著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(5)

2009年4月10日(徳島)

 おにぎり&味噌汁の朝食を食べ、8時、「東横イン徳島駅前」を出発。「四国八十八ヵ所めぐり」の「四国一周」の開始だ。スズキ・アドレスV125Gのメーターは1629キロ。

 まずは四国第一の大河、吉野川を渡り、河口までいく。対岸には徳島の市街地。眉山が目立つ。河畔にアドレスを停めて記念撮影。ブルーのアドレスは四国の青い空を背にしてじつによく映える。青空を映した吉野川はより青い。吉野川の流れ出る海も青い。
「青い四国だ!」

 次に阿波の一の宮、大麻比古神社に参拝。境内には御神木にもなっている樹齢1000年の大楠。高さは22メートルという大木だ。

 そして四国88番第1番札所の霊山寺(りょうぜんじ)に行く。
ここで巡礼用の諸々の用具を買いそろえる。白装束と頭陀袋、首にかける輪袈裟、鈴。それと般若心経の経本と数珠、納経帳、本尊の御影保存帳、納札、線香、ローソク。
 これでよし!

 白装束の背には「南無大師遍照金剛」とお大師さん(空海)の尊号(宝号)が墨書きされている。「同行二人」と書かれた頭陀袋の中には数珠と経本(般若心経)、線香、ローソク、納経札、納経帳、御影保存帳を入れる。頭陀袋には鈴をつける。チリーン、チリーンという鈴の音は心に響き、耳に残るもの。

 さっそく霊山寺を参拝する。
 さて、どのように参拝するかというと、山門の前で合掌するところからはじまる。
 次に手洗いで手を清め、鐘をつけるところでは鐘をつき、本堂を参拝する。線香とローソクをあげ、自分の名前を書いたお札を納め、賽銭(今回の賽銭はすべて100円と決めた)を入れ、合掌して般若心経を上げる。

 その前には「をんさんまやさとばん」と3度、真言を唱え、般若心経を1巻あげ終ると、本尊の真言をやはり3度、唱える。

 たとえば本尊が釈迦如来像だとすると「のうまくさんまんだぼだなんばく」、弥勒菩薩像だと「おんまいたれいやそわか」、薬師如来像だと「おんころせんだりまとうぎそわか」といった具合になる。
 霊山寺の本尊は釈迦如来だ。
 これと同じことを弘法大師をまつる大師堂でもする。

 本堂と大師堂での参拝を終えると、納経所に行き、納経帳に朱印をもらい、墨書きをしてもらう。そして本尊の御影(墨絵)を保存帳に差し込んでいく。
 これで第1番・霊山寺の参拝が終った。

shikoku2009-5-1169
「東横イン徳島駅前」を出発

shikoku2009-5-1176
吉野川の河口

shikoku2009-5-1179
吉野川にかかる橋

shikoku2009-5-1211
阿波の一の宮、大麻比古神社に参拝

shikoku2009-5-1209
大麻比古神社の大楠

shikoku2009-5-1184
第1番札所、霊山寺の山門

shikoku2009-5-1185
霊山寺の本堂

shikoku2009-5-1182
これが巡礼のスタイル

shikoku2009-5-1183
霊山寺の売店。ここで巡礼の用具を買いそろえた

shikoku2009-5-1181
霊山寺の庭園

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。