著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(24)

2009年4月15日(春野→梼原・その1)

 春野の民宿「徳丸館」の朝食を食べ、7時出発。仁淀川の堤防上の道を走り、国道56号に出る。仁淀川大橋で仁淀川を渡り、土佐市に入る。そして標高378メートルの清滝山の中腹にある第35番の清滝寺へ。

 山門の仁王門の天井には見事な龍が描かれている。石段を登り、本堂に参拝。つづいて隣りの大師堂を参拝する。

 ここは養老7年(723年)、行基が薬師如来像を彫り刻んで開創し、景山密院タク木寺と号したという。それが弘法大師がこの地で修行中、満願の日に金剛杖で地面を突いたところ清水が滝のようになって溢れ出たので、寺号を「清滝寺」に改めたという。

 境内には薬師如来像が建っている。藤棚の藤はきれいな花を咲かせていた。展望台からは仁淀川、太平洋が見え、土佐の市街地も見渡せた。

shikoku2009-24-1513
民宿「徳丸館」の朝食

shikoku2009-24-1515
民宿「徳丸館」を出発

shikoku2009-24-1516
仁淀川の流れ

shikoku2009-24-1528
第35番・清滝寺の山門

shikoku2009-24-1530
山門の天井に描かれた龍

shikoku2009-24-1520
石段を登って本堂へ

shikoku2009-24-1522
清滝寺本堂

shikoku2009-24-1526
清滝寺の大師堂

shikoku2009-24-1527
清滝寺境内の薬師如来像

shikoku2009-24-1525
清滝寺の藤が満開

shikoku2009-24-1523
清滝寺からの眺め

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。