著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(20)

2009年4月13日(宍喰→伊野・その4)

 第27番・神峰寺の参拝を終えると、国道55号で安芸へ。
 安芸の町中を通り過ぎたところで国道を右折し、大三菱の創始者、岩崎弥太郎の生家に立ち寄った。そのまわりには、ハウス栽培の畑が広がっていた。

 国道55号に戻ると左手に土佐湾を見ながら走り野市へ。
 野市の中心街を通り過ぎ、第28番の大日寺へ。山上の寺。本堂、大師堂と参拝したあと、奥の院まで足を延ばす。ここには弘法大師が楠の生木に爪で薬師如来像を彫ったという「爪彫り薬師」がまつられている。

 つづいて第29番の国分寺へ。
 四国八十八ヵ所には阿波、土佐、伊予、讃岐4国の国分寺が含まれている。ここは土佐国の国分寺。本堂、大師堂と参拝。田園地帯のただ中にある寺で、水の張られた水田では田植えが始まっていた。すぐ近くには『古今和歌集』の撰者、紀貫之邸跡がある。紀貫之は土佐守として赴任したが、それは土佐の国衙(国府の庁舎)跡だ。

 国分寺の参拝を終えると、いったん四国縦貫の幹線、国道32号に出、県道384号で高知へ。その途中に第30番の善楽寺がある。

 土佐の一の宮、土佐神社に隣接した寺。というよりも、土佐神社の境内の一角に善楽寺がある、といった方がいいかもしれない。この寺はもともと土佐神社の別当寺として弘法大師が開基した。長らく神仏混淆がつづいたが、明治維新の廃仏毀釈で廃寺になってしまい、再興されたのは昭和になってからのこと。
 明治維新に吹き荒れた廃仏毀釈の大嵐では、土佐にあった615寺のうち、何と448寺が廃寺になったという。

 土佐神社を参拝したあと、善楽寺を参拝。境内には梅見地蔵がまつられている。この梅見地蔵は首から上の病にはよく効くとのことで、梅見地蔵堂をお参りする人が多かった。

shikoku2009-20-1433
第28番・大日寺の山門

shikoku2009-20-1434
大日寺本堂

shikoku2009-20-1435
奥の院の「爪彫り薬師」

shikoku2009-20-1440
第29番・国分寺の山門

shikoku2009-20-1442
国分寺本堂

shikoku2009-20-1444
国分寺の大師堂

shikoku2009-20-1438
国分寺周辺の風景

shikoku2009-20-1439
すでに田植えが始まっていた

shikoku2009-20-1453
土佐国の一の宮、土佐神社に到着

shikoku2009-20-1447
shikoku2009-20-1448
土佐神社を参拝

shikoku2009-20-1449
第30番・善楽寺本堂

shikoku2009-20-1450
善楽寺の大師堂

shikoku2009-20-1452
善楽寺境内の梅見地蔵

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。