著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ縦断2013-2014(その27)

「ナイロビ→ケープタウン編」(27)


 1月7日、朝食のマヨパンを食べると、スワコップムントを出発。南に40キロほどのウオルビスバイに向かう。ウオルビスバイへの道はメインルートの海岸経由とマイナールートの内陸経由があるが、内陸ルートを走った。前日のケープ・クロスへの道と同じ、塩で固めた高速ダート。右手にはナミブ砂漠の砂丘が切れ目なくつづく。

 大西洋岸のウオルビスバイの町に到着。ここで給油。ウオルビスバイはナミビア最大の貿易港になっている。ナミビアの独立以前、ここは南アフリカ・ケープ州の直轄地になっていた。

 ウオルビスバイからナミブ砂漠に入っていく。舗装路が途切れると、幅広のダートに突入。路面は整備され、けっこう固く締まっているので高速で走れる。ただし砂溜まりなどでハンドルをとられると、そのまま高速で吹っ飛んでしまうので要注意だ。

 強烈な日差しを浴びながら走るので、頭がクラクラしてくる。乾いた熱風をまともに受けて走るので、あっというまに口びるが割れ、のどがひきつるように痛んでくる。

 昼食は道路脇で。うち捨てられた道路工事用車両をみつけ、そのわずかな日陰でコカ・コーラを飲みながらホットドッグを食べる。ともにウオルビスバイで仕入れたもの。食べ終わると30分ほどの昼寝。車両の下にもぐり込んで寝た。砂漠では太陽光線さえ避けられれば、こうして炎天下でも寝られるのだ。

 一望千里の広大な砂漠から乾燥した丘陵地帯に入っていく。山を越え、谷に下ると、わずかばかりの水が流れている。道の両側には地を這うような草が一面にはえている。

 ウイントフックに通じる道と分かれ、南回帰線に到達。そこには「Tropic of Capricon」の表示板が立っている。我々はその前にバイクを止めて記念撮影をした。

 南緯23度26分の南回帰線は熱帯圏と温帯圏を分けているが、南回帰線を越えて南下してもジリジリと大地を焼き尽くすような日差しの強さは変わらない。

 ウオルビスバイから320キロ走るとソリタールに着く。ここにはレストランとガソリンスタンド、ミニショップが砂漠の中にポツンとある。給油し、冷たいコカ・コーラを飲み、ホッとひと息、入れるのだった。

 ソリタールから50キロほどでナミブ砂漠観光拠点の「セスリエム・キャンピング」に到着。ここには連泊する。夕食のカレーライスを食べ、焚火を囲みながらワインを飲む。ここでは立命館大学の学生に会った。ウイントフックでレンタカーを借り、5人の日本人旅行者とナミビアをまわっている。メンバーの中には「世界一周」中の夫婦もいるとのことだ。

 翌日は4時、起床。マヨパンの朝食を食べると、我々はサポートカーのトヨタのランドクルーザーで「デューン45」まで行く。このデューン45はナミブ砂漠でも一番よく知られている大砂丘で、砂丘の上から砂漠に昇る朝日を見ようというのだ。以前はバイクでデューン45まで走れたが、今では車のみ。そこで我々はぎゅう詰めになってサポートカーに乗り込んだ。

「デューン45」を目の前にする駐車場に着くと、ハーハー肩で息をしながら砂丘を登っていく。ザラザラ砂が崩れるので歩きにくい。砂丘のてっぺんに立つと、山の端から朝日が昇る。朝日を浴びて金色に輝く砂丘の美しさには大感動。しばらくは砂丘に座り込み、刻一刻と移りかわっていく色の変化を眺めつづけた。砂丘には見飽きない魅力がある。

 存分にナミブ砂漠の砂丘を堪能したあとは、伊藤さんと『月の沙漠』を大声で唄いながら砂丘を下った。「月の砂漠を はるばると 旅のらくだが行きました…」は心にしみた。

「デューン45」からキャンプ地に戻ると、我々はスイカ割りをした。そのあとで食べたスイカのうまさといったらない。スイカは砂漠で食べるのに限る!

 こうして一日、「セスリエム・キャンピング」を拠点にしてナミブ砂漠を楽しんだ。

IMG_2156.jpg
灼熱のナミブ砂漠を行く

IMG_2164.jpg
炎天下、ここで昼食を食べる

IMG_2181.jpg
南回帰線に到達!

IMG_2188.jpg
南回帰線での記念撮影

IMG_2211.jpg
セスリエムのキャンプ場での焚火

IMG_2223.jpg
ナミブ砂漠の砂丘「デューン45」に登る

IMG_2231.jpg
2231、スイカ割りのあとはスイカを喰らう!
スポンサーサイト

アフリカ縦断2013-2014(その26)

「ナイロビ→ケープタウン編」(26)


 スワコップムントのキャンプ場「アルテブリュッケ」には連泊する。

 1月6日は夜明けとともに起き、大西洋の砂浜を歩いた。そのあと町中を歩き、24時間営業のガソリンスタンドでコカコーラを買って飲んだ。1本11ドル(約110円)で、前夜のビールよりも高い。ガソリンスタンドの並びにはトヨタの販売店、ヤマハの販売店があった。

 キャンプ場に戻ると、マヨパンの朝食を食べ、世界最大のアザラシの生息地として知られているケープ・クロスに行く。この日はナイロビを出発してから19日目。ケープクロスまで行くのは希望者だけで、疲れている人はスワコップムントで休息をとってもらうという予定だったが、全員が元気満々で、全員がバイクでケープ・クロスに向かった。

 スワコップムントの町を出ると、大西洋岸のナミブ砂漠の道は塩で固めた高速ダートになる。アクセル全開で走ったが、舗装路以上に快適に走れる。世界にはこんな道もある。 北はアンゴラ国境から南は南アフリカ国境まで、大西洋岸沿いに1300キロもつづくナミブ砂漠は南北に細長い砂漠。東西の幅は狭いところだと50キロ、広いところでも150キロぐらいでしかない。

 スワコップムントから北に80キロほど走ると、大西洋岸のヘンテスベイの町に着く。 ヘンテスベイを過ぎた分岐を直進するとケープ・クロスだが、右折する道はチタン鉱山のあるウイスに通じている。ウイスまでは100キロほど。この町の近くに世界遺産にも登録されている「ホワイトレディー」などの岩壁画がある。「南部アフリカ一周」(1973年~1974年)ではナミビア北部もまわったが、その途中で「ホワイトレディー」などの岩壁画を見た。

 ブッシュマンの岩壁画(ロックペインティング)で知られるトゥワイフェルフォンテインには全部で3000もの岩壁画があるという。しかし岩壁画を探すのは容易なことではなかった。さんざん歩きまわり、やっとの思いでいくつかの岩壁画を見ることができた。多くは岩影にあった。キリンやサイ、カモシカ、ダチョウなどの野生動物が描かれていた。牛の絵もあった。あるものはすっかり風化し、またあるものは心ない人たちによって削り取られていたが、なかにはじつに色鮮やかなものもあった。

 それらの岩壁画のなかでも一番有名なのが、ナミビアの最高峰ブランドバーグ山(2573m)の山麓にある「ホワイトレディー」なのだ。

 駐車場から1時間ほど山道を歩いたところにあるが、岩に印された白い矢印をたどって行けばいいので、間違えることなくたどりつけた。あたり一帯には大岩がゴロゴロしていた。そのひとつ、屋根のように張り出した大岩の内側に「ホワイトレディー」はあった。 躍動感にあふれた岩壁画で、「ホワイトレディー」は右手に花を持ち、左手には弓矢を持っている。胸から下が白く描かれているので「ホワイトレディー」と呼ばれているが、どう見ても女性ではなく男性だ。

 ナミビア北部では世界最大の隕石も見た。それはアンゴラ国境に近いグルートフォンテインの町から30キロほどのホバ農場にあった。世界最大の「ホバ隕石」を見たときの第一印象は「なんだ、隕石といっっても、ただの岩と変わりがないではないか」というもの。それは直径3、4メートルの岩で、どの程度、地中にめりこんでいるのかは、見た目ではわからなかった。

 しかし表面の削りとられた部分を見てビックリした。
 ピカピカに光っている。
「この岩は金属の固まりなんだ」
 ということがわかった。

「ホバ隕石(メテオライト)」の推定重量は5万4422キログラム、成分の93パーセントが鉄で7パーセントがニッケル、その他、微量の銅、コバルト、クロームが含まれているという。

 この隕石は20世紀の初めにブリッツという人が発見したもので、すぐに世界に知れ渡るところとなった。ブリッツさんは後にホバ農場の農場主になったとのこと。この隕石がいつごろ落ちてきたものかはわかっていない。それにしても、50トン以上もの金属の塊が落ちたときは、すさまじいばかりの轟音だったことだろう。

 さて、ケープ・クロスだ。ヘンテスベイの町からさらに北に50キロほど走ると到着だ。無人の海岸地帯に15万頭以上ものアザラシの大群を見たときは我が目を疑った。ものすごい数。踏みつぶされて死んだアザラシの赤ちゃんを何頭も見る。ちょっといたましい光景だが、これが自然の摂理というもの。世界にはこんな驚異の場所もあるのだ。

 クロス・ポイントからヘンテスベイに戻ると、レストランでビッグバーガーの昼食を食べた。

 スワコップムントのキャンプ場「アルテブリュッケ」に戻ると町を歩き、鉄道の駅まで行った。1日1便、ウイントフック行きの列車が出ている。そして大西洋の砂浜を歩き、水平線に落ちる夕日を眺めた。

 町歩きを終えてキャンプ場に戻ると、夕食のスパゲティーを食べ、そのあと焚火にあたりながら5リッター入りのケープワイン(白)を飲んだ。飲み友は道祖神の吉岡さん。2人で5リッターのワインを空にした。ワインを飲みながら、吉岡さんの自転車での「アフリカ縦断」や「世界一周」の話を聞くのだった。

IMG_2063.jpg
夜明けのスワコップムント

IMG_2079.jpg
ナミブ砂漠で記念撮影

IMG_2081.jpg
大西洋の砂浜に立つ!

IMG_2089.jpg
ケープ・クロスのアザラシの大群

IMG_2106.jpg
昼食のビッグバーガー

IMG_2118.jpg
スワコップムント駅

IMG_2125.jpg
夕暮れの大西洋

IMG_2137.jpg
大西洋に沈む夕日

アフリカ縦断2013-2014(その25)

「ナイロビ→ケープタウン編」(25)


 ナミビアの首都ウイントフックから北に70キロほど走ったオカハンジジャで進路を西に変え、大西洋岸のスワコップムントに向かう。けっこうな交通量がある。110キロから120キロぐらいの速度で西へと走り、カリビブに到着。ここはなつかしの町だ。

 道祖神のバイクツアー「賀曽利隆と走る!」(第9弾目)の「南部アフリカ」では、ウイントフックを出発点にし、第1夜目はカリビブ近くの農場内のキャンプ場に泊まった。 夕食には農場主のハンズが仕留めた野生のオリックスの肉がドーンと出た。それを焼いて食べたが、いかにもアフリカという豪快な食べ方。その何日か前には豹が農場の山羊を襲ったということで、ハンズは「ウォ、ウォ、ウォー」と豹の鳴き声を聞かせてくれた。ハンズの奥さんが焼いた手作りのパンと一緒にオリックスのぶ厚いステーキを食べたが、忘れられない農場での夕食だった。

 翌朝はハンズの運転する4駆に乗って農場内のサファリをした。オリックスのほかに、さらに大きなエランドを見た。ともにカモシカの類。こうして名残おしいハンズの農場を後にし、カリビブの町に戻ったのだった。

 そんな懐かしのカリビブの町を通り過ぎ、ウサコスのレストランで昼食。木の下のテーブルで食べた肉料理はおしかった。

 ウサコスを過ぎると、大西洋岸のナミブ砂漠に入っていく。頭上には一片の雲もない。18日間連続の雨が、まるで遠い昔のことのように思われてくる。

 16時、ウイントフックから370キロ走ってナミビアの観光拠点、スワコップムントに到着。大西洋岸のきれいな町。ドイツ風の町並みだ。

 スワコップムントでは海岸のキャンプ場「アルテブリュッケ」に泊まった。日が落ちると寒くなるほど。空には三日月が見える。夕食のカレーライスを食べたあと、薪を買って焚火をした。焚火用の薪といっても安くはない。1袋50ナミビアドル。日本円だと約500円。ナミブ砂漠の町、スワコップムントだからそれも当然か。焚火にあたりながらビール(10ドル)を飲んだ。

 ここでは韓国人の旅行者に会った。彼は車でロシアのウラジオストックを出発してシベリアを横断。中東のヨルダンから船でケニアのモンバサに渡り、ここまでやってきた。ケープタウンがゴールで10ヵ月の旅を終えるという。

IMG_2032.jpg
スワコップムントへの道

IMG_2035.jpg
カリビブまであと5キロ

IMG_2041.jpg
カリビブ周辺の風景

IMG_2045.jpg
ウサコスのレストラン

IMG_2048.jpg
木の下での昼食

IMG_2054.jpg
ナミブ砂漠に立つ!

IMG_2058.jpg
「アルテブリュケ」キャンプ場

アフリカ縦断2013-2014(その24)

「ナイロビ→ケープタウン編」(24)


 1月5日5時、夜明けとともに起き、まずはシャワーを浴びる。お湯がふんだんに出るのがありがたい。我々がテントを張ったすぐ隣りには南アフリカからやってきたピーターとレナタの白人夫婦がテントを張っていた。そんな2人と話した。2人はケープタウンから車で北上し、カラハリ砂漠を縦断してここまでやってきた。やはり雨には相当やられたとのことで、一面水びたしになったカラハリ砂漠の写真を見せてもらった。

 ピーターはバイクが大好き。ヤマハのテネレに乗っている。来年はレナタと2台のバイクでケープタウンからエチオピアのアディスアベバまで行きたいといっている。

 パンとハム&トマトの朝食を食べ、7時に「アレブッシュ・ロッジ」を出発。ウイントフックの町中を走り抜けていく。なつかしの町だ。

 ウイントフックに初めてやってきたのは1973年~74年の「南部アフリカ一周」。南アフリカのヨハネスバーグを出発点にし、スズキGT550で南アフリカ、スワジランド、レソト、南西アフリカの4ヵ国をまわった。ナミビアの当時の国名は南西アフリカ。ウイントフックに到着すると、中心街のカイザー通りにあるバルスワモータースを訪ねた。ここは大きな会社で、いくつかの部門に分かれていたが、そのうちのひとつがスズキのバイクを扱う部門だった。

 バルスワモータースでは応接室に通された。真っ白なカバーのかかったソファーに座るのは気が引けた。なにしろバイクに乗りっぱなしなので、全身ほこりまみれ、泥まみれといった格好だったからだ。バルスワモータースのみなさんは、「そんなことはすこしも気にしませんよ」といった顔をしてくれる。

 ありがたいことに、ひとしきりの歓談のあと、レストランでフルコースの昼食をいただいた。そして食後のコーヒーを飲みながら、会社のみなさんと話した。その時、「午後、すこし時間をとってもらえますか」といわれ、気軽に「いいですよ」と答えた。

 すると驚いたことに、次々と新聞の取材を受けた。

 南西アフリカには英語、アフリカーンス、ドイツ語の3紙の新聞があって、なんとその3紙、すべての記者とカメラマンが取材に来た。バイクで南西アフリカにやってきた日本人がよっぽど珍しかったのだろう。このことによってぼくは、当時の日本と南西アフリカの距離の「遠さ」を実感した。南西アフリカに住む日本人は1人もいなかった。

 何日かをかけて北部地方をまわり、ウイントフックに戻ると、バルスワモータースを再訪した。修理工場の一角を借りてGT550の整備をさせてもらった。それが終わると、しばらくバイクをあずかってもらい、町を歩いた。するとなんとも驚いたことに、「新聞、読みましたよ。がんばって下さいね」と、何人もの人たちに声をかけられたのだ。

 昼食はすこし贅沢しようと、レストランに入り、ステーキを食べた。ぶ厚いステーキに大満足し、1ラント30セントの食事代を払って店を出ようとすると、なんと店の主人は「いいから、いいから」といって受け取らない。

「キミのことは新聞で読んだ。私もバイクが大好きでね。できることならキミと一緒にバイクで旅したいよ」と笑いながらいうのだった。

 午後になってバルスワモータースに戻ると、トールさんというドイツ人の婦人がぼくを待っていた。南西アフリカで生まれた人なので、ドイツ系南西アフリカ人というべきなのだろう。彼女は日本人の若い女性と文通していた。

「ぜひとも家に来て、お茶でも飲んでいって下さい」
 といわれ、彼女の車に乗って家まで行った。

 トールさんには4人の男の子と3人の女の子がいる。居間にはなんとヒットラーの肖像画がかかっていた。

 文通しているのは多治見の女性で「トキ・ヨーコ」さん。トールさんは二言目には「ヨーコ」、「ヨーコ」で、大変だ。
「マイ・リトルガールのヨーコは…」といった具合で、この1年あまりの間にヨーコさんとの間でやりとりした手紙の束を見せてくれた。

 トールさんは何日か前に大西洋岸のウオルビスベイに行ったそうで、港で日本の漁船を見かけ、うれしくなって声をかけた。すると漁船員たちに大歓迎されて、ずいぶんと楽しい時間を過ごしたという。多治見のヨーコさんのおかげで、大の日本びいきになったトールさんも、ぼくのことは新聞の記事で知った。バルスワモータースに、「カソリさんがウインドフックに戻ったら、すぐに連絡して欲しい」と伝えていたそうだ。

 トールさんにバルスワモータースまで送ってもらうと、その日の夕方、ウイントフックを離れた。ほんとうはもう1日ぐらい、ウインドフックに滞在したかったのだが(バルスワモータースのみなさんにも、そういわれてひきとめられたのだが)、ある日、突然といった感じでこの町の有名人になってしまい、なんとも居ずらくなってしまったのだ。「有名人って、大変なんだなあ…」と思うカソリ。そんななつかしい出来事が、つい昨日のように思い出されてくるのだった。

 ウイントフックから北へ。街道沿いには一面に黄色い花が咲いていた。70キロほど走ったオカハンジジャで進路を西に変え、大西洋岸のスワコップムントに向かった。

IMG_2023.jpg
夜明けの「アレブッシュ・ロッジ」

IMG_2024.jpg
ウイントフックの郊外

IMG_2027.jpg
パーキングエリアで小休止

IMG_2028.jpg
ナミビアのゆるやかな山並み

IMG_2030.jpg
DR-Z400Sは今日も快調!

IMG_2031.jpg
オカハンジャへの道

アフリカ縦断2013-2014(その23)

「ナイロビ→ケープタウン編」(23)


 1月4日。この日も朝から雨。これで18日間連続の雨だ。トホホホ…。

 この日は長距離を走るので、まだ暗い5時に朝食。いつものマヨパンではなく、パンにチーズとトマトをはさんで食べた。そして6時に出発。「トランス・カラハリ・ハイウェイ」を西へ、西へと走り、ナミビア国境を目指す。

 雨をついて110キロ走ると国境に到着。ボツワナの出国手続き、ナミビアの入国手続きを終えてナミビアに入ったのは11時。国境通過で1時間半、かかったことになる。国境を越える旅行者はそれほど多くはないので、スムーズな国境通過といっていい。ありがたいことにナミビアに入る頃には雨が上がった。

 ナミビアに入ったところにあるレストランで昼食。テイクアウトの「パパ&ビーフ」を食べた。ナミビアでもボツワナと同じように、トウモロコシの粉を熱湯で練ったものをパパという。

「トランス・カラハリ・ハイウェイ」を西へ。ナミビアでもカラハリ北縁のこの道をトランス・カラハリ・ハイウェイといっている。国境から120キロ行ったゴアビスの町は、すごいことになっていた。降りつづく雨で水があふれ、道路は冠水していた。それはまるで「砂漠の洪水」といった光景だ。

 ナミビアの首都ウィントフックに近づくと、ついに雨雲は消え去り、青空が広がっていた。ウイントフック国際空港の近くまで来たところでバイクを止め、雨具を脱いだ。ほんとうにヤレヤレといった気分。もうこれで「雨とはおさらばだ!」と誰もが思った。これからはナミブ砂漠に入っていくからだ。

 16時30分、ハンジから520キロ走り、ウィントフックに到着。中心街を走り抜け、郊外の大規模なリゾート施設「アレブッシュ・ロッジ」に泊まった。施設内のキャンピングサイトにまさに着こうかという頃、一転にわかにかき曇り、真っ黒な雨雲が押し寄せてきた。すると雨具を着る間もなく雨が降り出し、ズブ濡れになってしまった。18日間連続の雨を象徴するかのようなにわか雨だ。

 しかしこの雨は30分ほどで止み、そのあとはきれいな夕焼けの空になった。これが「アフリカ縦断」最後の雨になった。「アレブッシュ・ロッジ」のレストランで夕食。スパゲティーを食べた。

IMG_2001.jpg
ボツワナの「トランス・カラハリ・ハイウェイ」を行く

IMG_2002.jpg
昼食の「パパ&ビーフ」

IMG_2003.jpg
国境で給油

IMG_2004.jpg
ウイントフック国際空港の近くで

IMG_2006.jpg
ウイントフック国際空港周辺の風景

IMG_2009.jpg
ウイントフックの中心街

IMG_2012.jpg
きれいな夕焼けの空を見る

IMG_2015.jpg
夕食のスパゲティー

アフリカ縦断2013-2014(その22)

「ナイロビ→ケープタウン編」(22)


 1月3日。この日は朝から雨が降っている。これで17日連続の雨だ…。6時、朝食。いつものようにマヨパンを食べたが、この日は格別な味わい。栗山さんがとっておきの日本製の「キューピーマヨネーズ」を出してくれた。さすがキューピー。アフリカのスーパーで売っているマヨネーズとはまったく味が違う。

 7時に出発。キャンプ場から「トランス・カラハリ・ハイウェイ」に出るまでが大変だ。大きな水溜まりをいくつも越えていかなくてはならなかった。

「トランス・カラハリ・ハイウェイ」に出てからは、かなり激しい雨に降られっぱなしで走りつづける。このあたりは南緯20度ぐらいで熱帯圏なのだが、冷たい雨にやられ、体はすっかり冷え切ってしまう。途中のガソリンスタンドでは、レストランの屋根の下でしばしの雨宿り。ホッとひと息、つくことができた。カラハリ砂漠でこれだけの雨に降られるとは…。

 12時過ぎに、ナタから280キロのハンジに到着。町中の「ホテル カラハリ」のレストランで昼食。フィッシュ&チップスを食べた。ほんとうはハンジ郊外の「タカドゥ・ブッシュ・キャンプ」でのキャンプ泊だったが、急きょ、「ホテル カラハリ」に泊まることになった。屋根のありがたさというもので、さっそくロッジの部屋の中を満艦飾りにして、濡れたものを干した。

「ホテル カラハリ」のロビーには、セピア色になった「カラハリ砂漠横断」の写真が飾られていた。それは大雨のブッシュの中をエンジンまで水につかった小型トラックが行く写真。カラハリ砂漠はやはり雨が降るのだ。それも大雨が降る。
「ホテル カラハリ」からは、傘をさして町に出る。カラハリ砂漠の町を傘をさして歩くとは、思いもしなかった。町中のスーパーに入る。品物は豊富。何でも手に入るという感じだ。

 夕食は「ホテル カラハリ」のレストランで。ライスつきの魚料理。淡水魚の魚は美味で頭からまるごと食べられた。夕食後は部屋で久しぶりのテレビを見た。サハラ砂漠に不時着した飛行機をみんなで修理して飛び立つという話。同室になった栗山さんは軽飛行機の免許を持っている人なので、飛行機には詳しい。2人して最後まで見つづけた。

IMG_1981.jpg
「トランス・カラハリ・ハイウェイ」を行く

IMG_1984.jpg
昼食の「フィッシュ&チップス」

IMG_1985.jpg
「ホテル カラハリ」のロッジ

IMG_1986.jpg
部屋の中は満艦飾り

IMG_1991.jpg
「ホテル カラハリ」に咲くブーゲンビリア

IMG_1994.jpg
ハンジの町のスーパーマーケット内

IMG_1999.jpg
「ホテル カラハリ」での夕食

IMG_2000.jpg
夕食のライス付きの魚料理

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。