著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

四国八十八ヵ所めぐり(25)

2009年4月15日(春野→梼原・その2)

 第35番・清滝寺の参拝を終えると、土佐市の市街地を走り抜け、県道39号で宇佐漁港へ。海辺でアドレスV125Gを停め、お接待でいただいた土佐名物のブンタンを食べた。

 海沿いの道を走り、第36番の青龍寺へ。
 青龍寺といえば昔の長安の都、中国・西安がすぐに思い浮かぶ。西安の真言密教の寺、青龍寺は恵果・空海師弟ゆかりの寺だ。

 山門(仁王門)の左手前には恵果堂があるし、長い石段を登っていった途中には、恵果和尚の墓もある。
 石段を登りきり、本堂と大師堂を参拝。

 青龍寺からは明徳義塾前を通る。ここは横綱朝青龍の出身校。「朝青龍」は青龍寺からとった名なのか。
 県道47号の横波黒潮ラインを走り、須崎で国道56号に出た。


※管理人コメント:やっぱり青龍寺からの命名だそうです。

shikoku2009-25-1533
土佐湾の海岸に出る

shikoku2009-25-1532
海辺でブンタンを食べる

shikoku2009-25-1535
第36番・青龍寺の山門

shikoku2009-25-1536
青龍寺の三重塔

shikoku2009-25-1537
長い石段を登っていく

shikoku2009-25-1538
滝が流れ落ちている

shikoku2009-25-1545
さらに石段を登っていく

shikoku2009-25-1543
青龍寺本堂

shikoku2009-25-1546
shikoku2009-25-1547
横波黒潮ラインからの眺め

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード