著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南米・アンデス縦断」(25)

 2007年12月14日。いよいよクスコの町を離れる日がやってきた。

 6時、「ムナワシ・イン」の朝食。パパイア、オレンジ、パイナップルのジュースを飲み、メロン、マンゴー、パパイア、パイナップル、スイカ、バナナのフルーツとシリアル、アンデスパン、チーズ、ハム、ベーコンを食べる。

 8時、クスコを出発。ボリビアの首都ラパスを目指してDR-Z400Sを走らせる。ウルバンバ川上流のビルカノタ川に沿った道だ。

 標高4312メートルのラヤ峠に到達。アマゾン川の水系とチチカカ湖の水系を分ける峠だ。ここでアマゾンの世界と別れることになる。

 クスコからビルカノタ川に沿って走ってきたが、この川はウルバンバ川、ウカヤリ川と名前を変え、アマゾン本流となって大西洋へと流れていく。このビルカノタ川のわずかに西を流れるアプリマック川が、アマゾン川の最長の流れになっている。その源頭というのは、かぎりなく太平洋に近い。

 アマゾン川というのは、前にも言ったことだが、太平洋岸スレスレぐらいのところから、南米大陸を横断して流れ、大西洋に流れ出ていく川なのだ。

 そのアマゾン川最長のアプリマック川だが、ナスカからクスコへの途中で通ったアバンカイの町の東側を流れ、パンパ川を合わせ、マンタロー川と合流してエネ川になり、さらにタンボ川になり、ウルバンバ川と合流し、ウカヤリ川と名前を変え、アマゾン川の本流となって大西洋に流れていく。

 アマゾン川の全長は6300キロ。長さではアフリカのナイル川(全長6990キロ)に次いで世界第2位だが、流域面積ではナイル川やミシシッピー川などを大きく引き離して、ダントツで世界第1位になっている。

 アマゾン、ナイル、ミシシッピーの「世界3大河川」を一目見ればすぐにわかることだが、アマゾン川は桁外れの水量といっていい。アマゾン川は他を圧して世界最大の川になっている。

 アンデス山脈の4000メートル級の峠、ラヤ峠に立って、ぼくはいつの日か、アマゾン川の源流から河口までをたどってみたいと思うのだ。

IMG_5966.jpg
クスコの「ムナワシ・イン」の朝食

IMG_5967.jpg
クスコの「ムナワシ・イン」を出発

IMG_5968.jpg
クスコからラヤ峠の道で小休止

IMG_5969.jpg
ラヤ峠へ

IMG_5971.jpg
ラヤ峠に到達!
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(24)

 ウルバンバ川沿いの「インカの聖なる谷」からクスコに戻ると、クスコを歩いた。
 これが最後のクスコだ。

 まずはアルマス広場。スペイン時代以降のクスコの中心だが、インカ時代も帝国の首都クスコの中心になっていた。アルマス広場に面して建つカテドラル(大聖堂)は、インカ時代のピラコチャ神殿の跡に建っている。

 次にカテドラルのすぐ近くにある「インカ博物館」を見学。ここではインカ時代のみならず、チャビンやナスカ、モチーカ、チャンカイ、チムーのプレインカ時代の文化を知ることができる。

インカ時代の土器類が展示されていたが、暗く沈んだ印象を受けた。そこにはプレインカ時代の明るさ、華やかさは見られない。

 アルマス広場近くの旅行社で目についたのはレンタバイクだ。
 クスコでバイクを借り、クスコを拠点にして周辺をまわるのも面白そうだと思った。

 こうして最後の「クスコ歩き」を終え、「ムナワシ・イン」に戻った。
 夕食はみなさんと一緒にレストランで。

 クスコに最初に到着した夜と同じ、ペルーを代表する伝統料理の「ロモ・サルタード」を食べた。今回の肉はアルパカではなく牛だった。

IMG_9971.jpg
クスコのカテドラル

IMG_5962.jpg
インカ博物館の入口のコンドル像

IMG_5963.jpg
インカ博物館に展示されているインカ時代の土器類

IMG_5961.jpg
アルマス広場近くの旅行社

IMG_5964.jpg
夕食のスープ

IMG_5965.jpg
夕食の「ロモ・サルタード」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(23)

 ウルバンバ川沿いの「インカの聖なる谷」めぐりの第3弾目はウルバンバ。この町はウルバンバ河谷の中心地になっている。

 カルカから乗合バスに乗ってウルバンバへ。その間は20キロ、料金は1ソル(約40円)だ。バスは40分ほどでウルバンバに着いた。

 ピサックからウルバンバまでのウルバンバ川沿いの道は、ほとんど高低差がない。その間の高さは2000メートル台。ピサックが標高2850メートル、ウルバンバは標高2870メートルで、標高3400メートルのクスコよりもはるかに低い。クスコで高山病になったら、このウルバンバ川沿いの「聖なる谷」をめぐったらいい。きっと1日で治ることだろう。

 バイクでの「クスコ~オリャンタイタンボ」間の往復では、2度、この町を通った。
 しかし、2度ともウルバンバで止まることはなく、町並みを走り抜けた。

 それだけにウルバンバに着いたときは、「よーし!」という高揚した気分。さっそくピサックやカルカよりもはるかに大きな町を歩きはじめた。

 町歩きを終えると食堂に入り、「ヌードルスープ」を食べた。

 ペルー風のうどんといったところで、中には鳥肉とユカイモ(キャッサバ)が入っている。1杯3ソル(約120円)だった。

 昼食後はピサックとカルカと同じようにウルバンバの市場を歩いた。
「聖なる谷」の中心だけあって、ウルバンバの市場は大きい。市場に並ぶジャガイモの量の多さには圧倒されてしまう。雑穀のキノアも売られていた。

 いよいよクスコに戻る時がきた。

 三輪タクシーで町外れにあるバスターミナルへ。料金は1・5ソル(約60円)。発車直前のクスコ行きのバスに乗った。

 クスコまでは80キロ。料金は3・5ソル(約140円)だ。

「ウルバンバ→クスコ」間はバイクで往復しているので勝手を知った道。それをバスの車窓から確認するようなもの。峠道を登り、峠を越えたときは、ちょっと寂しい気分で「聖なる谷」に別れを告げた。

 13時20分にウルバンバを出発したバスは、15時30分にクスコに着いた。

IMG_5950.jpg
ウルバンバの目抜き通り

IMG_5951.jpg
ウルバンバの町を歩く

IMG_5952.jpg
ウルバンバの教会

IMG_5955.jpg
昼食の「ヌードルスープ」

IMG_5953.jpg
ウルバンバの市場を歩く

IMG_5959.jpg
クスコに戻ってきた

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(22)

 ウルバンバ川沿いの「インカの聖なる谷」めぐりの第2弾目はカルカの町だ。

 ピサックから乗合バスに乗っていく。料金は1ソル(約40円)。満員のマイクロバスはウルバンバ川沿いに走り、30分ほどでカルカに着いた。ピサックからカルカまでは18キロ。

 カルカに着くと、町の中心の広場に行く。カルカに限らず、ペルーの町はどこもそうだが、広場が町の中心になっている。

 広場は町民の憩いの場。きれいな広場で、その中央に噴水がある。紫色のジャカランダの花が咲いていた。花の色は違うが、日本の桜を思わせるようなジャカランダの花だ。

 この広場を拠点にしてカルカの町を歩いた。

 カルカにもインカ時代の遺跡はあるが、遺跡には行かずに市場を見てまわる。市場内を野良犬が我が物顔でかけめぐっていた。

IMG_5949.jpg
満員のバスでカルカへ

IMG_5944.jpg
カルカの広場の噴水

IMG_5943.jpg
カルカの教会

IMG_5948.jpg
カルカの町を歩く

IMG_5945.jpg
カルカの市場

IMG_5947.jpg
チーズを売っている

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(21)

 マチュピチュからクスコに戻った翌日は自由行動。各人が思い思いのプランでクスコをまわった。

 ぼくはといえば、クスコを拠点にしてバスを乗り継ぎ、ウルバンバ川沿いの「インカの聖なる谷(ウルバンバの谷)」の町をめぐることにした。

「ムナワシ・イン」の朝食を食べ、7時に宿を出発。クスコの中心のアルマス広場に行き、そこからバスターミナルへ。

 まずはピサック。ピサックまでは30キロほど。バス代は2・4ソル(約100円)と安い。「クスコ~ピサック」間のバスは頻繁に出ている。バスはマイクロバスで満員になると出ていく。

 1時間ほどでウルバンバ川沿いの町、ピサックに到着。ここは山上の遺跡で知られているが、遺跡には行かず、町をプラプラ歩いた。そのあと市場を歩いた。「凍みジャガイモ」のチューニョが目についた。

IMG_5930.jpg
「ムナワシ・イン」の朝食

IMG_5936.jpg
ピサックに到着

IMG_5933.jpg
ピサックの町を歩く

IMG_5938.jpg
ピサックの市場

IMG_5939.jpg
ジャガイモ売り場

IMG_5934.jpg
チューニョ売りのオバチャン

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(20)

 クスコの中心、アルマス広場に近い「KINTARO」食堂で昼食を食べると、午後は市場を歩いた。

 果物市場ではパパイアやバナナ、ブドウ、マンゴー、リンゴ、オレンジ、イチゴなどが売られていた。

 ジャガイモ売り場が壮観だ。さすが原産地、何種類ものジャガイモが山積みになって売られている。初めてみる紫色のジャガイモもあった。「凍みジャガイモ」のチューニョも売られていた。

 トウモロコシやトウモロコシの粉、豆類、米、雑穀キノア、トウガラシなど、毎日の食生活にかかせない売り場は混み合っていた。

 肉売り場ではオバチャンが大ナタを振るい、豚肉を骨ごとたたき割っていた。やることが豪快だ。

 市場には露天の食堂もあった。常連客がほとんどのようで、みなさん、自前の食器で食べている。ちょっとのぞかせてもらうと、ジャガイモと豆、豚肉の入った汁をライスにかけたもの。それとチューニョ入りのスープだ。

 市場の片すみでは、少女がアンデスの地酒チチャを素焼きの壺に入れて売っていた。  チチャはトウモロコシを発芽させ、乾燥させたものが原料になっている。それを石臼で挽いて粉にし、鍋でドロドロになるまで煮込み、カメに入れて数日間、発酵させたもの。1杯もらって飲んでみたが、アルコール度はビールよりも弱く、若干の酸味があった。イチゴジュースを薄くしたような色で、清涼飲料水のようでもあった。

 市場歩きを終えると、クスコ駅に行く。ガラーンとしたホームにはプーノ行きの列車が停車していた。

 こうしてクスコ歩きを終えるとアルマス広場に戻り、「KINTARO」食堂で夕食にした。日本風海鮮丼の「インカ丼」。丼飯の上にマスの切り身をのせ、醤油をかけ、わさびをきかせて食べるのだ。

IMG_5937.jpg
クスコの市場を歩く

IMG_5946-2.jpg
ジャガイモの売り場

IMG_5935.jpg
色とりどりのトウモロコシ

IMG_5957.jpg
豆類の売り場

IMG_5958.jpg
アンデスの雑穀キノアも売られている

IMG_5960.jpg
プーノ行きの列車

IMG_5929.jpg
クスコの「インカ丼」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(19)

 オリャンタイタンボの「ホテル・パカリタンプ」の朝食。アンデスパンにハムとバター、それとスクランブルエッグにソーセージ、揚げバナナ。最初にフルーツジュースを飲み、コーンフレークを食べ、それからメインの朝食を食べた。

 ここのアンデスパンはオリャンタイタンボ・パンということになる。

 揚げバナナというのはプランタインのことで、熟しても甘くならない。それを青いうちにとり、イモと同じように料理する。デザートのバナナは甘味の強いバナナだ。

 朝食を食べ終え9時、各人の愛車にまたがり、「ホテル・パカリタンプ」を出発した。 オリャンタイタンボからは来たときとは逆にウルバンバへ。

 ウルバンバの町を走り抜け、ウルバンバ川を渡り、峠を越えてクスコへ。

 クスコ郊外のガソリンスタンドで給油。ペルーのガソリンにはオクタン価が95と90、85の3種類あるが、我々は95を入れた。

 クスコの町並みを一望する展望ポイントでバイクを止め、そこからクスコの中心街に入っていく。

 クスコに戻ってきた。クスコを出発してからまだたいして日数もたっていないのに、何かすごくなつかしさを感じる。

 11時、「ムナワシ・イン」に到着。前回と同じ宿だ。

 部屋に荷物を入れると、アルマス広場に近い「KINTARO(金太郎)」食堂で昼食にする。ここは日本食の店。コロッケとサラダ、おから、浅漬けの漬物、それとご飯、味噌汁という日替わり定食を食べた。久しぶりの日本食は腹にしみた。

IMG_5903.jpg
「ホテル・パカリタンプ」の朝食

IMG_5910.jpg
クスコ郊外のガソリンスタンド

IMG_5911.jpg
クスコ郊外の道標

IMG_5912_20130904090006215.jpg
クスコを一望!

IMG_5914.jpg
「KINTARO」食堂の日替わり定食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(18)

 オリャンタイタンボの「ホテル・パカリタンプ」に戻ってきた。

 まずはホテルの中庭に停めてあった相棒のスズキDR-Z400Sを見る。エンジンをかけてみる。大丈夫。まったく問題なし。安心したところで、快適なホテルのベッドでひと眠りした。

 昼寝から目が覚めたところでオリャンタイタンボの町を歩く。路地裏にも入っていった。この町はウルバンバ川沿いの「聖なる谷」のほぼ中心に位置している。それもあってインカ時代は宿場町にもなっていたようだ。ちなみにオリャンタイタンボの「タンボ」は、ケチュア語で「旅籠」を意味するという。

 夕食は町のレストランで。トロッとした風味のチューニョのスープとスパゲティーだ。 チューニョというのは「凍みジャガイモ」のこと。チュニョはアンデスの食文化を象徴している。

 標高3000メートル前後のアンデス高地は一面のジャガイモ畑。ジャガイモを栽培している一帯が、アンデスでは一番、人口が多い。

 アンデスの食堂で食事をすると、必ずといっていいほどジャガイモが出る。スープにもジャガイモが入っている。さすがにジャガイモの原産地アンデスだけあって、ここではジャガイモ抜きの食事は考えられない。
 チューニョ入りのスープもごく一般的なものだ。

 チューニョは日本でいえば凍豆腐のようなもの。ジャガイモを野天に広げ、夜間の寒さで凍らせ、昼間の天日で溶かす。それを繰り返し、ブヨブヨになったジャガイモを踏みつけて水分を抜き、乾燥させる。

 一日の気温の差の大きいアンデス高地だからこそできる乾燥ジャガイモだ。保存食には最適で、使うときに水や湯で戻す。

 ぼくはチューニョにアンデスの民の知恵を見る。

IMG_5909.jpg
「ホテル・パカリタンプ」

IMG_5897.jpg
オリャンタイタンボの路地裏を歩く

IMG_5900.jpg
チューニョのスープ

IMG_5902.jpg
夕食のスパゲティー

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。