「旧満州走破行2004」(62)

10月10日(日)晴 ハルビン→チャムス(その2) 第20日目

 方正の町の食堂でうまい蒸し餃子を食べ、それをパワー源にしてチャムスに向かった。

 方正を出ると、広々とした稲田を見る。稲穂は重そうに穂を垂らしている。収穫間近の稲田だ。なんとはなしに、これも日本の「満蒙開拓団」がその元をつくったのではないと思った。

 このあたりは北緯46度。亜熱帯の作物の稲を亜寒帯でつくる発想が日本人的だと思ったのだ。

 北緯46度といえば、日本では稚内あたり。日本最北の水田地帯はその南の名寄盆地になるが、ほぼ似た緯度だ。

 チャムスへの道は際限なくダートがつづく。

「ハルビン→チャムス」間は高速道路が通っているが、バイクはエンジンの大きさいかんに関わりなく走れない。
 中国では高速道路の建設が急ピッチで、そのあおりを食って一般道には手がまわらない。そのため幹線でも、このように長い距離のダートがつづくことになる。

 夕日が落ち、ガクッと寒くなった頃、チャムスに到着。人口60万の大都市だ。まちの中心のホテルに泊まった。

「ハルビン→チャムス」間は435キロ。そのうち347キロがダート。

 スズキQS110のすごさをあらためて思い知らされたのだが、347キロものダートをまったく問題にしないで走りきってくれた。ほんとうにすごいバイクだ。

 チャムスは松花江に面した町。河畔の川魚専門店で夕食にする。店内には松花江で取れた大物の川魚がズラリと並んでいる。ここでは姿煮、煮魚、開き、干物と「川魚三昧」の食事。最後に炒飯を食べた。

manchuria2004-062-7857
方正を出ると一面の稲田

manchuria2004-062-7859
ダートが際限なくつづく

manchuria2004-062-7871
夕日が落ちていく

manchuria2004-062-7894
チャムスの川魚専門店の女の子2人

manchuria2004-062-7878
松花江の川魚がズラリと並ぶ

manchuria2004-062-7893
夕食の膳に次々と川魚料理が出てくる

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「旧満州走破行2004」(61)

10月10日(日)晴 ハルビン→チャムス(その1) 第20日目

 さー、いよいよ「ハルビン→ハルビン」の第2弾目を開始。第2弾目では中国最東端の地、撫遠を目指す。

 ひと晩泊まった松花江近くのホテル「民族飯店」の朝食を食べ、7時出発。スズキQS110を走らせ、ハルビンの中心街を走り抜けていく。

 郊外に出ると、一面のトウモロコシ畑。すでに収穫の終った畑とこれから収穫する畑が1本の線を境にして隣りあっている。通り過ぎていく家々の庭には収穫されたトウモロコシが山積みにされている。

 トウモロコシの収穫現場ではバイクを止めて、収穫の作業をしばらく見せてもらった。

 豊かな農業地帯を走り、12時30分、方正の町に到着。ここには多くの日本人開拓団が入ったと聞いている。

 町の中心にある餃子専門店「百年蒸餃」で昼食。店名の通り、ここの餃子は「蒸し餃子」のみ。店の主人は我々の注文を聞いてから、店の外にある蒸籠で餃子を蒸しはじめる。しばらく待って出来上がり。

 出来立ての蒸し餃子はじつにうまかった。それと飯、汁という昼食だ。

manchuria2004-061-6454
ハルビンを出発

manchuria2004-061-7818
一面のトウモロコシ畑が広がる

manchuria2004-061-7826
収穫されたトウモロコシ

manchuria2004-061-7837
トウモロコシの収穫現場

manchuria2004-061-7842
方正の町に到着

manchuria2004-061-7844
方正の「百年蒸餃」で昼食

manchuria2004-061-7851
蒸し餃子を食べる

manchuria2004-061-7849
これが餃子の調味料

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「旧満州走破行2004」(60)

10月9日(土)晴 チチハル→ハルビン(その3) 第19日目

 チチハルから大慶に通じる街道沿いの食堂で昼食を食べ、出発点のハルビンに向かっていく。

 大慶の周辺にあるのが大慶油田だ。

 中国でも有数の油田として知られている大慶油田は、すでに衰退期に入っているとのこと。油田の寿命は短い。

 大慶油田が発見されたのは1950年代。1960年に掘削が始まり、1990年代が最盛期。2000年以降の原油生産量は右肩下がりで落ちている。

 大慶の周辺には石油化学の工場群が見られるが、頼りはシベリアから入ってくる原油、それと石油から天然ガスへのシフトだという。大慶の周辺には天然ガスの埋蔵量は相当あるらしい。

 大慶からハルビンへ。
 ハルビンに近づくにつれて交通量は多くなり、次々に町や村を通り過ぎていく。

 蘭西の町からハルビンに入っていった。チチハルから408キロ走り、ハルビンに到着。これにてハルビンを拠点にしての「旧満州走破行」の前半戦を終了。その間の走行距離は4333キロ。スズキのQS110はほんとうによく走ってくれた。

 ハルビンでは前回同様、松花江近くのホテル「民族飯店」に泊まり、夕食はちょと豪華にハルビン駅前の「ホテル崑崙」のレストランで食べた。

 さー、これより「旧満州走破行」の後半戦の開始。後半戦では黒龍江省の東部をまわり、中国最東端の地まで行くつもりだ。
 頼むぞ、QS110よ!

manchuria2004-060-7804
大慶への道。かなり荒れている

manchuria2004-060-7805
大慶油田の原油掘削ポンプ

manchuria2004-060-7808
ハルビンへの道

manchuria2004-060-7812
ハルビン近郊の蘭西の町。目抜き通りを馬車がいく

manchuria2004-060-6588
ハルビンの「民族飯店」に到着!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「旧満州走破行2004」(59)

10月9日(土)晴 チチハル→ハルビン(その2) 第19日目

 黒龍江省第2の都市チチハルから中国産油地帯の中心、大慶に向かっていく。その途中で有料道路を通ったが、バイクは無料だ。

 中国では道路整備を早めるためなのだろう、こうして一般道でも、頻繁に有料道路区間に入る。

 街道沿いの食堂「中原酒家」で昼食にする。この店の名物は川魚料理。調理場で鯉をさばくのを見せてもらった。

 メインは鯉の切り身を入れた鯉鍋。そのほか川エビの唐揚げ、ドジョウの味噌煮、野菜炒め、キクラゲ、モツ煮、汁無しうどんを食べた。

manchuria2004-059-7780
有料道路の料金所。バイクは無料

manchuria2004-059-7781
有料道路を走る

manchuria2004-059-7783
トウモロコシを干している

manchuria2004-059-7782
街道沿いの食堂

manchuria2004-059-7790
食堂の調理場

manchuria2004-059-7788
ドジョウ

manchuria2004-059-7793


manchuria2004-059-7798
鯉をさばく

manchuria2004-059-7799
ドジョウの味噌煮

manchuria2004-059-7803
鯉鍋

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「旧満州走破行2004」(58)

10月9日(土)晴 チチハル→ハルビン(その1) 第19日目

 早朝のチチハルの町を歩き、ホテルに戻ると朝食。ここでも前日のヤケシと同じように茶粥を食べた。茶粥にはナツメの実が入っていた。そのほか粟粥、白粥(米粥)も食べた。

「朝粥三昧」をしたところで何種ものおかずと一緒に饅頭、炒飯を食べた。中洋折衷の朝食で「中」のあとは「洋」で締める。コーヒーを飲みながら焼きたてのパンを食べた。

 黒龍江省第2の都市チチハルを出発すると、郊外の「扎龍自然保護区」に寄っていく。

 ここは日本の釧路湿原のような大湿地帯で、丹頂鶴が飛来する。その数は400羽。その名の通り、丹頂鶴の頭頂のきれいな赤色が目に残った。

 チチハルからは高速道路のような4車線の道を行く。

 中国ではバイクでの高速道路の通行は禁止されているが、この準高速道路は問題なく走れる。ということでスズキQS110のエンジン全開で準高速道路を走った。QS110はじつにいいバイクで110㏄とは思えないような高速性能の良さを見せてくれた。

manchuria2004-058-7762
チチハルを出発

manchuria2004-058-7769
「扎龍自然保護区」に入っていく

manchuria2004-058-7767
「扎龍自然保護区」の湿地帯

manchuria2004-058-7771
丹頂鶴が群れている

manchuria2004-058-7775
丹頂鶴に接近!

manchuria2004-058-7777
4車線の道を行く!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「旧満州走破行2004」(57)

10月8日(金)晴 ヤケシ→チチハル(その4) 第18日目

 内蒙古自治区から黒龍江省に入り、甘南を通ってチチハルへ。国道301号の両側には広大な農地が広がる。ヒマワリの種を干しているのを見て、スズキQS110を止めた。

「ニイハオ(こんにちは)!」と農民のみなさんに挨拶し、しばらく作業を見せてもらった。
 ヒマワリの種は中国人の好物。食べるだけでなくヒマワリ油もとるという。

 チチハルに近づくと国道301号の交通量はグッと増えてくる。

 16時、黒龍江省第2の都市、チチハルに到着。ヤケシから435キロ。黒龍江の支流のネン川が町を流れている。

 チチハルでは郊外にある清真寺を参拝。寺とはいってもここはイスラム教寺院。「清真」はイスラム教を意味している。1684年の建立。イスラム教は清朝時代の初期に大興安嶺山脈を越え、この地まで進出していたことがわかる。

 清真寺の参拝を終えるとチチハルの中心街に入っていく。

 高層ホテルに泊まり、ホテル近くの焼肉専門店「大福城」で夕食にする。「青島ビール」を飲みながらうまい焼肉をたら腹、食べた。

manchuria2004-057-7746
内蒙古自治区から黒龍江省に入っていく

manchuria2004-057-7749
黒龍江省の農民

manchuria2004-057-7747
ヒマワリの種を干している

manchuria2004-057-7750
これがヒマワリの種

manchuria2004-057-7752
トラクターが有料道路を行く

manchuria2004-057-7753
チチハルの清真寺

manchuria2004-057-7758
チチハルの中心街

manchuria2004-057-7760-2
チチハルに落ちていく夕日

manchuria2004-057-7760
夕食は焼肉

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「旧満州走破行2004」(56)

10月8日(金)晴 ヤケシ→チチハル(その3) 第18日目

 大興安嶺山脈を越え、内蒙古自治区の国道301号を走る。一望千里の大草原を行く。

 パーリンの町を過ぎると、稲刈りの終った水田を見るようになる。ザラントゥンの町近くの国道沿いのレストランで昼食。豚足とアヒルの足、小さな川ガニ、モヤシ料理、トマトスープ、それと炒飯を食べた。米作地帯に入ったからなのか、炒飯の米がうまかった。

 アルンチーの町の近くで内蒙古自治区と黒龍江省の境界に到達。スズキQS110を境界線上に止めた。
 これで内蒙古自治区とはお別れ。

 今回は内蒙古自治区の北部地域をまわったが、その全域が旧満州になる。

 内蒙古は広い。面積は118万平方キロで日本の約3倍。人口は2400万人。だが、人口の大半は漢族。蒙古族は2割にも満たない。

 内蒙古自治区の「自治区」とは名ばかりで、実際は中国の植民地といったところだ。まあそれはおいて、東西に長い内蒙古自治区をいつの日か横断したいと思った。そこはシルクロードの北の世界になる。

manchuria2004-056-7731
内蒙古の国道301号を行く

manchuria2004-056-7732
国道沿いのガソリンスタンド

manchuria2004-056-7737
稲刈りの終った水田

manchuria2004-056-7740
国道301号沿いのレストランで昼食

manchuria2004-056-7741
内蒙古自治区と黒龍江省の境界

manchuria2004-056-7742
チチハルまであと90キロ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


スペイン対イタリア戦

「ユーロ2012」の決勝戦、スペイン対イタリアはあまりにも一方的な試合展開になりましたね。大半の人がスペインが勝つと思っていたでしょうが、まさか4対0で勝つとは…。

 スペインの先制点、シルバのヘッドは絶妙な折り返しのおかげですが、ドンピシャのタイミング、スペインサッカーの精度の高さに驚嘆しましたよ。2点目も見事な連携プレーのもたらしたものでした。前半戦で完全に勝負アリ!という感じでしたね。

 スペインの怒涛の攻撃は後半もつづき、試合終了間際にさらに3点目、4点目。これら4点はすべて「流れ」の中からの得点で、セットプレーからの点は1点もありませんでした。試合時間がもう15分もあれば、スペインは2桁得点できそうな勢いでした。ほんとうに我が目を疑いましたよ。イタリアがまさかここまでボロ負けするとは…。

 結局、イタリアはドイツ戦で燃え尽きてしまったということなのでしょうね。

 ヨーロッパを熱狂の渦に巻き込んだ「ユーロ2012」が終りました。心の中をスーッと、秋風が吹き抜けていくような寂しさを感じます。この1ヵ月、ほんとうに楽しませてくれました「ユーロ2012」には感謝、感謝。

「ヨーロッパのレベルはやっぱり高い!」、それが今回の印象です。開催国のポーランドとウクライナはよかったですね。ヨーロッパの辺境のような両国の国民が、今大会を通して、「我らヨーロッパ人!」という強いヨーロッパとの一体感を持つことが出来たと思います。さー、今度はW杯だ!

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード