著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

「旧満州走破行2004」(34)

10月2日(土)晴 加格達奇→根河(その3) 第12日目

 甘河を出発。スズキQS110を走らせ、大興安嶺山脈の峠を越えていく。峠の周辺は雪景色。峠を下った所には検問所があった。これは森林パトロールの「木材検査所」。

 1987年5月6日、中国北端の町、漠河近くの大興安嶺山脈の森林地帯で山火事が発生した。カラカラの天気がつづいていたので火はままたくまに燃え広がり、漠河の町を焼き尽くし、南の塔河に向かって延焼した。

 すさまじい山火事で28日間、燃えつづけ、250キロ南の塔河でやっと食い止めることができた。焼失面積100万ヘクタールという中国建国以来、最大の山火事になり、290人もの死者を出した。日本でいえば、四国の半分以上が燃えたことになる。

 原因は森林作業員のタバコの火の不始末だという。

 この山火事を機に大興安嶺山脈を貫く道路沿いには何ヵ所もの「木材検査所」が設置され、火器の持ち込みを厳しく取り締まっている。それと同時に盗伐の監視もしている。

 大興安嶺山脈の最後の峠を越え、山麓の根河へ。ここには大興安嶺山脈の少数民族、オウンコ族の博物館がある。トナカイとともに生きるオウンコ族の伝統的な生活が紹介され、シラカバの皮でつくったカヤックや民具類が展示されている。

 博物館の見学を終えると町の食堂で夕食。まずは「ハイラルビール」を飲み、干しイカ、野生動物の肉料理、キノコ料理、鍋、炒飯を食べた。

 日が落ちると気温は一気に氷点下に下がる。町の中心のホテルに泊まったが、あまりの寒さにガタガタ震えた。ここでは3日前の9月30日には20センチもの雪が積もったとのことで、

「よかったねえ、3日前だったら、とてもではないがバイクでは走れなかったよ」

 といわれた。

 初雪は9月16日だったという。

manchuria2004-034-7191
大興安嶺山脈の雪の峠越え

manchuria2004-034-7193
大興安嶺山脈の「木材検査所」

manchuria2004-034-7205
根河の博物館。左を歩いているのはオウンコ族の女性

manchuria2004-034-7204
トナカイと共に生きるオウンコ族

manchuria2004-034-7207
オウンコ族のトナカイの使い方

manchuria2004-034-7209
シラカバの皮でつくったカヤック

manchuria2004-034-7212
これが「ハイラルビール」

manchuria2004-034-7213
夕食の干しイカ


管理人、我慢できず:
それにしても日本人からするとすごい民族名ですわな・・・。
現地で自己紹介されたら吹いてしまいそうで怖い。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「旧満州走破行2004」(33)

10月2日(土)晴 加格達奇→根河(その2) 第12日目

 大興安嶺山脈の山中の町、甘河をプラプラ歩いたあと、「江源宝水飯荘」という食堂に入り、昼食にする。川魚の唐揚げ、ジャガイモのクレープ、蒸して焼いた餃子、ニンニクの芽、干豆腐、乾燥させた豚の心臓、卵料理…を肉団子のスープを飲みながら食べた。

 昼食を食べ終わった頃、パトカーに乗った中国公安の警官がやってきた。けっこう険しい顔をしている。
 中国では外国人のバイクや車での旅は許可されていない。

 すぐさま警官に遼寧省瀋陽の「人民解放軍瀋陽軍司令部」で発行してもらった「旅行許可証」を見せると、警官はまるで手のひらを返したように態度が変り、「気をつけて!」といってパトカーで走り去っていった。まるで水戸黄門の印籠だ。

 じつはこの前年、スズキの125ccバイク、GS125を走らせ、瀋陽を拠点に中国と北朝鮮の国境地帯2600キロを走破した。中朝国境の長白山(白頭山)に登り、中朝露三国国境の防川まで行った。

 このときは「瀋陽・中国旅行社」の副社長、王麗華さんの協力を得て実現させた。

 王麗華さんのご主人は軍のトップ。その人脈で「旅行許可証」を取ることができた。今回もひきつづき王麗華さんの全面的な協力を得て、「人民解放軍瀋陽軍司令部」からの「旅行許可証」を発行してもらうことができたのだ。

 なお、2012年現在、中国へのバイクの持ち込みはきわめて難しく、外国人旅行者が中国内をバイクで走るのもほとんど不可能に近い状態だ。

manchuria2004-033-7167
甘河の目抜き通り

manchuria2004-033-7169
ここで昼食

manchuria2004-033-7172
食堂の女の子

manchuria2004-033-7179
川魚の唐揚げ

manchuria2004-033-7180
ジャガイモのクレープ

manchuria2004-033-7182
餃子

manchuria2004-033-7181
肉団子のスープ

manchuria2004-033-7174
manchuria2004-033-7177
これが「旅行許可証」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「旧満州走破行2004」(32)

10月2日(土)晴 加格達奇→根河(その1) 第12日目

 加格達奇のホテル「大興安嶺北山賓館」では地獄の苦しみを味わったが、夜明け近くに下痢はおさまり、そのあと2時間ぐらいは眠れた。このわずか2時間ほどの眠りで体はかなり楽になる。「眠り」のすごさを改めて実感。とはいっても、朝食はまだ、まったく食べられなかったが…。

 9時、加格達奇を出発。

 中国山東省・済南(チーナン)製のスズキの110㏄バイク、QS110を走らせ、前方にゆるやかに連なる大興安嶺山脈の山並みに向かって走っていく。

「塔河→加格達奇」では南北に走る大興安嶺山脈に沿って南下した。加格達奇の町は大興安嶺山脈の東麓に位置している。

「加格達奇→根河」では、その大興安嶺山脈を横断して東から西へと走っていくのだ。根河は大興安嶺山脈の西麓に位置している。

 大興安嶺山脈は全長1300キロ。モンゴル高原の西縁を北東から南西方向に走っている。北は黒龍江(アムール川)を越え、ロシアのスタノボイ山脈へとつづき、南は中国・河北省境の七老図山脈へとつづいている。

 そのとてつもない長さに驚かされてしまうが、日本の山脈と決定的に違うのは幅の広さだ。300キロ近い幅がある。山脈全体はゆるやかな山並みなのだが、何しろ幅が広いのでいくつもの峠を越えていく。

「加格達奇→根河」間の峠はすでに雪景色だった。

 昼前のそんな大興安嶺山脈の山中の町、甘河に到着。町中にQS110を停めると、中心街をプラプラ歩いた。野菜売場、香辛料売場、肉売場…といった露店がつづき、その前を馬車が次々と通り過ぎていった。

manchuria2004-032-7149
大興安嶺山脈に向かって走る

manchuria2004-032-7154
大興安嶺山脈の峠は雪景色

manchuria2004-032-7155
大興安嶺山脈の山中の町、甘河に到着

manchuria2004-032-7161
馬車が次々に通り過ぎていく

manchuria2004-032-7158
道路沿いには露店がずらりと並んでいる

manchuria2004-032-7159
野菜売場

manchuria2004-032-7162
香辛料売場

manchuria2004-032-7163
肉売場

manchuria2004-032-7165
牛の頭も並んでいる

manchuria2004-032-7166
漢方薬売場

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「旧満州走破行2004」(31)

10月1日(金)曇一時雪 塔河→加格達奇(その2) 第11日目

 大興安嶺山脈の山中を走る「加漠公路」を南下し、北部内蒙古自治区の中心地、加格達奇へ。町の入口では「チーム・スズキ」のみなさんが待ち構えていた。一緒に走り、加格達奇の中心街にあるスズキの販売店に到着。

 そこには「熱烈歓迎日本著名旅行家賀曽利隆先生到加格達奇」の横断バルーン。太鼓やシンバルの鳴り物入りで出迎えてくれた。

 そのあとは市内パレード。

 加格達奇はきれいな町。内蒙古自治区とはいっても蒙古族の姿を見ることはなく、町の人口の大半は漢族だ。加格達奇(キャクダチ)は大興安嶺山脈に住む少数民族、オロチョン族の言葉で「樟子松のはえている所」を意味するという。

 スズキの販売店に戻ると地元の新聞、テレビ、ラジオのインタビューを受けた。加格達奇であっというまに有名人になったカソリ!?

 一連のセレモニーを終えると「大興安嶺北山賓館」へ。ホテルの部屋に入った頃から寒気に襲われ、ガタガタ震えてしまう。体全体が熱っぽい。その直後にドカーンと下痢にやられた。大興安嶺山脈の寒さにすっかりやられてしまったようだ。

 夕食はまったく食べられず…。その夜は地獄の苦しみ。ほとんど1時間おきに7連発の下痢をし、もうフラフラ状態…。10月1日というと中国の国慶節。部屋のテレビは華やかな祝典の特別番組を流しつづけていた。

manchuria2004-031-7144
加格達奇のスズキの販売店に到着

manchuria2004-031-7145
太鼓やシンバルの鳴り物入りでの出迎え

manchuria2004-031-7147
加格達奇のホテル「大興安嶺北山賓館」

manchuria2004-031-7146
「大興安嶺北山賓館」から見る加格達奇の町並み

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「旧満州走破行2004」(30)

10月1日(金)曇時々雪 塔河→加格達奇(その1) 第11日目

 黒龍江省北部の町、塔河のホテル「楊本酒店」の朝食を食べ、8時、出発。スズキQS110を走らせ、中国最北の町漠河と内蒙古自治区の加格達奇を結ぶ「加漠公路」を南下。

 大興安嶺山脈の山中に入ると強烈な寒さに見舞われる。すでに周囲の山々の紅葉は色あせ、冬の様相だ。

 黒龍江省と内蒙古自治区の境界を越える。

 内蒙古自治区に入れば蒙古族の世界かと思ったらそうではなく、大半は漢族。中国とそれほど変らない世界だ。

 猛烈な寒さで雪がチラチラ降ってくる。峠越えが大変。路面にはうっすらと雪が積もり、凍結してアイスバーンになっている箇所もある。転倒しないように神経を集中し、最大限の注意をはらって峠道を登った。まだ10月に入ったばかりだというのに…。北緯50度をはるかに超える大興安嶺山脈のこの一帯はすでに冬に入っていた。

 峠を越えると雪はやみ、下るにつれて路面の雪も消え、
「あー、助かった!」
 と、QS110に乗りながら思わず声が出た。

 それにしても強烈な寒さ。あまりの寒さに我慢できず、峠を下った村にある食堂に飛び込んだ。調理場の火にあたり、かじかんで感覚のなくなった手をあたためた。

 寒さから解放されたところで昼食。麺と麻婆豆腐、羊肉の臓物鍋を食べた。
「生き返ったー!」

manchuria2004-060-7126
大興安嶺山脈を行く

manchuria2004-060-7129
黒龍江省と内蒙古自治区の境界

manchuria2004-060-7133
食堂の調理場で暖をとる

manchuria2004-060-7136


manchuria2004-060-7135
麻婆豆腐

manchuria2004-060-7142
羊肉の臓物鍋

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復縦断2011(65)

「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)に台鈴の李さんが迎えに来てくれた。昨日までの「台湾長征」サポート隊長の姿とは違って、今日は台鈴の社員という顔をしている。

 ホテル前の松江路を渡り、台鈴の本社へ。

 そこには「台湾往復縦断」1150キロを走った125ccスクーターのTEKKEN(鉄拳)が飾られていた。

 あらためてTEKKENには「よく走ってくれたなあ」と声をかける。標高3275メートルの武嶺(武峠)越えのシーンがなつかしく思い出されてくる。

 台鈴のみなさんと別れの挨拶をかわし、李さんに台北の松山空港まで送ってもらった。 松山空港のターミナルビル前では李さんと何度も握手をかわした。

 いやー、お世話になりました!

 出国手続きを終え、NH1186便に乗り込む。

 全日空機は定刻通り13時45分、松山空港を飛び立った。飛行機の窓から食い入るように眼下の台北の町並みを眺めた。やがて飛行機は梅雨空の雲の上へ、そこは抜けるような青空。

「台湾往復縦断」が終ってしまった…。
(了)

taiwanjyuudan2011-065-8711
台鈴本社に飾られていた「台湾往復縦断」のTEKKEN(鉄拳)

taiwanjyuudan2011-065-8712
謝謝!!台湾

taiwanjyuudan2011-065-8713
この鯉のぼりは販売店やライダーのみなさんに喜ばれた

taiwanjyuudan2011-065-8714
台鈴の本社から見る台北の町並み

taiwanjyuudan2011-065-8718
台鈴の李さんが松山空港まで送ってくれた

taiwanjyuudan2011-065-8719
松山空港

taiwanjyuudan2011-065-8720
「可口可楽(コカコーラ)」で台湾に乾杯!

taiwanjyuudan2011-065-8724
全日空機で台北を離れる

taiwanjyuudan2011-065-8728
飛行機から見下ろす台北の町並み

taiwanjyuudan2011-065-8730
梅雨空の雲の上は抜けるような青空!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復縦断2011(64)

 基隆7時45分発の彰化行きの列車で台北へ。

八堵駅、汐止駅ではどっと通勤客が乗り込み、松山駅でかなりの人が降りた。台北駅ではゴソッと降りた。

台鉄(台湾鉄道)でのほんのわずかな旅だったが、今度は機会があったら鉄道で台湾を一周してみたい。台湾の新幹線にも乗ってみたーい!

 台北駅からは地下鉄で行天宮駅へ。帰路は板南線→蘆州線というルートだ。

 台北の地下鉄「MRT」は台北駅で交差する淡水線と板南線を中心にして文湖線や蘆州線などがあるが、台北市内のほとんどのところに地下鉄で行ける。地下鉄を乗り継いでの台北めぐりもおもしろい。

 8時50分、行天宮駅に到着。駅近くの松江市場を歩く。野菜売場、肉売場、惣菜売場、雑貨売場…と、松江市場は朝からにぎわっていた。

 松江市場を歩いたところですぐ近くの「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)に戻り、レストランでバイキングの朝食を食べた。

taiwanjyuudan2011-064-8677
基隆駅から彰化行きの列車に乗る

taiwanjyuudan2011-064-8686
列車は基隆の町を走り抜けていく

taiwanjyuudan2011-064-8689
台北近郊の町並み

taiwanjyuudan2011-064-8694
台北駅の地下通路

taiwanjyuudan2011-064-8699
松江路に戻ってきた

taiwanjyuudan2011-064-8700
松江市場を歩く

taiwanjyuudan2011-064-8701
松江市場の野菜売場

taiwanjyuudan2011-064-8702
松江市場の惣菜売場

taiwanjyuudan2011-064-8703
松江市場の肉売場

taiwanjyuudan2011-064-8707
「康華大飯店」の朝食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復縦断2011(63)

 2011年6月2日。「台湾往復縦断」の最後の日だ。

 夜明けとともに起き、6時、「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)を出発。朝食までの時間を使って基隆まで行くのだ。

 ホテルに隣りあった新しい地下鉄の駅、行天宮駅から蘆州線→淡水線で台北駅に行き、台鉄(台湾鉄道)の6時45分発基隆行きに乗った。車内はほぼ満員。地下駅の松山駅でかなりの乗客が降り、つづく南港駅でもかなりの乗客が降り、車内はいっぺんに空いた。

 汐科駅で地上に出ると車窓には緑の濃い風景。鉄路に沿って基隆への幹線道路が通っている。汐止駅の駅前には高層住宅。そのすぐ後ろまで山が迫っている。七堵駅はかなり大きな駅。次の八堵駅では線路が分かれる。そこから基隆までは単線だ。

 7時35分、普通列車は基隆駅に到着。台北駅から50分かかった。

 基隆は高雄と並ぶ台湾の二大港湾都市。残念ながらすぐに台北に戻らなくてはならないので、駅前をすこし歩いただけで基隆駅に戻った。

taiwanjyuudan2011-063-8639
地下鉄の車内

taiwanjyuudan2011-063-8645
民権西路駅で淡水線に乗り換える

taiwanjyuudan2011-063-8663
汐止駅

taiwanjyuudan2011-063-8665
八堵駅

taiwanjyuudan2011-063-8676
基隆駅前

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復縦断2011(62)

 台鈴のみなさんとの夕食を終え、台鈴の本社前に戻ると夜の松江路をプラプラ歩いた。「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)に戻ると、2人のライダーが訪ねてきた。スズキのDR-Z400SMに乗る呉さんと、BMWのF650GSに乗る陳さん。

 ホテルのティールームで2人と話したが、ぼくもDR-Z400Sに乗っているので呉さんとは「DR談義」で盛り上がった。呉さんのDRはモタードのSMだが、ぼくも「300日3000湯」の温泉めぐりで1万キロ以上乗っているので懐かしのバイクなのだ。

 驚いたのは陳さん。

 日本のオフロードバイク誌『バックオフ』の読者で、何とカソリが表紙になっている3冊を持ってきた。陳さんは『バックオフ』の休刊をとっても残念がっていた。

 呉さんと陳さんの2人のライダーと話していると、日本と台湾の距離の近さを改めて感じさせてくれるのだった。

 ところでこの日の新聞には興味深い記事がのっていた。世論調査の結果だ。その世論調査というのは「台湾人の好きな国」。

 日本が50パーセント超でダントツの1位、2位で10パーセント台のアメリカを大きく引き離していた。

「台湾往復縦断」の最後の夜、台北のホテルでカソリ、
「日本はもっともっと台湾を大事にしなくてはいけない」
 と心底、思った。

 世界中のどこを探しても、台湾以上に日本が好き、日本人が好きだという国はない。

 今回の「台湾往復縦断」では行く先々で大歓迎されたが、その理由のひとつはぼくが日本人だからだ。それほど台湾人は日本人に対して好意を持っている。

taiwanjyuudan2011-062-8621
夜の松江路を歩く

taiwanjyuudan2011-062-8630
スズキのDR-Z400SMに乗る呉さん

taiwanjyuudan2011-062-8626
BMWのF650GSに乗る陳さん

taiwanjyuudan2011-062-8623
陳さんは表紙がカソリの『バックオフ』を3冊持ってきた!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復縦断2011(61)

 台鈴の125ccスクーター、TEKKEN(鉄拳)での「台湾往復縦断」1150キロを走り終え、台鈴工業の本社前に到着すると、松江路と道をはさんで反対側にある「康華大飯店」(ゴールデン・チャイナ・ホテル)へ。部屋に荷物を入れ、すばやくシャワーを浴びて着替え、台鈴の本社前に戻る。

「台湾往復縦断」のサポートカーに乗り込み、「口碑海鮮」という店へ。下町の居酒屋といった店。そこで李さんら台鈴のみなさんと「台湾ビール」で乾杯。その瞬間、「台湾往復縦断」での様々なシーンが走馬灯のように頭の中を駆けめぐった。

 みなさーん、ありがとう!

 台湾ビールをガンガン飲みながらイカのリング、貝、焼きソバ、海鮮オムレツ、サラミ、炒青菜、豆腐鍋、肉鍋、厚揚げ、白身魚と次々に食べていった。

 そんな「台湾往復縦断」の完走を祝う宴の席に、台鈴工業董事長(会長)の黄さんと総経理(社長)の藤さんが駆けつけてくれた。お2人からのねぎらいの言葉は身にしみてうれしかった。

 お世話になりました!

taiwanjyuudan2011-061-8613
台鈴のサポートカー

taiwanjyuudan2011-061-8581
台鈴のみなさんと乾杯!

taiwanjyuudan2011-061-8584
イカのリング

taiwanjyuudan2011-061-8587
貝のあんかけ

taiwanjyuudan2011-061-8588
焼きソバ

taiwanjyuudan2011-061-8591
海鮮オムレツ

taiwanjyuudan2011-061-8594
サラミ

taiwanjyuudan2011-061-8597
炒青菜

taiwanjyuudan2011-061-8602
豆腐鍋

taiwanjyuudan2011-061-8611
肉鍋

taiwanjyuudan2011-061-8603
厚揚げ

taiwanjyuudan2011-061-8608
白身の魚のあんかけ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復縦断2011(60)

 台北市内のスズキの販売店、3軒の訪問を終えると、台北の中心街へ。蒋介石を記念した中正紀念堂前の自由広場で台鈴の125ccスクーター、TEKKEN(鉄拳)を停めた。

 ここが「台湾往復縦断」のゴール。TEKKENは1150キロをノントラブルで走ってくれた。

 瑠璃瓦と大理石の中正紀念堂は青と白のコントラストが鮮やか。高さは70メートルもある。89段の階段は89歳で死去した蒋介石の年齢と同数だ。ここには次々と観光バスがやってくる。

 中正紀念堂を出発し、松江路の台鈴本社前へ。
 ついに戻ってきた!

 本社前でTEKKENを停めると、フロントフェンダーに、

「台湾長征! 1150km 2011・6・1 賀曽利隆」

 と銀色のサインペンで書き込み、台鈴の李さんに返却した。TEKKENよ、ありがとう。ほんとうによく走ってくれた。

 そのあと同行してくれた台鈴のみなさん1人1人とガッチリと握手をかわした。

「台湾往復縦断」が終った…。

taiwanjyuudan2011-060-8565
台北の中心街に入っていく

taiwanjyuudan2011-060-8560
中正紀念堂の自由広場に到着!

taiwanjyuudan2011-060-8561
自由広場のゲート前で万歳!

taiwanjyuudan2011-060-8574
台鈴の本社前に戻ってきた!

taiwanjyuudan2011-060-8577
TEKKENに銀ペンでサインする

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復縦断2011(59)

 新北のスズキの販売店「東明車業」を出発。台鈴の125ccスクーターTEKKEN(鉄拳)を走らせ、板橋駅前を通って台北市内に入っていく。

 台北市内では3軒のスズキの販売店を訪問した。

 最初の「蘭帝輪業」では社長夫妻の出迎えを受け、店内で果物や菓子をいただきながら歓談した。社長夫妻からは「高山茶」をプレゼントされた。

 2番目のスズキの販売店には大勢のみなさんが集まっていた。大半が若者だ。台鈴の李さんからは抽選で鯉のぼりが贈られた。そのあとみなさんたちと「行くぞー!」のカソリポーズ。ここではTEKKEN(鉄拳)を買いに来た若者に頼まれ、銀のサインペンでフロントフェンダーに「生涯旅人! 賀曽利隆」のサインをしてあげた。彼が喜んでくれたことがすごくうれしい。

 3番目のスズキの販売店は「易昌機車行」。ここにも大勢のみなさんがスクーターに乗って駆けつけてくれた。やはり抽選で鯉のぼりが贈られ、記念撮影のあと、みなさんたち1人1人と握手をかわした。「易昌機車行」を最後に台北市内のスズキの販売店めぐりを終えたが、台湾の若きライダーたちとの出会いは心に残った!

taiwanjyuudan2011-059-8543
最初のスズキの販売店「蘭帝輪業」に到着

taiwanjyuudan2011-059-8547
果物や菓子をいただく

taiwanjyuudan2011-059-8549
社長夫妻からは「高山茶」のプレゼント

taiwanjyuudan2011-059-8551
2番目のスズキの販売店の社長夫妻からは銘菓のプレゼント

taiwanjyuudan2011-059-1288
みなさんたちと「行くぞー」のカソリポーズ

taiwanjyuudan2011-059-1290
TEKKENを買った若者と2ショット

taiwanjyuudan2011-059-8566
3番目のスズキの販売店「易昌機車行」に到着

taiwanjyuudan2011-059-8572
社長からは台湾銘茶のプレゼント

taiwanjyuudan2011-059-1294
店に集まった大勢のみなさんたちとの記念撮影

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

台湾往復縦断2011(58)

 新荘のスズキの販売店「金力盛車業行」を出発。ここからは2人のライダーが同行したいという。
「どうぞ、どうぞ!」
 ということで台鈴のみなさん、2人のライダーと一緒に、次の目的地、新北に向かって走る。

 その途中では天気が崩れ、ザーッと雨が降ってきた。

 雨に慣れている台湾人ライダーのみなさんは次々にスクーターを路肩に停め、すばやく雨具を着て、何事もなかったかのようにまた雨の中を走り出す。さすがスクーター大国の台湾、雨にはまったく動じない。

 ぼくもすばやく雨具を着たが、同行の2人のライダーのうち1人は雨具を着るそぶりもみせず、ビショビショに濡れたTシャツ1枚で走りつづける。

 新北のスズキの販売店「東明車業」に到着。店内でマンゴーやライチなどの亜熱帯の果物をいただきながら社長夫妻と息子さんと話す。社長夫妻からは「KASORI」と彫り刻まれた皮製の腕輪をプレゼントされた。ありがとうございます!

 このように行く先々のスズキの販売店で大歓迎されるカソリだった。

taiwanjyuudan2011-058-8531
新荘からは2人のライダーが同行する

taiwanjyuudan2011-058-8532
雨が降ってきた…

taiwanjyuudan2011-058-8535
新北のスズキの販売店に到着

taiwanjyuudan2011-058-8538
店内で果物をいただく

taiwanjyuudan2011-058-8539
社長夫妻からは「KASORI」と彫り刻まれた腕輪のプレゼント

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード