著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(16)

2009年4月13日(宍喰→伊野・その1)

 阿南海岸に昇る朝日を見て、6時、ししくい温泉を出発。アドレスV125Gで気持ちのよい朝の空気を切って走り、国道55号で室戸岬を目指す。

 徳島・高知の県境を越え、「四国八十八ヵ所めぐり」も第1ステージ「発心の道場」の阿波国編から第2ステージ「修行の道場」の土佐国編に入っていく。アドレスで国道55号を南下していくと、「歩き遍路」の人たちを頻繁にみかける。

 第23番の薬王寺から第24番の最御崎寺までは歩きだと3日の行程で、この国道55号をひたすら歩くことになる。ほかにはルートがないので、いままで以上に、より多くのお遍路さんたちを見かけることになる。

 その大半は北から南に向かって歩いているが、中には逆に南から北に向かって歩いている人もいる。「四国八十八ヵ所めぐり」では巡礼することを「打つ」といっているが、1番から2番、3番…と順番にめぐるのを「順打ち」といい、その逆に88番から87番、86番…とめぐるのを「逆打ち」といっている。逆打ちの方がより難しくなるので、その分だけご利益が大きいという。

 ししくい温泉から40キロ、6時40分、室戸岬に到着。まずは岬の遊歩道を歩き、黒潮の寄せる海を見る。そのあと弘法大師が修行したという洞窟、「御厨人窟」に入り手を合わせた。

 坂本龍馬の盟友、中岡慎太郎の銅像を見て、室戸岬の海岸から高台上に登っていく。絶景だ。室戸の海を見下ろし、その向こうには室戸の市街地が広がっている。高台に登ると室戸岬へ。そのあと第24番札所の最御崎寺(ほつみさきじ)に向かった。

shikoku2009-16-1364
ししくい温泉の日の出

shikoku2009-16-1366
徳島・高知の県境

shikoku2009-16-1367
室戸岬に到着

shikoku2009-16-1368
室戸岬を走る国道55号

shikoku2009-16-1369
弘法大師の修行の地「御厨人窟」

shikoku2009-16-1370
中岡慎太郎像

shikoku2009-16-1375
室戸岬の海

shikoku2009-16-1378
室戸岬から見る高台上の灯台

shikoku2009-16-1372
室戸岬の台地を登っていく

shikoku2009-16-1380
室戸岬の灯台

shikoku2009-16-1381
室戸岬の灯台案内板

shikoku2009-16-1383
第24番・最御崎寺の山門

shikoku2009-16-1384
最御崎寺の弘法大師像

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。