著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(23)

2009年4月14日(伊野→春野・その2)

第33番・雪ケイ寺から土佐の名所の桂浜へ。
 スズキ・アドレスV125Gを駐車場に停めて砂浜を歩く。歩きながら太平洋(土佐湾)の寄せる波を眺めた。砂浜の突端が竜頭岬だ。

 ここには坂本龍馬の銅像が建っている。見上げるような大きさ。室戸岬の中岡慎太郎の銅像もそうだが、土佐人はドデカイ銅像が好きなようだ。

 龍馬のグッズを売る店をのぞいたあと、第34番の種間寺へ。
 この種間寺だが、弘法大師が唐から持ち帰った米、麦、粟、黍、豆の五穀の種を寺の周囲に蒔いたところから「種間寺」の寺号があるという。

 種間寺の参拝を終えると、太平洋を目の前にする民宿「徳丸館」へ。その途中ではザーッと雨に降られた。宿に着くとすぐに、頭陀袋に入れていた般若心経や納経帳、御影保存帳などを部屋に広げて乾かすのだった。

 ここの夕食はよかった。トビウオの刺身がうまかった。
 食べ終わると、食堂でコーヒーを飲みながら、泊り客の50代の女性と話した。一人で「四国八十八ヵ所」をめぐっている。

 ご主人を病気で亡くし、すっかり打ちひしがれていたとき、友人にすすめられるままにお遍路の旅に出た。すると目に入るものすべてがうれしくなり、空を見ては笑い、川の流れを見ては笑い…で、ご主人を亡くして以来、初めて笑った自分を感じたという。

「四国八十八ヵ所めぐり」は一人の女性の人生を大きく変えた。これも弘法大師のおおいなる力なのか。

shikoku2009-23-1495
桂浜の砂浜を歩く

shikoku2009-23-1496
桂浜の坂本龍馬像

shikoku2009-23-1497
桂浜の龍馬グッズの店

shikoku2009-23-1499
種馬寺本堂

shikoku2009-23-1501
種間寺で般若心経をあげるお遍路さんたち

shikoku2009-23-1502
民宿「徳丸館」

shikoku2009-23-1505
民宿「徳丸館」から見る夕焼け

shikoku2009-23-1506
民宿「徳丸館」の夕食

shikoku2009-23-1511
雨に濡れた頭陀袋内のものを乾かす

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。