著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

四国八十八ヵ所めぐり(14)

2009年4月12日(神山→宍喰・その4)

 第20番の鶴林寺から山を下り、那賀川沿いの県道19号に出た。
 那賀川に沿って上流へ。第21番の太龍寺に向かう。

 道の駅「鷲の里」でアドレスV125Gを停める。ここで昼食。食事処で「うどん定食」(950円)を食べた。

「鷲の里」からロープウェイで太龍寺へと上っていく。那賀川を見下ろし、深い谷をまたぎ山頂駅へ。すごいロープウェイだ。このロープウェイは1992年に完成したとのことだが、それ以前は第12番の焼山寺、第20番の鶴林寺と並ぶ「阿波の三難所」のひとつに数えられ、3キロの急坂の山道を登らなくてはならなかった。

 ロープウェイの山頂駅から太龍寺へ。本堂、大師堂を参拝。
 太龍寺は弘法大師が開基した。若き日の大師はここで一人の僧と出会い、虚空蔵求聞持法を授けられた。それは虚空蔵菩薩の真言、「のうぼうあきゃしゃきゃらばやおんありきゃまりぼりそわか」を百万回唱えると、見聞したことを一切忘れないという記憶力超増強の秘法なのだという。う~ん、あやかりたい。

 ロープウェイで太龍寺を下ると、国道195号→県道284号で第22番の平等寺へ。 ここには「白水の井戸」がある。弘法大師が水を得ようと地面を掘ると、乳のような白い水が湧き出たという。それが白水の井戸で、平等寺の山号、白水山の由来になっている。どんな日照りでも涸れることがなく、万病に効く「弘法の水」として知られている。
 弘法大師、恐るべし!

shikoku2009-14-1329
第21番・太龍寺登り口に到着

shikoku2009-14-1330
「鷲の里」の食事処で昼食にする

shikoku2009-14-1331
「うどん定食」を食べる

shikoku2009-14-1332
ロープウェイ乗場前の庭園

shikoku2009-14-1333
ロープウェイで太龍寺へ

shikoku2009-14-1334
那賀川を見下ろす

shikoku2009-14-1335
ロープウェイの支柱

shikoku2009-14-1336
山頂駅から太龍寺へ

shikoku2009-14-1337
太龍寺本堂

shikoku2009-14-1338
太龍寺の大師堂

shikoku2009-14-1340
第22番・平等寺の山門

shikoku2009-14-1341
平等寺本堂

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード