著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

台湾往復縦断2011(44)

 国道14号の太魯閣国家公園(ナショナルパーク)の展望台を出発。台鈴の125ccスクーター、TEKKEN(鉄拳)のアクセルを開き、山岳道路をさらに登っていく。

 驚かされてしまうのはTEKKENのエンジンのパワフルさだ。

 125ccにもかかわらず、3000メートルを超える高地をまったく問題にすることなく走りつづける。高度障害を受けることもなく、パワーダウンすることもなく、エンジンがブスブスいうこともない。すごいぞ、TEKKEN!

 高度を上げるにつれ、TEKKENで切る風はぐっと冷たさを増す。

 そしてついに武嶺(ウーリン)に到達。「嶺」は「峠」を意味するので、日本風にいえば「武峠」になる。

 武嶺の標高は3275メートル。台湾の国道の峠としては最高所になる。

 日本の国道では国道292号の群馬・長野県境の渋峠が最高所の峠。標高2172メートル。武嶺はそれよりも1000メートル以上も高い(なお日本の自動車道の峠としては標高2360メートルの川上牧丘林道の大弛峠が最高所峠になっている)。

 日本では1600余峠を越え、チベットでは5000メートル級の11峠を越え、南米アンデスでは4000メートル級の23峠を越えた「峠のカソリ」、台湾の国道最高所の峠、武嶺に立ってもう嬉しくてしかたない。

「やったね~!」
 と叫んでやった。

taiwanjyuudan2011-044-8203
峠まであともう一息!

taiwanjyuudan2011-044-8204
ズラズラッと並んだ中央山脈の3000メートル峰

taiwanjyuudan2011-044-8208
台湾の国道最高所峠、武嶺に到達!

taiwanjyuudan2011-044-8205
標高3275メートルの武嶺

taiwanjyuudan2011-044-8216
武嶺駐車場の岩山

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復横断2011(43)

 清境を出発。山岳路の国道14号を北へ。中央山脈の高峰群を右手に見ながら、台鈴の125㏄スクーター、TEKKEN(鉄拳)を走らせる。

 それにしてもすごい眺めだ。山々はそそり立ち、見下ろす谷は恐ろしくなるほど深い。 路肩を踏外したら、それこそ谷底まで何百メートルも落下してしまう。高原野菜を満載にしたトラックとすれ違うたびに冷っとした。

 山々のはるか上の方まで集落や耕地が見られるが、それは信州の伊那谷や四国の祖谷渓を思わせるような風景だ。

 中央山脈の高峰群を間近にする展望台でTEKKENを停める。そこには太魯閣国家公園(ナショナルパーク)の碑が建っている。

 展望台の標高は3090メートル。目の前には中央山脈の合歓東峰(3421m)、屏風山(3250m)、奇莱北峰(3607m)、奇莱南峰(3358m)…の高峰群が連なっている。それら3000メートル峰は台湾の最高峰、玉山(3952m)へとつづいている。

taiwanjyuudan2011-043-8183
山の斜面には家々が建ち、ビニールハウスの畑が見られる

taiwanjyuudan2011-043-0920
TEKKENを停めて中央山脈を眺める

taiwanjyuudan2011-043-8190
太魯閣国家公園の碑

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

カソリのミニ旅(21)

2010年5月8日(土)晴 小出→奥会津

 午前4時、伊勢原の自宅を出発。今日はバイクではなく車だ。ライダーのカソリ、車に乗ることもある。東名→環8→関越と走り、7時30分、小出IC着。

 関越道の小出ICというのは東北への入口にもなっている。小出周辺をまわったあと国道252号で福島との県境の六十里越に向かっていく。その途中では古い家並みの残る栃尾の町を歩いた。

 国道252号に戻り、県境の六十里越のトンネルを抜けると、季節がいっぺんに変わる。まだ「春遠い」といった感じの雪景色。六十里越を下った只見では、やっと「春が来た」といったところで、東京よりも1ヵ月以上も遅い桜が咲いていた。

 只見川沿いに走り、会津川口で国道400号に入っていく。玉梨温泉「せせらぎ荘」の湯に入り、湯から上がると食堂で昼食。「姫ます定食」(1000円)を食べた。

 そのまま国道400号を走り、国道沿いの「からむし織の里」を見学し、舟鼻峠を越え、南会津の田島に下った。

 田島からは国道121号で山王峠を越えて栃木県に入り、今市へ。
 今市からは日光宇都宮道路→東北道→首都高→東名と走り、22時、伊勢原に到着。

 1日で700キロ走ったが、車だと感動が薄いとでもいおうか、おもしろくないのだ。やっぱりバイクでないと…。

 来週からは「林道日本一周2010」を開始する。バイクはスズキDR-Z400S。「林道日本一周」を達成させるのと同時に、DRでの10万キロ走破も達成させようと考えている。

 5月12日に東京・日本橋を出発する予定だ。

minitabi2010-21-7058
小出から見る越後三山の八海山

minitabi2010-21-7065
小出を流れる魚野川

minitabi2010-21-7082
栃尾周辺の棚田

minitabi2010-21-7088
田子倉ダム

minitabi2010-21-7100
只見駅前の桜

minitabi2010-21-7109
「せせらぎ荘」の湯

minitabi2010-21-7113
「せせらぎ荘」の「姫ます定食」

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

カソリのミニ旅(20)

2010年5月5日(水)晴 大磯(2)

「相模国府祭」を見たあと、JR東海道線の大磯駅前を出発し、城山公園に寄ったあと高麗山に行く。高久神社(もともとは神仏混淆の高麗寺)の脇から山道を登っていった。

 この高麗山は東海道沿いでは唯一といっていい照葉樹の自然林が残っている山。スダジイやタブなどの照葉樹が全山を覆いつくしている。かなりの急坂を上って山頂へ。東海道線の列車の音や国道1号の車の音が山の斜面を這い上がってくるかのように聞こえる。海風が心地よい。

 30分ほどで標高160メートルの高麗山の山頂に到着。

 大磯のこの一帯は「高麗」と呼ばれているが、それは唐、新羅に滅ぼされた高句麗に由来している。高句麗の王子、若光は一族をひきつれて海を渡り、大磯の地に上陸。高麗山の麓に住んだという。

 高麗山の山頂からはさらに尾根道を歩き、八俵山、浅間山を通って湘南平まで歩いた。そこにはテレビ塔。レストハウスで「ラーメンライス」(750円)を食べたが、1時間ほど山道を歩いて腹ペコだったので、
「クワー、たまらん!」
 と声が出るほどうまかった。

 湘南平から来た道を戻り、高麗山から高久神社へ。

 夕暮れの高久神社から伊勢原の自宅に戻ったが、「相模の六社めぐり」をし、「相模国府祭」を見、「城山公園」の新緑、展望を楽しみ、「高麗山→湘南平」の山道歩きをし、存分に楽しんだ日帰りツーリングだったが、全行程はわずか64キロ。中身の濃い64キロだった。

minitabi2010-20-6936
JR東海道線の大磯駅前を出発

minitabi2010-20-6941
高麗山の麓の高久神社

minitabi2010-20-6972
浅間山の山頂

minitabi2010-20-6989
湘南平のテレビ塔

minitabi2010-20-6986
湘南平の「ラーメンライス」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

カソリのミニ旅(19)

2010年5月5日(水)晴 大磯(1)

 午前9時、伊勢原の我が家を出発。スズキDR-Z400Sを走らせ、「相模国府祭(さがみこうのまち)」を見に大磯に行く。

「相模国府祭」というのは毎年5月5日、相模国一の宮の寒川神社、二の宮の川匂神社、三の宮の比々多神社、四の宮の前鳥神社と平塚八幡宮、それと総社の六社神社が大磯の祭場に集まり、国家安泰、五穀豊穣、各地の産業の発展を祈願する祭りで、1000年以上もつづく古式だ。

 その前に我が家に一番近い比々多神社を皮切りに、それらの「六社めぐり」をした。

 比々多神社(伊勢原市)→寒川神社(寒川町)→前鳥神社(平塚市)→平塚八幡宮→川匂神社(二宮町)→六所神社(大磯町)という順に6社をめぐり、「国府祭」の神揃山祭場へ。そこには6社の「神体石」がまつられている。6社が祭壇を設け、大勢の人たちが参拝していく。

 神揃山の下の馬場公園はまさに祭りのにぎわい。数多くの屋台が出、広場では6社がそれぞれに太鼓を打ち鳴らしている。ここは大矢場祭場で、国司祭がおこなわれる。

「国府祭」がおこなわれるこの一帯は古代相模国の国府跡。相模国の中心だった。

minitabi2010-19-6425
寒川神社

minitabi2010-19-6900
神揃山の「神体石」

minitabi2010-19-6896
祭壇の供物

minitabi2010-19-6891
神揃山を行く各社の一行

minitabi2010-19-6874
馬場公園では各社が太鼓を打ち鳴らす

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

カソリのミニ旅(18)

2010年5月4日(火)晴 塔ノ岳

 伊勢原の我が家で昼食を食べ、12時30分出発。丹沢の名峰、塔ノ岳に登るのだ。

 スズキDR-Z400Sを走らせ、国道246号で渋沢へ。そこから登山口の大倉へ。ここまで15キロ。13時の到着。戸川公園の駐車場(バイクは無料)にDRを停める。「さー、行くぞ!」と喜び勇んで大蔵尾根を登っていく。塔ノ岳までは際限のない登りがつづく。

「見晴茶屋」を過ぎると、登りは急になる。

 14時10分、一本松着。ここで小休止。チョコレートを食べる。山頂まではあと4キロ。さらに駒止茶屋、堀山の家と通過し、15時30分、花立山荘着。ここでは餅入りの「おしるこ」(400円)を食べたが、もうかなり疲れているので、「おしるこ」の甘味が体にしみた。

 花立山荘からは最後の登り。塔ノ岳が目の前に見えてきてからの登りのきついこときついこと。標高1491メートルの塔ノ岳山頂に立ったときは、思わず「万歳!」をしたくなるような気分だ。

 大倉から塔ノ岳までは7キロ。3時間15分の登り。

 塔ノ岳山頂からの風景を存分に眺め、16時30分出発。同じ大倉尾根を下っていく。大倉に到着したのは18時20分。下りは1時間50分だった。

 疲れきった体でDRに乗り、我が家へ。すぐさま風呂に入り、湯につかる。湯上がりのビールがうまかった!

minitabi2010-18-6787
急な登りになる

minitabi2010-18-6795
西丹沢の山々を眺める

minitabi2010-18-6804
重い荷物を背負ってボッカが登っていく

minitabi2010-18-6812
木道を歩く

minitabi2010-18-6816
塔ノ岳山頂の尊仏山荘

minitabi2010-18-6819
塔ノ岳山頂からの眺め

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

カソリのミニ旅(17)

2010年5月3日(月)晴 聖峰→浅間山(その2)

 高取山からは念仏山へ。
 この山頂では戦前まで、秦野側の旧名古木(なかぬき)村の村人たちが中心になって、「念仏講」がおこなわれていたという。山頂で唱える「南無阿弥陀仏」の念仏が、山麓まで聞こえたという。

 念仏山からは善波峠に向かって下っていく。
 かなり長い、急な下り坂。峠道を歩くときは登りつめたところが峠になるが、尾根道を歩くときは下りきったところが峠になる。

 善波峠に着くと、国道246号の轟音が山肌を這い登って聞こえてくる。峠には石仏がまつられ、「御夜燈」が残されている。峠を越える旅人の安全を願って、「峠の茶屋」の主人が燃やしつづけたもの。菜種油を灯したもので、明治末までつづいたという。

 善波峠から弘法山へ。道がぐっと良くなり、道幅も広くなる。

 16時45分、弘法山に到着。山頂にはかつては茶店があったが、今はない。弘法大師像をまつる大師堂を参拝し、「乳井戸」の水を飲む。この井戸水でつくった粥を食べると、乳飲み子を持つ母親の乳の出が良くなるというので、その名がある。

 弘法山から権現山へ。このあたりは桜の名所として知られている観光地だが、つい1ヵ月ほど前は満開の桜の下で大勢の人たちが花見の宴を催していた。そんな華やいだシーンが目に浮かんでくる。

 権現山の山頂は千畳敷と呼ばれるほど広く、開けている。山頂の展望台に登り、秦野盆地を見下ろす。その向こうに富士山を見る。胸にジーンとくる目に残る光景だ。

 権現山から浅間山へ。
 浅間山を最後に、秦野の市街地に向かって下っていく。もかなり急な下り坂。下りきったところには焼肉店があった。焼肉&生ビールの誘惑にかられたが、それを振り切って金目川を渡り、秦野の中心街に入っていく。

 丹沢から流れてくる水無川を渡り、秦野駅へ。

 小田急線の電車に乗り、鶴巻温泉駅で下車。駅前の「弘法の里湯」に入る。湯から上がると、気持ちいい夕風に吹かれながら、伊勢原の我が家までプラプラ歩く。

 聖峰から高取山、弘法山、浅間山へとつづく山並みが、暮色につつまれている。その右手には伊勢原のシンボルの大山がそびえたっていた。

minitabi2010-17-6650
高取山の山頂

minitabi2010-17-6653
念仏山への山道

minitabi2010-17-6659
念仏山の石仏

minitabi2010-17-6662
鹿、猪除けのゲート

minitabi2010-17-6667
善波峠の旧道

minitabi2010-17-6709
権現山から見る富士山

minitabi2010-17-6729
秦野の焼肉店

minitabi2010-17-6734
秦野盆地を流れる水無川

minitabi2010-17-6742
夕暮れの伊勢原の山々

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

カソリのミニ旅(15)

2010年5月2日(日)晴 吉祥寺

 我が家で昼食を食べ、13時、伊勢原を出発。小田急線→井の頭線で吉祥寺へ。

 15時、終着駅の吉祥寺駅に到着。JR中央線の駅でもある吉祥寺駅は乗降客が多い。
 狭い駅前通りはおおにぎわい。人通りをかきわけて路線バスが行く。

 吉祥寺駅から武蔵野の面影を色濃く残す井の頭公園へ。連休中ということもあって、歩くのも大変なくらいの人出。人波をかき分けるようにして井の頭池をぐるりと一周した。この池は三宝寺池や善福寺池と同じ武蔵野の湧水池だが、その中でも最大。江戸の神田上水の源になっていた。この神田上水が神田川になる。

 井の頭公園内にある「井の頭自然文化園」を見学。本園と分園に分かれているが、本園は動物園で、分園は川魚などの水族館がメインになっている。動物園ではテンに目がいった。佐渡のトキ保護センターで何羽ものトキを襲撃したテンだけに、すばしっこい動きのテンが憎らしげに見えてしまうのだった。

「井の頭自然文化園」には、大勢の家族連れが来ていた。子供たちに見せるのには絶好の場所。それこそ1日がかりでまわれる。

 こうして2時間ほどのプラプラ歩きで吉祥寺駅から伊勢原に戻ったが、大人にとっては絶好の癒しの時間になった。

minitabi2010-15-6579
吉祥寺駅に到着

minitabi2010-15-6583
井の頭池

minitabi2010-15-6584
公園内のフリーマーケット

minitabi2010-15-6586
エノキの大木

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

カソリのミニ旅(14)

2010年5月1日(土)晴 大山(その2)

 標高1252メートルの大山山頂には阿夫利神社本社と奥の院がある。

 山頂からは関東平野を一望。相模湾に浮かぶ江ノ島が見える。三浦半島も見える。その向こうには房総半島が霞んでいる。

 そんな大山山頂からの眺望をしばらく楽しんだあと、15時30分、下山開始。何しろ急な山道なので、足はもうガクガクだ。それでも下りは楽。登りでは1時間30分かかったところを半分の45分で下り、16時15分、阿夫利神社の下社に到着。この時間だと参拝者の姿はまばらだ。

 往路ではケーブルカーに乗ったが、復路では歩いて下る。急な男坂とゆるやかな女坂があるが、より距離の短い男坂を下った。男坂と女坂が合流する追分には追分社がある。

「清水屋」に戻ってきたのは16時40分。ここで食べた「クリームあんみつ」(500円)は忘れられない。疲れ切った体の芯にしみこむようだった。

「クリームあんみつ」で元気を取り戻したところで、スズキDR-Z400Sにまたがり、伊勢原の我が家へ。往復10キロ。自宅に到着したのは17時30分。出発してから4時間45分後のことだった。

minitabi2010-14-6567
ここが大山の山頂

minitabi2010-14-6574
阿夫利神社下社まで下ってきた

minitabi2010-14-6576
追分社

minitabi2010-14-6577
ここが追分。男坂は右、女坂は左

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード