の岸壁でアドレスV125Gを止めた。カンコーヒーを飲みながらの小休止だ。

shikoku2009-67-2258
名駒の民宿「名駒」

shikoku2009-67-2261
下田水港から見る来島海峡大橋

shikoku2009-67-2267
今治行きのフェリーが出ていく

shikoku2009-67-2268
第39番の宥信庵

shikoku2009-67-2264
ここはもうひとつの第39番

shikoku2009-67-2270
第40番の浄蓮庵

shikoku2009-67-2271
浄蓮庵のヤマモモの巨木

shikoku2009-67-2273
第41番海照庵への遍路道

たまらず管理人:
ウォ、いい写真ですなぁ。右は遍路へ、左は家へ。岐路を分かつは躑躅の花かな?

shikoku2009-67-2275
遍路道からの眺め

shikoku2009-67-2277
海照庵

shikoku2009-67-2279
第42番証林庵への道

shikoku2009-67-2280
証林庵

shikoku2009-67-2281
第43番の蓮花庵

shikoku2009-67-2282
下田水の集落を見下ろす

shikoku2009-67-2284
下田水港へと下っていく

shikoku2009-67-2285
下田水港の岸壁で

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(66)

2009年4月24日(大三島→大島・その9)

 亀老山の山麓一帯の札所をめぐったあと、大展望台のある山頂に向かって登っていく。その途中から入っていく山道が第34番妙法堂(種間寺)への遍路道。アドレスを道路沿いの駐車場に停め、山道を歩いていく。妙法堂には「村上水軍」の総帥、村上義弘の墓がある。

 亀老山から下ってくる途中には第35番の布留坊(清滝寺)。
 亀老山周辺の2ヵ所をめぐり、江越峠を越え、大島南端の南浦に出た。

 南浦の第36番ソウ深庵(青龍寺)を参拝し、そのまま海沿いの道を走り、名駒へ。ここには民宿「名駒」のすぐ近くに第37番の示現庵(岩本寺)と第38番仏浄庵の前札所がある。

 アドレスを自動車道の行き止まり地点に停め、遍路道の山道(大島自然研究路)を歩いていく。岬の突端に仏浄庵がまつられている。絶景ポイントで、すぐ下を今治に向かうフェリーが通り過ぎていった。断崖下の波打ち際には波切不動明王がまつられている。

 昔はこの岬に船をつけ、「大島八十八ヵ所」の起点になっていたという。
 仏浄庵の参拝を終え、名駒に戻った。

shikoku2009-66-2244
亀老山を登っていく

shikoku2009-66-2246
第34番妙法堂への山道

shikoku2009-66-2247
妙法堂

shikoku2009-66-2249
村上義弘の墓

shikoku2009-66-2250
第35番の布留坊

shikoku2009-66-2251
江越峠を越えて南浦へ

shikoku2009-66-2252
第36番のソウ深庵

shikoku2009-66-2253
南浦から眺める瀬戸内海

shikoku2009-66-2254
今治の市街地を遠望

shikoku2009-66-2255
第37番の示現庵

shikoku2009-66-2256
第38番仏浄庵の前札所

shikoku2009-66-2422
仏浄庵への山道

shikoku2009-66-2426
仏浄庵

shikoku2009-66-2427
仏浄庵からの眺め

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(65)

2009年4月24日(大三島→大島・その8)

「大島八十八ヵ所めぐり」第1日目の午後の部、開始。
 国道317号から入り、第30番の竹林庵(善楽寺)、第31番の三角庵(竹林寺)、第32番の弥勒寺(禅師峰寺)、第33番の高龍寺(雪渓寺)と、展望台のある亀老山の山麓一帯をめぐった。

 弥勒寺の境内は散った八重桜の花びらがびっしりと敷きつめられていた。高龍寺は住職のいる大寺で、山門があり、鐘があり、弘法大師像が建っている。

「大島八十八ヵ所」の遍路道には歩き遍路用の道しるべが建っている。アドレスV125Gならば、この遍路道を走れるので、道しるべを頼りに札所をめぐった。

shikoku2009-65-2230
第30番の竹林庵

shikoku2009-65-2231
第31番の三角庵へ

shikoku2009-65-2232
遍路道の道しるべ

shikoku2009-65-2233
遍路道に入っていく

shikoku2009-65-2234
第31番の三角庵に到着

shikoku2009-65-2235
三角庵

shikoku2009-65-2236
第32番の弥勒寺

shikoku2009-65-2237
八重桜の花びらが敷きつめられている

shikoku2009-65-2238
さつきが花盛り

shikoku2009-65-2239
第33番の高龍寺に到着

shikoku2009-65-2241
高龍寺の山門

shikoku2009-65-2242
高龍寺の本堂

shikoku2009-65-2243
高龍寺の鐘と弘法大師像

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(64)

2009年4月24日(大三島→大島・その7)

 大島東海岸の志津見漁港を出発。大島一周道路を離れ、ゆるやかな峠を越える。アドレスでの峠越え。

 しまなみ街道の高架の下をくぐり抜けると、溜池の奥山池の脇に出た。ここから国道317号に下っていく間で、第25番の最勝堂(津照寺)、第26番の地主庵(金剛頂寺)、第27番の善徳寺(神峰寺)、第28番の吉祥庵(大日寺)、第29番の極楽寺(土佐国分寺)を参拝。吉祥院の隣にある大亀八幡にも参拝した。

 吉祥院や極楽寺では太平洋戦争で亡くなった軍人の墓を見た。ほかでも数多く見たので、太平洋戦争ではいかに多くの人たちが亡くなったかを思い知らされるのだった。

 国道314号に出ると、国道沿いの店でパンとコーラを買い、昼食にした。

shikoku2009-64-2214
アドレスでの峠越え

shikoku2009-64-2215
溜池の奥山池

shikoku2009-64-2216
巡礼道を行く

shikoku2009-64-2218
第25番の最勝堂

shikoku2009-64-2219
第26番の地主庵に到着

shikoku2009-64-2220
地主庵

shikoku2009-64-2222
第27番の善徳寺

shikoku2009-64-2223
大亀八幡

shikoku2009-64-2224
第28番の吉祥院

shikoku2009-64-2225
吉祥院の戦没者の墓

shikoku2009-64-2226
第29番の極楽寺

shikoku2009-64-2227
極楽寺の戦没者の墓

shikoku2009-64-2228
国道317号沿いの店

shikoku2009-64-2229
昼食のパン&コーラ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(63)

2009年4月24日(大三島→大島・その6)

 大島一周道路の県道49号で友浦から志津見へ。その途中には第21番の平等庵(太龍寺)と第22番の洗厳堂がある。ともに海岸の札所。断崖の上に建つ洗厳堂からは瀬戸内海に浮かぶ島々を眺める。その向こうには四国山地の山並みが青く霞んで見える。

 志津見の集落からは山手に登り、第23番の三門堂(薬王寺)と第24番の光明堂をめぐる。光明堂は山道を歩いていくのだが、その手前には前堂があり、あやうくだまされるところだった。前堂からさらに5分ほど歩いたところに光明堂はあった。

 光明堂から志津見に下ると、志津見漁港の岸壁にアドレスV125Gを停めてひと休みした。

shikoku2009-63-2200
第21番の平等庵に到着

shikoku2009-63-2201
平等庵

shikoku2009-63-2202
第22番の洗厳堂

shikoku2009-63-2203
洗厳堂からの眺め

shikoku2009-63-2204
第23番の三門堂

shikoku2009-63-2205
志津見の集落を見下ろす

shikoku2009-63-2206
第24番光明堂の前堂

shikoku2009-63-2209
山道を登っていく

shikoku2009-63-2211
光明堂

shikoku2009-63-2212
志津見のビワ園

shikoku2009-63-2213
志津見漁港の岸壁で

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

賀曽利隆の峠越え・2007年

(2007年)
この年に越えた峠は159峠 初めての峠は20峠

     山伏峠(埼玉)1月10日・4
1577、杉ノ峠(埼玉)1月11日
     中山峠(群馬)1月12日・5
     入山峠(群馬・長野)1月13日・8
     車坂峠(長野・群馬)1月13日・5
     野尻坂(長野)1月18日・13
     細尾峠(富山)1月25日・3
1578、高窪峠(富山・石川)1月26日
     谷峠(石川・福井)1月29日・5
     関峠(福井)2月2日・6
1579、水戸谷峠(京都)2月3日
     三原峠(京都・兵庫)2月4日・3
     飯谷峠(兵庫)2月4日・3
     犬挟峠(鳥取・岡山)2月5日・3
     七曲峠(広島)2月10日・2
1580、傍示峠(広島・島根)2月11日
     中三坂峠(広島・島根)2月11日・3
     三井野峠(広島・島根)2月12日・3
     鍵掛峠(広島・島根)2月12日・3
     内海峠(岡山・鳥取)2月13日・2
     人形峠(岡山・鳥取)2月13日・3
1581、戸坂峠(岡山)2月14日
     志引峠(岡山・兵庫)2月14日・3
     戸倉峠(兵庫・鳥取)2月14日・4
     洞ヶ峠(大阪・京都)2月19日・8
     鈴鹿峠(滋賀・三重)2月20日・10
     桧峠(岐阜)2月23日・2
     蛭ヶ野峠(岐阜)2月23日・4
     蛭ヶ野峠(岐阜)2月24日・5
     宮峠(岐阜)2月24日・9
     鈴蘭峠(岐阜)2月24日・3
     大峠(岐阜)2月24日・2
     伊勢神峠(岐阜)2月25日・4 
     太和金峠(愛知)2月16日・4
     荷阪峠(三重)3月14日・4
     清水峠(香川・徳島)3月18日・2
     相栗峠(香川・徳島)3月18日・2
     鵜の田尾峠(香川・徳島)3月19日・2
     四ツ足峠(高知・徳島)3月20日・7
     七子峠(高知)3月23日・4
     杓子峠(高知)3月25日
1582、方峠(奈良・和歌山)4月1日
     天辻峠(奈良)4月2日・8
     天辻峠(奈良)4月3日・10
     伯母峰峠(奈良)4月4日・5
     高見峠(奈良・三重)4月4日・7
     富士見峠(静岡)4月5日・4(奥大井)
     大日峠(静岡)4月5日・2
     天城峠(静岡)4月6日・20
     桜峠(静岡)4月7日・2
     鳥居峠(長野・群馬)4月20日・11
1583、地蔵峠(長野)4月20日 (県道35号)
     中ノ峠(石川)4月21日・2
1584、大内峠(石川・福井)4月21日
     谷峠(福井・石川)4月22日・6
     木ノ芽峠(福井)4月23日・3
     老ノ坂峠(京都)4月24日・5
     天引峠(京都・兵庫)4月24日・2
     夜久野峠(京都・兵庫)4月24日・5
1585、小坂峠(京都・兵庫)4月25日
     蒲生峠(兵庫・鳥取)4月25日・6
     三井野峠(島根・広島)4月27日・4
     野坂峠(島根・山口)4月29日・3
     木戸山峠(山口)4月29日・3
     烏尾峠(福岡)4月30日・4
1586、白木峠(佐賀・福岡)5月2日
1587、平谷峠(佐賀・長崎)5月5日
     坂本峠(佐賀・福岡)5月5日・2
     観音峠(佐賀)5月6日・2
     小栗峠(熊本・福岡)5月9日・4
     兵戸峠(熊本・大分)5月10日・2
     俵山峠(熊本)5月12日・4
     横谷峠(熊本・宮崎)5月17日・4
     牧ノ戸峠(大分)5月19日・6
     水分峠(大分)5月26日・9
1588、地蔵峠(大分)5月30日
     金辺峠(福岡)5月31日・2
     竹内峠(大阪・奈良)6月2日・3
     内津峠(岐阜)6月3日・3
     清内路峠(長野)6月3日・4
     鳥居峠(長野)6月3日・16
     鳳坂峠(福島)6月27日・6
     三森峠(福島)6月28日・7
     土湯峠(福島)6月29日・12
     小坂峠(福島・山形)6月30日・5
     花山峠(宮城・秋田)7月4日・9
     仙岩峠(岩手・秋田)7月5日・9
     大場谷地峠(秋田)7月6日・8
     見返峠(秋田・岩手)7月6日・6
     栗駒峠(岩手・秋田)7月7日・5
     木野部峠(青森)7月12日・6
     傘松峠(青森)7月15日・8
     矢立峠(青森・秋田)7月18日・6
     矢立峠(秋田・青森)7月21日・7
     坂梨峠(秋田・青森)7月21日・5
     貝梨峠(岩手)7月22日・6
     矢立峠(秋田・青森)7月23日・8
1589、秋田峠(秋田)7月23日
     大覚野峠(秋田)7月23日・4
     秋田峠(秋田)7月25日・2
     大森峠(秋田・岩手)7月28日・5
     花山峠(秋田・宮城)7月29日・10
     雄勝峠(秋田・山形)7月30日・4
     関山峠(山形・宮城)8月1日・6
     刈田峠(山形・宮城)8月2日・7
     栗子峠(山形)8月3日・10
     板谷峠(山形)8月3日・7
     白布峠(山形・福島)8月3日・7
     唐沢峠(福島)8月7日・7
     山王峠(福島・栃木)8月7日・24
     尾頭峠(栃木)8月7日・17
     八木沢峠(福島)8月22日・3
     土湯峠(福島)8月23日・13
     桜峠(福島)8月23日・2
     大峠(福島・山形)8月24日・7
     鳳坂峠(福島)8月25日・7
     駒止峠(福島)8月25日・11
     山王峠(福島・栃木)8月26日・25
     馬入峠(福島)8月26日・4
     大沢峠(福島・宮城)8月27日・3
     釜谷峠(宮城)8月30日・7
     白石峠(岩手)8月31日・2
1590、広島峠(北海道)9月5日
     オロフレ峠(北海道)9月5日・6
     三国峠(北海道)9月15日・8
     樹海峠(北海道)9月16日・5
     狩勝峠(北海道)9月16日・8
     幌鹿峠(北海道)9月18日・3
     足寄峠(北海道)9月20日・4
     知床峠(北海道)9月22日・6
     冷水峠(北海道)9月30日・2
     倶知安峠(北海道)10月1日・4
     美利河峠(北海道)10月2日・5
     福島峠(北海道)10月3日・2
     傘松峠(青森)10月4日・9
     滝ノ沢峠(青森)10月4日・3
     十部一峠(山形)10月8日・5
     大越(山形)10月9日・4
     人面峠(新潟)10月15日・4
1591、榎峠(新潟)10月15日
1592、桑探峠(新潟)10月15日
     石峠(新潟)10月15日・4
     八箇峠(新潟)10月17日・3
     三国峠(新潟・群馬)10月17日・12
     十二峠(新潟)10月17日・3
     豊原峠(新潟)10月18日・2
1593、芝峠(新潟)10月18日
     山中峠(新潟)10月18日・2
     栃窪峠(新潟)10月18日・2
1594、儀明峠(新潟)10月23日
1595、富倉峠(長野)10月24日
     大門峠(長野)10月26日・7
     登龍峠(東京)10月30日・3
     乙女峠(神奈川・静岡)11月3日・6
1596、道坂峠(山梨)11月10日
     箱根峠(神奈川・静岡)11月15日・19

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(62)

2009年4月24日(大三島→大島・その5)

 大島北部の中心地、宮窪からは大島一周道路の県道49号で東海岸の友浦へ。ここには友浦港があって今治への船が出ている。

 友浦の集落には5ヵ所の札所が集中している。
 第16番の蜜乗庵(観音寺)を皮切りに第17番の大慈庵(井戸寺)、第18番の利生庵(恩山寺)、第19番の善福寺(立江寺)、第20番の鶴林庵(鶴林庵)とめぐった。

 善福寺には国指定の重要文化財の宝きょう印塔がある。鶴林庵の大蘇鉄は目に残る。

 こうして「島四国」の札所をめぐっていると、「本四国」の札所が鮮やかに蘇ってくる。「四国八十八ヵ所めぐり」をしたことのない人たちにとっては、これらの札所を通して、「本四国」に想いを馳せるのだろう。そしていつの日か、「本四国」の札所めぐりをしようといった夢をはぐくむのだろう。

shikoku2009-61-2183
第16番の蜜乗庵に到着

shikoku2009-61-2184
蜜乗庵からの眺め

shikoku2009-61-2185
蜜乗庵

shikoku2009-61-2187
友浦の集落の石垣

shikoku2009-61-2188
第17番の大慈庵

shikoku2009-61-2189
友浦港

shikoku2009-61-2190
第18番の利生庵

shikoku2009-61-2193
第19番の善福寺

shikoku2009-61-2195
これが善福寺の宝きょう印塔

shikoku2009-61-2196
第20番の鶴林庵

shikoku2009-61-2198
鶴林庵の大蘇鉄

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(61)

2009年4月24日(大三島→大島・その4)

「大島八十八ヵ所めぐり」第6番医王庵から第10番證明寺までの宮窪周辺の札所をめぐり、宮窪の町中に入っていく。

 やっと人が通れるくらいの細道を走り、第11番の潮音堂(藤井寺)へ。このような路地裏まで入っていけるのがアドレスの魅力。地元のみなさんにもいやな顔もされず、「こんにちは」と声をかけると、笑顔で挨拶をかえしてくれる。潮音堂では年配の女性が1人、お参りしていた。

 つづいて第12番の宝珠庵(焼山寺)、第13番の常住庵(大日寺)、第14番の千光寺(常楽寺)とめぐる。ここまでが宮窪の札所になる。

 大島北部の中心地、宮窪を離れ、「村上水軍博物館」の前を通り、第15番の三光庵(阿波国分寺)へ。第15番はここだけポツンと離れている。

shikoku2009-61-2168
宮窪の町中に入っていく

shikoku2009-61-2171
第11番の潮音堂

shikoku2009-61-2170
潮音堂をお参りする人

shikoku2009-61-2172
宮窪の巡礼道を行く

shikoku2009-61-2173
第12番の宝珠院

shikoku2009-61-2174
第13番の常住庵に到着

shikoku2009-61-2175
常住庵

shikoku2009-61-2177
第14番の千光寺へ

shikoku2009-61-2178
千光寺

shikoku2009-61-2179
第15番三光庵への石段

shikoku2009-61-2180
shikoku2009-61-2182
三光庵

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

四国八十八ヵ所めぐり(60)

2009年4月24日(大三島→大島・その3)

「大島八十八ヵ所」の1番から3番までまわったあと、早川港から大島一周の県道49号で宮窪に向かっていく。

 他所国(よそくに)の漁港近くにある第4番の無量寿庵(大日寺)と第5番の寿気庵(地蔵寺)を参拝。無量寿庵からは大島石の石切場が見えた。

 しまなみ海道の大島大橋の下をくぐり抜け、宮窪瀬戸を左に見ながら宮窪へ。
 宮窪の周辺には第6番から第14番までの札所が集中している。

 第6番の医王庵(安楽寺)には長い石段を登っていく。上からは宮窪の町並みが一望できる。第7番の付属庵(十楽寺)は探すのに苦労した。第8番の海南寺(熊谷寺)は住職のいる寺。山門もある。

 第9番は大聖庵(法輪寺)。山中にあり、岩壁には不動明王像が彫り刻まれている。第10番は證明寺(切幡寺)。ここは村上水軍の能島村上家の菩提寺だったところで、「三島水軍総帥 能島村上家菩提寺跡」の碑が建っていた。

shikoku2009-60-2148
第4番の無量寿庵

shikoku2009-60-2149
無量寿庵からの眺め

shikoku2009-60-2150
第5番の寿気庵へ

shikoku2009-60-2151
寿気庵からの眺め

shikoku2009-60-2152
寿気庵

shikoku2009-60-2153
第6番の医王庵

shikoku2009-60-2154
2154、医王庵から宮窪の町並みを見下ろす

shikoku2009-60-2156
第7番の付属庵

shikoku2009-60-2159
shikoku2009-60-2160
第8番の海南寺

shikoku2009-60-2162
第9番の大聖庵の石段

shikoku2009-60-2163
大聖庵

shikoku2009-60-2164
大聖庵の不動明王像

shikoku2009-60-2165
第10番の證明寺

shikoku2009-60-2166
能島村上家菩提寺跡碑

shikoku2009-60-2167
證明寺の案内板

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

賀曽利隆の温泉めぐり(2008年)

2008年は1年間で228湯の温泉に入ったが、この1年間の温泉は「300日3000湯」に上積みした。3000湯温泉めぐりで入れなかった温泉を足していった。その結果、全部で3138湯になった。これで3000湯めぐり終了。
2009年はまた以前の1721湯に戻して日本の全湯制覇を目指すことにする。

(2008年)
2月4日          別所温泉(神奈川)   「元湯旅館」(800円)
2月6日          七沢温泉(神奈川)   「七沢荘」(1000円)
2月9日   3096湯目 音戸温泉(広島)    「音戸温泉」(400円)
2月22日  3097湯目 山梨ちどり温泉(山梨) 「山梨し老人健康センター」(500円)
       3098湯目 春日居温泉(山梨)   「かすがい山ゆりの湯」(500円)
       3099湯目 日の出温泉(山梨)   「旅館日の出温泉」(500円)
2月23日  3100湯目 赤松の湯温泉(山梨)  「ぷくぷくの湯」(600円)
       3101湯目 ももの里温泉(山梨)  「ももの里温泉」(600円)
3月11日~12日     長万部温泉(北海道)  「長万部温泉ホテル」(1泊2食6500円)
3月12日~13日     豊平峡温泉(北海道)  「豊平峡温泉」
4月12日~13日     畔地温泉(新潟)    「旅館こいし」(1泊2食10000円)
4月16日         高遠温泉(長野)    「さくらの湯」(500円)
              上諏訪温泉(長野)   「片倉館」(500円)
              下諏訪温泉(長野)   「旦過の湯」(220円)
4月21日  3102湯目 大谷田温泉(東京)   「明神の湯」(900円)
4月23日  3103湯目 御谷湯温泉(東京)   「みこくゆ」(430円)
4月28日  3104湯目 上野池ノ端温泉(東京) 「水月ホテル鴎外荘」(1150円)
5月14日         別所温泉(神奈川)   「元湯旅館」(800円)
              七沢温泉(神奈川)   「七沢荘」(1000円)
5月19日  3105湯目 東京楽天地温泉(東京) 「楽天地」(1000円)
5月20日         津南駅前温泉(新潟)  「リバーサイド津南」(500円)
              結束温泉(新潟)    「萌木の里」(500円)
              切明温泉(長野)    「雄川閣」
              和山温泉(長野)    「仁成館」(500円)
              屋敷温泉(長野)    「秀清館」(500円)
              小赤沢温泉(長野)   「楽養館」(300円)
6月13日         谷中温泉(福島)    「谷中の湯」(500円)
7月15日         門前温泉(栃木)    「もみじの湯」(無料湯)
              元湯温泉(栃木)    「大出館」
              新湯温泉(栃木)    「湯荘白樺」
              福渡温泉(栃木)    「ホテル松屋」
              大網温泉(栃木)    「湯守田中屋」
7月29日         三陸山田温泉(岩手)  「浜の湯」(500円)
       3106湯目 光山温泉(岩手)    「岳泉荘」(450円)
              宮古湾温泉(岩手)   「マース」(600円)
       3107湯目 小田代温泉(岩手)   「小田代山荘」(300円)
              小本温泉(岩手)    「黄金八大龍王の湯(600円)
8月11日~12日     上野温泉(新潟)    「名月荘」(1泊2食6500円)
8月12日         滝沢温泉(福島)    「民宿松の湯」(100円)
              大塩温泉(福島)     共同浴場(200円)
              湯倉温泉(福島)     共同浴場(100円)
              昭和温泉(福島)    「しらかば荘」(500円)
              八町温泉(福島)     共同浴場(200円)
              玉梨温泉(福島)     共同浴場(200円)
              小栗山温泉(福島)   「民宿文伍」(300円)
              早戸温泉(福島)    「つるの湯」(500円)
              宮下温泉(福島)    「桐の湯」(420円)
              西山温泉(福島)    「せいざん荘」(300円)
              柳津温泉(福島)    「つきみが丘町民センター」(300円)
8月12日~13日     津尻温泉(福島)    「滝の湯」(1泊2食6500円)
8月13日         まほろば温泉(新潟)  「まほろば」(500円)
       3108湯目 勝木ゆりばな温泉(新潟)「ゆり花会館」(350円)
              温海温泉(山形)    「正面湯」(200円)
              立岩海底温泉(山形)  「遊楽」(400円)
              新庄温泉(山形)    「あぶら山旅館」(400円)
8月13日~14日     おもだか温泉(山形)  「旅館鈴の湯」(1泊2食6500円)
8月14日         小野川温泉(山形)   「尼湯」(200円)
              白布温泉(山形)    「西屋旅館」(500円)
       3109湯目 志田浜温泉(福島)   「レークサイド磐光」(500円)
       3110湯目 白石温泉(宮城)    「薬師の湯」(500円)
              青根温泉(宮城)    「じゃっぽの湯」(300円)
8月14日~15日     東鳴子温泉(宮城)   「初音旅館」(1泊2食7000円)
8月15日         女川温泉(宮城)    「ゆぽっぽ}(500円)
       3111湯目 松原温泉(宮城)    「松原荘」
       3112湯目 前森温泉(山形)    「清流」(300円)
              瀬見温泉(山形)     共同浴場(100円)
       3113湯目 八百坊温泉(山形)   「八百坊」
8月15日~16日 3114湯目 飯田温泉(山形) 「飯田温泉」(1泊2食8000円)
8月16日  3115湯目 龍王温泉(山形)    「龍王温泉荘」(300円)
              上山温泉(山形)    「下大湯公衆浴場」
              葉山温泉(山形)    「葉山公衆浴場」
       3116湯目 中山温泉(山形)    「中山温泉」(350円)
              赤湯温泉(山形)    「あずま湯」(100円)
              まほろば温泉(山形)  「温もりの湯」(300円)
              高畠駅温泉(山形)   「太陽館」(300円)
              滑川温泉(山形)    「福島屋旅館」(500円)
              姥湯温泉(山形)    「舛形屋旅館」(500円)
       3117湯目 天使の湯温泉(宮城)  「天使ランド」(500円)
              小原温泉(宮城)    「かつらの湯」(200円)
8月16日~17日 3118湯目 神次郎温泉(宮城)「大元館」(1泊朝食5000円)
              わたり温泉(宮城)   「鳥の海」(800円)
              二口温泉(宮城)    「磐司山荘」
8月17日~18日     神ヶ根温泉(宮城)   「かんかね温泉」
8月18日  3119湯目 権現森温泉(宮城)   「権現森温泉」(500円)
       3120湯目 道珍坊温泉(宮城)   「道珍坊温泉」(500円)
8月26日~27日 3121湯目 金勝寺温泉(福島)「金勝寺温泉」(1泊2食5500円)
8月27日  3122湯目 矢びつ温泉(岩手)   「瑞泉荘」(700円)
              厳美渓温泉(岩手)   「渓泉閣」(600円)
       3123湯目 宝竜温泉(岩手)    「かんぽの宿 一関」(600円)
3124湯目 大沢温泉(岩手)    「大沢温泉旅館」(350円)
       3125湯目 胆沢川温泉(岩手)   「さくらの湯」(500円)
              胆沢温泉(岩手)    「すぱおあご」
8月27日~28日     永岡温泉(岩手)    「夢の湯」
8月28日         焼走り温泉(岩手)   「焼走りの湯」(500円)
              松川温泉(岩手)    「松楓荘」(500円)
              松川温泉(岩手)    「松川荘」(500円)
              松川温泉(岩手)    「峡雲荘」(500円)
              藤七温泉(岩手)    「彩雲荘」(600円)
              蒸ノ湯温泉(秋田)   「蒸ノ湯温泉」(500円)
              大深温泉(秋田)    「大深温泉」(450円)
              後生掛温泉(秋田)   「後生掛温泉」(400円)
              大沼温泉(秋田)    「大沼温泉」(400円)
8月28日~29日     五宮温泉(秋田)    「五宮温泉」(素泊まり4300円)
8月29日         大湯温泉(秋田)    「いずみの湯」(250円)
       3126湯目 十和田湖畔温泉(青森) 「賑山亭」(500円) 
       3127湯目 蔦温泉(青森)     「蔦温泉」(500円)
       3128湯目 猿倉温泉(青森)    「猿倉温泉」(500円)
              酸ヶ湯温泉(青森)   「酸ヶ湯温泉」(600円)
              雲谷温泉(青森)    「雲谷温泉」(350円) 
              横内温泉(青森)    「かっぱの湯」(390円)
8月30日         白神温泉(青森)    「静観荘」(300円)
8月30日~31日     相野々温泉(秋田)   「鶴ヶ池荘」(1泊朝食6650円)
8月31日         大森山麓温泉(秋田)  「ジュネス休養センター」(300円) 
              ジュネス温泉(秋田)  「ホテルブラン」(300円)
              なるせ温泉(秋田)   「東仙歩」(400円)
              須川高原温泉(岩手)  「大日湯」(500円)
              秋田須川温泉(秋田)  「栗駒山荘」(600円)
              大湯温泉(秋田)    「阿部旅館」(400円)
              小安峡温泉(秋田)   「山神の湯」(200円)
              湯ノ原温泉(秋田)   「湯ノ原温泉」(320円)
              湯沢温泉(秋田)    「サンパレスみたけ」(400円)
8月31日~9月1日    茂庭温泉(宮城)    「茂庭荘」(1泊2食8500円)
9月1日          遠刈田温泉(宮城)   「神の湯」(300円)
              蔵王開拓温泉(宮城)  「蔵王開拓温泉」(1000円)
9月1日~2日       飯田温泉(山形)    「飯田温泉」(1泊2食8000円)
9月2日          飯坂温泉(福島)    「鯖湖湯」(200円)
              飯坂温泉(福島)    「八幡温泉」(200円)
              飯坂温泉(福島)    「大門の湯」(200円)
              飯坂温泉(福島)    「切湯」(200円)
              飯坂温泉(福島)    「仙気の湯」(200円)
              飯坂温泉(福島)    「導専の湯」(200円)
              飯坂温泉(福島)    「十綱の湯」(200円)
9月10日         上山温泉(山形)    「下大湯」(100円)
              蔵王温泉(山形)    「下湯共同浴場」(200円)
              蔵王温泉(山形)    「上湯共同浴場」(200円)
              遠刈田温泉(宮城)   「神の湯」(300円)
              蔵王開拓温泉(宮城)  「蔵王開拓温泉」(1000円)
       3129湯目 白石温泉(宮城)    「薬師の湯」(500円)
9月11日         土湯温泉(福島)    「中ノ湯」(200円)
              不動湯温泉(福島)   「不動湯温泉」(500円)
              野地温泉(福島)    「野地温泉ホテル」(800円)
              新野地温泉(福島)   「相模屋旅館」(500円)
              赤湯温泉(福島)    「好山荘」(500円)
              鷲倉温泉(福島)    「鷲倉温泉」(500円)
              幕川温泉(福島)    「水戸屋旅館」(500円)
              横向温泉(福島)    「ホテルマウント磐梯」(600円)
              沼尻温泉(福島)    「田村屋旅館」(800円)
              中ノ沢温泉(福島)   「花見屋」(500円)
9月15日~16日     上野温泉(新潟)    「名月荘」(1泊2食6620円)
       3130湯目 銀山平温泉(新潟)   「白銀の湯」(650円)
              尾瀬檜枝岐温泉(福島) 「駒の湯」(500円)
              小豆温泉(福島)    「窓明の湯」(850円)
              古町温泉(福島)    「赤岩荘」(600円)
              山口温泉(福島)    「きらら289」(500円)
              宮床温泉(福島)    「宮床温泉」(500円)
              深沢温泉(福島)    「むら湯」(600円)
              玉梨温泉(福島)    「せせらぎ荘」(250円)
9月22日  3131湯目 あぶくま温泉(福島)  「スパリゾートあぶくま」(1570円)
              新甲子温泉(福島)   「ちゃっぽランド西郷」(600円)
              甲子温泉(福島)    「大黒屋」(630円)   

(10月1日~12月27日 60代編日本一周)
10月2日         熱川温泉(静岡)    「高磯の湯」(700円)
10月2日~3日      松崎温泉(静岡)    「伊豆まつざき荘」(1泊2食10525円)
10月4日~5日      下湯温泉(奈良)    「ホテル山水」(1泊2食10000円)
10月6日~7日      佐賀温泉(高知)    「ニュー佐賀温泉」(1泊2食7800円)
10月8日         道後温泉(愛媛)    「道後温泉本館」(400円)
       3132湯目 庵治温泉(香川)    「庵治観光ホテル」(800円)
              大串温泉(香川)    「グリーンヒル大串」(600円)
10月13日        小浜温泉(長崎)    「浜の湯」(150円)
10月15日        日奈久温泉(熊本)   「松の湯」(150円)
              御立岬温泉(熊本)   「温泉センター」(500円)
10月15日~16日    出水温泉(鹿児島)   「薩摩つる乃湯温泉」(1泊2食6000円)
10月16日        指宿温泉(鹿児島)   「元湯温泉」(200円)
10月17日        古里温泉(鹿児島)   「ふるさと観光ホテル」(1050円)
10月27日 3133湯目 中乃湯温泉(沖縄)   「中乃湯」(350円)
10月30日~31日
       3134湯目 ダグリ岬温泉(鹿児島) 「国民宿舎ボルベリアダグリ」(1泊2食 7500円)
11月2日  3135湯目 高崎山温泉(大分)   「おさるの湯」(300円)
11月4日         日吉津温泉(鳥取)   「うなばら荘」(450円)
11月4日~5日      鹿野温泉(鳥取)    「国民宿舎山紫荘」(1泊朝食5900円)
11月5日         城崎温泉(兵庫)    「さとの湯」(800円)
11月5日~6日      伊根温泉(京都)    「桜泉閣」(1泊朝食8400円)
11月7日         芦原温泉(福井)    「セントピアあわら」(500円)
              野々市温泉(石川)   「美人の湯」(420円)
              珠洲温泉(石川)    「宝湯」(420円)
11月9日  3136湯目 神通峡岩稲温泉(富山) 「楽今日館」(600円)
11月9日~11月10日  秋和温泉(長野)    「秋和鉱泉旅館」
11月10日        霊泉寺温泉(長野)   「共同浴場」(200円)
              音無の湯温泉(長野)  「音無の湯」(700円)
       3137湯目 須走温泉(静岡)    「天恵の湯」(900円)
       3138湯目 富嶽温泉(静岡)    「花の湯」(800円)
11月22日~23日    勝浦温泉(千葉)    「勝浦つるんつるん温泉」(1泊朝食7000円)
11月23日        五浦温泉(茨城)    「天心の湯」(500円)
11月25日~26日    宮古湾温泉(岩手)   「マース」(1泊朝食7100円)
11月26日        三陸温泉(青森)    「三陸温泉」(250円)
11月26日~27日    斗南温泉(青森)    「むつグランドホテル」(1泊朝食7500円)
11月27日        大間温泉(青森)    「海峡保養センター」(370円)
              よごしやま温泉(青森) 「いきいき健康館」(490円)
11月28日        谷地頭温泉(北海道)  「谷地頭温泉」(420円)
              鹿部温泉(北海道)   「亀乃湯」(290円)
11月28日~29日    長万部温泉(北海道)  「丸金旅館」(1泊2食8000円)
11月29日        伊達温泉(北海道)   「伊達温泉」(420円)
              虎杖浜温泉(北海道)  「アヨロ温泉旅館」(300円)
              なごみの湯温泉(北海道)「なごみの湯」(850円)
11月30日        三石昆布温泉(北海道) 「歳三」(420円)
              帯広温泉(北海道)   「ホテルボストン」(500円)
12月2日         びほろ後楽園温泉(北海道)「びほろ後楽園」(370円)
12月3日         オホーツク温泉(北海道)「ホテル日の出岬」(500円)
12月4日         稚内温泉(北海道)   「港の湯」(700円)
12月5日         利尻富士温泉(北海道) 「利尻富士温泉」(500円)
12月6日         さるふつ温泉(北海道) 「さるふつ温泉」(500円)
12月8日         稚内温泉(北海道)   「童夢」(600円)
12月8日~9日      はぼろ温泉(北海道)  「サンセットプラザはぼろ」(1泊朝食8500円)
12月10日        盃温泉(北海道)    「国民宿舎もいわ荘」(500円)
12月11日        さんない温泉(青森)  「さんない温泉」(390円)
12月12日        龍飛崎温泉(青森)   「ホテル竜飛」(500円)
12月13日~14日    八森いさりび温泉(秋田)「ハタハタ館」(1泊朝食7000円)
12月14日        天王温泉(秋田)    「くらら」(400円)
12月15日        松山温泉(山形)    「観音湯」(450円)
12月16日  勝木ゆり花温泉(新潟) 「ゆり花会館」(350円)
12月18日        はたの温泉(新潟)   「松泉閣」(500円)
12月18日        上野温泉(新潟)    「名月荘」(500円)
12月18日~19日    野積温泉(新潟)    「民宿源助」
12月19日~20日    秋和温泉(新潟)    「秋和鉱泉旅館」
12月22日        霊泉寺温泉(長野)   「共同浴場」(200円)
              高崎中尾温泉(群馬)  「天神の湯」(630円)
12月23日        地蔵温泉(群馬)    「ゆに~いく」(700円)
12月24日        日光湯元温泉(栃木)  「湯の家」(500円)
12月25日        大洗温泉(茨城)    「潮騒の湯」(600円)
12月26日        鶴巻温泉(神奈川)   「弘法の里湯」(800円)

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

2009年まで更新:賀曽利隆の旅の記録(距離編)

1968年~69年 日本 0キロ  世界 85000キロ 合計 85000キロ
1971年~72年 日本 0キロ  世界100000キロ 合計100000キロ
1973年~74年 日本 0キロ  世界130000キロ 合計130000キロ
1978年     日本20000キロ          合計 20000キロ

1980年     日本 5393キロ 世界 1000キロ 合計 6393キロ
1981年     日本 6890キロ 世界  500キロ 合計 7390キロ
1982年     日本 5488キロ 世界 5000キロ 合計10488キロ
1983年     日本 5128キロ 世界    0キロ 合計 5128キロ
1984年     日本 6262キロ 世界13607キロ 合計19869キロ
1985年     日本 5240キロ 世界29795キロ 合計35035キロ
1986年     日本 6818キロ 世界    0キロ 合計 6818キロ
1987年     日本 8509キロ 世界 8523キロ 合計17032キロ
1988年     日本 9758キロ 世界13981キロ 合計23739キロ
1989年     日本29941キロ 世界    0キロ 合計29941キロ
1990年     日本 7149キロ 世界24791キロ 合計31940キロ
1991年     日本27390キロ 世界 4091キロ 合計31481キロ
1992年     日本21737キロ 世界 1025キロ 合計22762キロ
1993年     日本22375キロ 世界12644キロ 合計35019キロ
1994年     日本19203キロ 世界 3001キロ 合計22204キロ
1995年     日本28210キロ 世界 1555キロ 合計29765キロ
1996年     日本15777キロ 世界72194キロ 合計87971キロ
1997年     日本26659キロ 世界 2718キロ 合計29377キロ
1998年     日本23529キロ 世界    0キロ 合計23529キロ
1999年     日本52910キロ 世界 2518キロ 合計55428キロ
2000年     日本27106キロ 世界 4613キロ 合計31719キロ
2001年     日本31671キロ 世界 3673キロ 合計35344キロ
2002年     日本26394キロ 世界15970キロ 合計42364キロ
2003年     日本33416キロ 世界 8923キロ 合計42339キロ
2004年     日本23400キロ 世界13317キロ 合計36717キロ
2005年     日本30053キロ 世界 2974キロ 合計33027キロ
2006年     日本21084キロ 世界13171キロ 合計34255キロ
2007年     日本53561キロ 世界 5957キロ 合計59518キロ
2008年     日本29381キロ 世界 6617キロ 合計35998キロ
2009年     日本34715キロ 世界 9253キロ 合計43968キロ


1968年~2009年(42年間)
日本65万8604キロ 世界59万6411キロ 合計125万5015キロ

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード