著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

「南米・アンデス縦断」(36)

 12月22日6時、起床。まだ暗いアントファガスタの中心街を歩く。コロン広場の周辺には歴史的な建造物が建ち並んでいる。アントファガスタは北部チリ最大の都市。19世紀半ばの移住以来、この町は内陸部の硝石や銅、銀などの鉱物資源の積み出し港として栄えてきた。

 チリは南北に細長い国。それも中途半端な細長さではなく、世界でもほかに例を見ないほど細長い。南北の長さは4329キロもあるのに、東西の幅は200キロもない。

 今回、ボリビア国境からカラマを通ってアントファガスタまでやってきたが、その間の走行距離は420キロ。チリ全体で見るとアントファガスタの周辺は東西の幅が一番広いし、ルートも東西に横断というよりも、北東から南西に斜断するようなルートを走ったので400キロを超えた。

「ディエゴ・デ・アルマジロ・ホテル」に戻ると、ジュース、パン、ハム&チーズの朝食を食べ、8時出発。COPECのガソリンスタンドで給油し、パンアメリカンハイウェイの国道5号を南下する。前方には一望千里の大砂漠、アタカマ砂漠が広がっている。

 アタカマ砂漠は太平洋とアンデス山脈の間に延びる南北に細長い砂漠で、その長さは1000キロにも及ぶ。目に入るのは、はてしない砂の世界。一木一草もない、一獣一鳥の姿もない「死の世界」。その中にパンアメリカンハイウエーのひと筋の舗装路が延びている。

 真夏のアタカマ砂漠の暑さは強烈だ。熱風が吹き荒れている。気温は40度をはるかに超えている。相棒のスズキDR-Z400Sで切る風は、熱風をかきまぜるだけなので、すこしも涼しくならない。あまりの暑さに頭が朦朧としてくる。

 アントファガスタは南回帰線上の町。南に下ると亜熱帯圏から温帯圏に入っていくのだが、熱しやすくて冷めやすい砂漠の気候はじつに厳しい。

 そんなアタカマ砂漠の中に巨大な手のモニュメントがあった。国道5号を外れて砂漠を走り、「手のモニュメント」の前で写真を撮った。そのあと我々は思い思いにアタカマ砂漠を走るのだった。

 昼食は国道5号沿いのレストランで。砂漠の中にポツンとある。ここではシーフードスープとライス&チキンを食べた。

 この日はアントファガスタから417キロ走り、太平洋岸の町、チャニャラルの「ホステリア・チャニャラル」に泊まった。ここは砂漠と海の接する町。夕食のカレーライスを食べるとバイクの整備。DRの各部を点検し、オイル交換やチェーン調整をした。

IMG_6034.jpg
アントファガスタのCOPECで給油

IMG_6035_201311241841358b4.jpg
アタカマ砂漠の手のモニュメント

IMG_6036.jpg
アタカマ砂漠を走る

IMG_6038.jpg
昼食のシーフードスープ

IMG_6039.jpg
昼食のライス&チキン

IMG_6040.jpg
国道5号を行く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(35)

 12月21日。今日の目的地は太平洋岸の港町、アントファガスタ。200キロほどの距離なので朝はゆっくり。7時に起き、カラマの町をプラプラ歩いた。アタカマ砂漠のオアシスのカラマだが、町を歩いている限りでは砂漠を感じさせるものはない。この町の近くには世界でも最大級の銅山、チュキカマタ銅山がある。

「ホテル・アルファ」に戻ると、コーンフレーク、パンとハム、チーズ、フルーツポンチの朝食を食べ、出発は10時過ぎだ。

 アントファガスタに向かって国道25号を走る。アタカマ砂漠の熱風を切り裂いて走り、国道沿いのレストランで昼食。肉とカボチャ、ジャガイモの入ったスープ風の「カスエラ・デ・カルネ」とライス、サラダを添えた魚のフライ。ここでも時間があるのでゆっくりゆったりと食べた。

 16時にはアントファガスタに到着。町中の「ディエゴ・デ・アルマジロ・ホテル」に泊まった。
 ホテルには仲間の石井さんがすでに到着していた。

 石井さんは体調を崩し、アンデスの4000メートル級の峠を越えるのが不安だといって、ペルー太平洋岸のナスカで我々と別れた。石井さんはそのまま太平洋岸を走り、アレキーパを通ってチリに入り、アントファガスタにやってきたのだ。

 その夜は石井さんの無事な到着を祝って町のレストランで大宴会。
 よかった、ほんとうによかった。

 道祖神のバイクツアー「賀曽利隆と走る!」シリーズでは、石井さんは絶対に欠かせない存在。2002年の「ユーラシア横断」を皮切りに、2003年の「アラスカ縦断」、2004年~2005年の「サハラ縦断」、2006年の「シルクロード横断」を一緒に走っている。

 ということで、アントファガスタで石井さんの元気そうな顔を見たときは心底ホッとしたし、うれしかった。

IMG_6028_201311171139000ba.jpg
カラマの「ホテル・アルファ」の朝食

IMG_6029.jpg
アタカマ砂漠のレストランで昼食

IMG_6030.jpg
昼食の「カスエラ・デ・カルネ」

IMG_6032.jpg
ライスとサラダを添えた魚のフライ

IMG_6033.jpg
アントファガスタに到着だ!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(34)

 雨期の水の溜まったウユニ塩湖を走り、ウユニの町に戻った。

 今度はウユニ塩湖の南のルートでチリ国境に向かう。ウユニの町を出ると二又の分岐。そこには右サンクリストバル91キロ、左アトチャ101キロの道標が立っている。この分岐を右へ、サンクリストバルに向かう。左のアトチャはウユニからアルゼンチン国境に通じる鉄道沿いの町。そこにはアトチャ駅がある。

 ウユニからは標高4000メートル前後のアタカマ高地を行く。幅広のダートが高原を貫いて一直線に延びている。DR-Z400Sではちょっとものたりなくなるほどのフラットダートだ。

 ウユニを出てから2時間ほどでサンクリストバルの町に着く。ここで給油、町を出たところで昼食。アタカマ高地でのランチ。サンドイッチを食べたところで、昼食後の休憩時間を目一杯つかって昼寝する。これが最高の気持ちよさ。

「さー、出発しましょう!」
 道祖神の菊地さんの声で飛び起き、チリ国境へ。標高4300メートルの峠を越える。ゆるやかな峠。目の前には噴煙を上げる火山が見える。チリ国境からウユニに向かっていく列車も見える。

 ボリビア・チリの国境はオラグエ。ここは標高3720メートル。ボリビア側のイミグレーションに到着したのは14時30分。ウユニから224キロの地点だ。

 出国手続きは簡単に済み、チリ側のイミグレーションへ。4キロほど。その中間点が両国の国境になる。

 15時、チリ側のイミグレーションに着く。ここにはアントファガスタ行きの列車が止まっていた。チリでの入国手続きには手間取り、国境を出発したのは2時間後の17時。チリは夏時間に入っていたので、チリ時間では18時になる。しかしこの時間だと、まだ昼間のように明るい。 

 チリに入りカルマの町に向かっていく。いくつもの火山を見る。塩湖も見る。道に沿って鉄道が通っている。日が傾くと、西日をモロに受けて走るようになる。やがて長い夏の日が落ち、暗くなる。カルマまではナイトランだ。

 世界でも最大級のチュキカマタ銅山の明かりが見えてくるとカルマは近い。
 国境から200キロのカルマに着いたのは23時。「ホテル・アルファ」に泊まった。

IMG_6018.jpg
ウユニ塩湖を走る!

IMG_6023.jpg
ウユニの町外れの分岐

IMG_6024.jpg
アタカマ高地を行く

IMG_6025.jpg
アタカマ高地でのランチ

IMG_6026.jpg
ボリビア・チリの国境地帯

IMG_6027.jpg
国境からカルマへの道

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

「南米・アンデス縦断」(33)

 12月20日。「ホテル・ジラソレス」の朝食を食べると、ウユニ塩湖経由の道でチリ国境に向かう。ウユニの町を出て20キロほど走ると、一面の塩原のウユニ塩湖に入っていく。長さ120キロ、幅140キロという大塩湖は、見渡す限りの塩原だ。

 乾期だと塩原はカチンカチンで大型トラックでも通行できるが、雨期の塩原はたっぷりと水を吸っている。チリ国境に通じている鉄道に沿ってウユニ塩湖を走る予定だったが、急きょルートを変更し、ウユニの町に戻ることにし、別ルートでチリ国境に向かうことにした。その前に各人が思い思いに塩湖を走り、走り終わると塩湖にバイクを止め、メンバー全員での記念撮影だ。

 1984年から1985年の「南米一周」では、やはりこの季節(雨期)にウユニにやってきてウユニ塩湖を越えたが、チリ国境までの200キロは命がけだった。

 当時はウユニの町からチリ国境への道は、ウユニ塩湖南側の鉄路沿いの道のみだった。
 乾期ならば干上がった塩原の上を車でもバイクでも高速で走れるが、雨期の塩原はたっぷりと水を吸ってズブズブの状態。交通はまったく途絶えていた。その中に「南米一周」の相棒、スズキDR250Sで突っ込んでいったのだ。

 ウユニ塩湖の塩原は、最初のうちは固く締まり、走りやすかった。塩原にめり込むこともなかった。目が痛くなるほど白く輝く塩原は、まるで雪原を思わせた。

 しかし塩原が固かったのは、最初のうちだけで、やがてどんどん柔らかくなってくる。DRの車輪がズボーッともぐるようになり、そのたびに、大汗をかいて脱出した。それでも戻ろうという気にはならず、強引に塩原を走りつづけた。

 塩を巻き散らしながら80キロぐらいのスピードで突っ走っていると、突然、柔らかな泥沼状の中にフロントタイヤがめりこみ、車輪はロックし、急停車した。その反動であやうく体は投げ出されるところだった。

 全身泥まみれになってDRを泥沼の中から引きずり出したが、
「もう、これ以上は無理だ…」
 と判断し、並行して走る鉄道の線路に上がった。線路は盛土をしてある。

 線路内を走った。このような事態も想定していたので、列車のダイヤは事前に調べてあった。列車は週1本。そのため線路内で列車と衝突する危険性はなかった。ただ、線路内に敷きつめられた砂利と枕木で、猛烈な振動に見舞われた。腹わたがよじれるくらいの振動に耐えながら走ったのだ。リオグランデという川の鉄橋を渡るときは怖かった。

 前方に火山群が見えてくる。平坦なアタカマ高地にポコッ、ポコッと積木細工のように富士山型の火山がいくつものっている。そこがボリビアとペルーの国境地帯。塩と泥、線路の砂利と枕木との大格闘の200キロだったが、無事、国境に到着した。

 ボリビア側で出国手続きをし、チリ側に入ったとき、国境事務所の係官たちは、
「いったい、どこからやってきたんだ」
 といわんばかりの顔をした。

IMG_6017.jpg
「ホテル・ジラソレス」の朝食

IMG_6021.jpg
ウユニ塩湖で記念撮影

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード