「南米・アンデス縦断」(17)

 アグアカリエンテの「インカイン」の朝食。フレンチトーストとスクランブルエッグ、ソーセージ、チーズ、ハム。それとフルーツとフルーツジュース。そのほかに「アンデスパン」がついた。

 ウルバンバ川沿いの「インカの聖なる谷」の町々には、町ごとの名物パンがある。それが「アンデスパン」。朝食に出たのはアグアカリエンテの「アンデスパン」ということになる。そういわれて食べてみると、ぐっと味に深みが増すようだった。

 アグアカリエンテを出発。これでマチュピチュ遺跡とも、2日連続で入った温泉ともお別れだ。
 来たときと同じように展望列車の「ビスタドーム」に乗った。
 8時35分にアグアカリエンテを出発し、10時10分にオリャンタイタンボに到着した。

 オリャンタイタンボでは広場のまわりの露店を見てまわった。トウモロコシをゆでている露店では1本、買って食べた。

 広場に面した郵便局では4枚でセットになったペルー料理の切手を買った。

 左上の「チュペ・デ・カマロネス」はエビのスープ、右上のバナナの葉の上にのったホアネはペルーアマゾンのバナナ料理、左下の「アロス・コン・パト」はハト肉のチャーハン、右下の「ロコト・レジェーノ」は赤トウガラシに牛のひき肉を詰めたもの。これらの切手は1枚が2ソル。日本でいえば80円切手といったところだ。

 切手でペルー料理を味わったあと、広場に面したピザ専門店に入り、昼食のピザを食べた。ボリューム満点のピザだった。

IMG_5893.jpg
「インカイン」の朝食

IMG_5896.jpg
オリャンタイタンボの広場を歩く

IMG_5898.jpg
広場の露店

IMG_5895.jpg
トウモロコシをゆでている

IMG_5894.jpg
ゆでたトウモロコシを食らう

IMG_9970.jpg
ペルー料理の切手

IMG_5899.jpg
オリャンタイタンボのピザ店

IMG_5855.jpg
昼食のピザ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「南米・アンデス縦断」(16)

 アマゾン本流のウルバンバ川沿いの町、キリャバンバはすごいところだ。
 ペルーの地図を見れば、一目でわかることだが、道はここで尽きる。

 キリャバンバより北の広大なアマゾンの低地には、川沿いに道はない。それはブラジルに入っても同じで、やはり川沿いに道はない。

 ペルーのイキトスからブラジルのマナウス、そして大西洋までというのは、かなりの大型船が航行できるので、川沿いの道はそれほど必要がないという理由もあるのだろう。

 名残おしいキリャバンバを後にし、乗合タクシーでサンタマリア経由でサンタテレサに戻った。そしてサンタテレサからは列車でアグアカリエンテに戻った。

 アグアカリエンテではフォルクローレ(民俗音楽)の店に入った。1人の奏者がサンボーニャ」を吹きながら、弦楽器の「チャランゴ」を弾く。そんなフォルクローレを聞きながら、ペルーの伝統料理「アンティクーチョ」を食べ、ビルを飲んだ。アンティクーチョというのは牛の心臓の串焼きだ。

 そのあと前日と同じようにアグアカリエンテの温泉に入り、「インカイン」に戻った。 夕食は町のレストランで。ここではペルーの伝統料理を存分に味わった。

「キノア・スープ」のあと「ロコト・レジェーノ」と「クイ・チャクタード」を食べた。「ロコト・レジェーノ」は大きな青トーガラシの中に牛のひき肉を入れたもの。その上に茶色い漬物がのっている。それにユカイモとサラダが添えられている。

「クイ・チャクタード」はフライにしたクイに、ライスとジャガイモ、サラダが添えられている。クイはモルモット。アンデスでは古くから食用にされているという。

IMG_5851.jpg
牛の心臓の串焼き「アンティクーチョ」

IMG_5889.jpg
フォルクローレの演奏に聞き惚れる

IMG_5891.jpg
「キノア・スープ」

IMG_5890.jpg
「ロコト・レジェーノ」

IMG_5892.jpg
「クイ・チャクタード」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「南米・アンデス縦断」(15)

 マチュピチュ遺跡を歩いた翌日は、メンバー各自の自由行動。何人かの人たちは「もう1日かけてまわりたい!」といってマチュピチュ遺跡に戻っていった。

 ぼくはといえば、「ウルバンバ川沿いに行けるところまで行きたい!」ということで、やはり何人かの人たちと一緒に冒険的な気分で列車に乗り込んだ。

 クスコからの列車はアグアカリエンテが終点ではなく、さらにサンタテレサまでつづいている。
 アグアカリエンテ発7時45分の列車に乗り込んだ。
 この先、どういう世界が開けてくるのだろうと思うと胸がワクワクしてくる。

 列車は定刻通りにアグアカリエンテ駅を発車。観光客の世界のマチュピチュとは違って、サンタテレサ行きの車内に外国人観光客の姿はまったくない。

 列車はウルバンバ川に沿って走り、8時30分、終点のサンタテレサ駅に着いた。

 サンタテレサからは乗合タクシーでサンタマリアへ。その間はダートの山道。ウルバンバ川の深い谷を見下ろす断崖絶壁の狭路を行く。途中、大規模な山崩れの現場にさしかかったが、乗合タクシーは崩れた岩の上をガタンピシャンいわせて走り、その崩落現場をからくも突破した。

 サンタテレサから1時間半かかってサンタマリアの町に到着。そこで乗合タクシーを乗り換え、キリャバンバまで行く。

 キリャバンバに到着したのは11時。想像したよりも、はるかに大きな町で驚いた。町の標高1085メートとかなり低くなるので、気温が一気に上がり、ムッとするような暑さだ。
 道はここで尽きる。

 ウルバンバ川はこの先でアプリマック川と合流し、ウカヤリ川となってプカルパ、イキトスを過ぎ、アマゾン川となってペルー、コロンビア、ブラジルの3国国境から大西洋へと流れていく。

 キリャバンバの町では目抜き通りを歩き、町の市場を歩いた。そして食堂で昼食にする。スープと骨つき肉、それとライス、サラダで1人5ソル。日本円で200円ほどだ。

IMG_5877.jpg
「インカイン」の朝食

IMG_5878.jpg
ウルバンバ川の谷を見下ろす

IMG_5879.jpg
ウルバンバ川の断崖絶壁の道を行く

IMG_5881.jpg
キリャバンバの町の中心

IMG_5882.jpg
キリャバンバの市場

IMG_5884.jpg
昼食のスープ

IMG_5885.jpg
昼食の骨つき肉

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「南米・アンデス縦断」(14)

 マチュピチュ遺跡からアグアカリエンテに下ると、ちょうどクスコ行きの列車が発車するところだった。列車が発車するまで見ていた。クスコまでは114キロ。4時間半、かかるという。

 それにしてもなつかしい。

 1984年から85年にかけての「南米一周」では、クスコから列車に乗ってマチュピチュにやってきた。そのときの列車でのシーンが鮮やかに蘇ってくる。

 南米ではほとんど英語が通用しないが、マチュピチュ行きの観光列車内は別だった。
 世界中からの観光客が乗っているので、英語のみならず、フランス語やドイツ語も聞こえてくる。

 車内ではアメリカ人とドイツ人の2人組と一緒の席になったが、
「ニホンゴ、ワカリマスカ?」
 と、アメリカ人の青年に聞かれた。

 ぼくが日本人であることを知っての、いかにもアメリカ人らしいジョークだ。

 ドイツ人2人組は、
「クレイジーなアメリカンがジャパニーズを話した!」
 といって、大喜びだ。

 アメリカ人青年の日本語はなかなかのもの。それもそのはずで、彼は父親の仕事の関係で大阪で生まれ、16歳になるまで関西で過ごしたという。

 あれから25年。アメリカ人青年やドイツ人の2人組は「今ごろ、どうしているのだろう…」と、クスコ行きが発車したあとのアグアカリエンテ駅でなつかしむのだった。

 我々はアグアカリエンテで連泊だ。

 宿の「インカイン」にいったん集合し、何人かで温泉に行く。入浴料は10ソル。日本円で約400円。温泉は混浴で水着を着用して入る。濁り湯で湯温は38度。長湯するのにはちょうどいい。温泉プール風の露天の湯船もある。湯から上がったときは、体内の毒素がスーーーっと抜け出たような気持ちよさを感じた。

 夕食は町のレストランで。トマトスープとチャーハンだ。

IMG_5873.jpg
クスコ行きの列車

IMG_5886.jpg
アグアカリエンテの温泉

IMG_5874.jpg
夕食のトマトスープ

IMG_5875.jpg
夕食のチャーハン

IMG_5876.jpg
ビールやワインを飲みながらの楽しい夕食!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「南米・アンデス縦断」(13)

 マチュピチュ遺跡を歩き始める。

 山上の遺跡をとり囲む山々は、まるでカミソリの刃でそぎ落としたかのように、垂直に切り立っている。

 マチュピチュは険しい山々と、目のくらむような深い谷に囲まれた、まさに天然の要害の地。そのため侵攻してきたスペイン軍も、ついにこの地をみつけ出すことはできなかった。

 山上の要塞都市マチュピチュには、神殿や宮殿、浴場、住居などがあり、それらは1000を超えるという無数の石の階段で結ばれている。インカ独特の石造建築だ。

 また都市遺跡に隣りあって、石垣で築いた何段もの段々畑がある。マチュピチュで必要な食料は、すべてマチュピチュでまかなっていたという。

 マチュピチュ遺跡の崖っぷちに立つと、ウルバンバ川のゴーゴーと流れる音が聞こえてくる。ウルバンバ川沿いに走る列車の音が山肌を這い上がってくる。

 ショップで昼食のサンドイッチを買って食べ、午後はワイナピチュに登った。

IMG_5867.jpg
5867、みなさ~ん、これがマチュピチュですよ~!

IMG_5871.jpg
5871、マチュピチュの太陽の神殿

IMG_5870.jpg
5870、マチュピチュのリャマ

IMG_5872.jpg
5872、マチュピチュでの昼食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「南米・アンデス縦断」(12)

 オリャンタイタンボの「ホテル・パカリタンプ」の朝食。スクランブルエッグとソーセージに茹でたユカイモ(キャッサバ)がついている。それとコーンフレークにパン、チーズ、ハム。ジュースはオレンジ、パパイア、パイナップルと飲み放題だ。

 7時05分発の展望列車「ビスタドーム号」でマチュピチュの登り口のアグアカリエンテへ。2両編成のジーゼルカーで車両の上部がガラス張りになっている。列車はウルバンバ川の流れに沿って走り、1時間30分でアグアカリエンテに着いた。

 アグアカリエンテは直訳すれば「熱い水」で「温泉」を意味している。ここには温泉がある。町の高さは2045メートルだ。

 アグアカリエンテからシャトルバスでマチュピチュへ。曲がりくねった道を登っていくと、ウルバンバ川がはるか下の方に見えるようになり、バスは20分ほどでマチュピチュに到着。この地点の高さは2360メートル。標高3400メートルのクスコに比べると、はるかに低い。

 標高2940メートルのマチュピチュ山と標高2690メートルのワイナピチュを結ぶ稜線上のマチュピチュの遺跡は2400メートルほどの高さ。「空中都市」といわれるマチュピチュの遺跡が目の中に飛び込んできたときは感動の瞬間だ。

IMG_5857.jpg
「ホテル・パカリタンプ」の朝食

IMG_5859.jpg
アグアカリエンテに行く「ビスタドーム」

IMG_5860.jpg
アグアカリエンテの町

IMG_5861.jpg
マチュピチュからウルバンバ川の谷を見下ろす

IMG_5862.jpg
マチュピチュを一望!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「南米・アンデス縦断」(11)

「インカの都」クスコを1日かけてまわった翌日、マチュピチュに向けて出発。高原の道を走り、峠に到達。峠の露店ではカラフルな帽子やバッグ、布なのどが売られていた。峠周辺の畑ではジャガイモの植え付けが行われていた。

 峠を下っていくと、やがてウルバンバ川の流れとウルバンバの町が見えてくる。このウルバンバ川がアプリマック川と合流し、ウカヤリ川と名前を変え、アマゾン川になる。

 ウルバンバ川にかかる橋を渡り、ウルバンバの町を走り抜け、インカ時代の要塞のあるオリャンタイタンボへ。

 クスコから80キロのオリャンタイタンボに到着すると町のレストランで昼食。アンデスの雑穀、キノアのスープを飲み、ポークのメインディッシュを食べた。ポークには揚げたユカイモ(キャッサバ)と野菜類が添えられていた。

 オリャンタイタンボでは「ホテル・パカリタンプ」に泊まった。草木に囲まれたリゾートホテル。中庭ではキノアが見た。ぼくにとっては初めて見るキノアだ。

 南米原産の作物というとキャッサバとジャガイモだが、雑穀のキノアは唯一の穀物。その名前は知っていたが、ここではキノアのスープを飲み、本物のキノアを見ることができた。それがうれしい!

 午後はオリャンタイタンボの遺跡を歩き、翌日の列車でマチュピチュに向かっていく。

IMG_5838.jpg
クスコを出発

IMG_5839.jpg
アンデスの高原を行く

IMG_5841.jpg
アンデスの峠

IMG_5840.jpg
峠の露店

IMG_5846.jpg
ウルバンバの町を見下ろす

IMG_5850.jpg
オリャンタイタンボに到着

IMG_5854.jpg
キノアのスープ

IMG_5856.jpg
ポークのメインディッシュ

IMG_5848.jpg
「ホテル・パカリタンプ」

IMG_5908.jpg
これがキノアだ!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「南米・アンデス縦断」(10)

 クスコを一望する展望台から中心街に戻ってきた。

 さすがペルーで一番の観光都市だけあって、目抜き通りには土産物店が並び、ペルー内外からの旅行者が目立った。

 まずはプラサ・アルマス(アルマス広場)へ。ここはインカ時代からの町の中心。スペイン時代になってからも町の中心だ。

 クスコは「インディオの都」といわれるだけあって、インカの末裔たちの姿を多く見かける。山高帽をかぶり、手織りの布で荷物を包み込んで背負い、前掛けをしている。アルパカの毛で編んだセーターや、色とりどりの糸で編んだひもを売り歩く人もいる。

 広場の正面にそびえたつカテドラルは壮大な建物。インカ時代のピラコチャ神殿の跡に建てられた。インカ帝国を征服したスペインの力を見せつけている。

 アルマス広場近くのメルセ寺院には、寺宝のクストディア(守護神)がある。これは純金の台に2個の大きな真珠(そのうちの1個は世界最大だという)、さらに615個の真珠、1518個のダイアモンド、そのほかエメラルド、ルビー、トパーズなどの宝石がちりばめられたもの。このクストディアもキリスト教を植民地支配の道具にしたスペインの権力を象徴しているかのようだ。

 考古学博物館ではインカ時代の焼き物を見た。だがそれは粗末なもの。プレインカのモチーカやナスカ、チムー時代のものとは比べものにならない。プレインカ時代に持っていた南米人の明るさ、のびやかさがインカ時代の焼き物からは、完全に消えている。

 北はコロンビア南部から南はチリ北部まで、広大な領土を支配したインカ帝国だが、力による支配は一般民衆にとっては暗黒政治だったようだ。そのためインカ帝国は人心を得ることができず、スペインのコンキスタドール(征服者)によって皇帝が殺されると、まるで雲散霧消するかのように帝国は消滅した。

 アルマス広場から南東に300メートルほど行ったところにはインカ時代の太陽の神殿(コリカンチャ)がある。その石組みは「カミソリの刃、1枚通さない」といわれるほど精巧なもの。そのインカ時代の石組みの土台の上にサント・ドミンゴ教会が建っている。クスコを襲った大地震でサント・ドミンゴ教会は崩落したが、インカ時代の石組みはびくともしなかったという。

 次にクスコを拠点にして、周辺のインカ帝国時代の遺跡をめぐった。

 クスコを見下ろす丘の上のサクサイワマンに行く。1日3万人という膨大な労働力を投入し、それでも完成までに80年かかったといわれるほどの、首都防衛の巨大な要塞。見上げるような巨岩をふんだんに取り込み、3段の石垣をめぐらせている。正面の広場では、毎年6月24日、インカ帝国の全盛期を再現した太陽神の祭りがおこなわれる。インカ帝国の皇帝や高官、従者などに扮した人たちが、色とりどりの民族衣装をまとい、それは華やかなものだという。

 サクサイワマンにつづいて、インカ時代の神聖な沐浴場だったタンボ・マチャイ、インカ時代の祭礼場だったといわれるケンコー、関所が置かれていたプカ・プカラに行った。

IMG_5913.jpg
クスコの目抜き通り

IMG_5932.jpg
アルマス広場に面したカテドラル

IMG_5917.jpg
太陽の神殿のコリカンチャ

IMG_5918.jpg
サクサイワマンからの眺め

IMG_5919.jpg
サクサイワマンの石垣

IMG_5921.jpg
サクサイワマンにやってきた修学旅行の生徒たち

IMG_5925.jpg
タンボ・マチャイの聖なる泉

IMG_5926.jpg
ケンコーの巨岩

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク


「南米・アンデス縦断」(9)

 クスコでは中心街にある「ムナワシ・イン」に泊まった。翌朝は6時にホテルの朝食を食べ、6時30分に出発。1日かけて「インカ帝国の都」をまわった。

 クスコはケチュア族のケチャア語で「へそ」を意味する。この地はまさにインカの「へそ」なのだ。

 インカ帝国の前身となるクスコ王国は13世紀に成立した。その後のインカ帝国はクスコを首都にし、最盛期には北はコロンビア南部から南はチリ北部までを支配する大帝国に発展した。

 その大帝国はあっけなく崩壊してしまう。

 1532年、スペインの探検家ピサロらのコンキスタドール(征服者)はカハマルカでインカ第13代皇帝のアタワルパを殺害すると、翌1533年、クスコに攻め入り、金銀財宝を強奪してインカ帝国を滅ぼした。

 クスコ郊外の高台まで行き、町並みを一望する。

 今のクスコはペルー・クスコ県の県都。人口は約30万人。クスコの北をアマゾン本流のウルバンバ川、南をアマゾン最長のアプリマック川が流れている。その間にはアンデス山脈のビルカバンバ山脈が連なっている。その最高峰は標高6271メートルのサルカンタイ山だ。

IMG_5834.jpg
「ムナワシ・イン」の朝食

IMG_5835.jpg
コカ茶を飲む

IMG_5836.jpg
「ムナワシ・イン」のロビー

IMG_5837.jpg
「ムナワシ・イン」の前の道

IMG_5912.jpg
クスコの町並みを一望する

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード