1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
11

Category: 60代編日本一周パート2(2009)

Tags: ---

Comment: 0  

四国八十八ヵ所めぐり(34)
2009年4月17日(鬼北→松山・その1)

 民宿「ON&OFF」の朝食はボリューム満点。食べ終わると、ご主人の野村さんとコーヒーを飲みながら話す。野村さんは裏山のシイの木を見ながら、「表年」と「裏年」の話をしてくれた。「表年」の年は木の勢いがものすごいという。それが「裏年」になるとおとなしくなるという。

 それは人生にもあてはまることで、木でも人でも「表年」だけではなく、「裏年」も必要なのだという。「裏年」の間に力を蓄えるのだと野村さんはいう。

 8時、民宿「ON&OFF」を出発。国道320号→県道57号→県道31号で第41番の龍光寺へ。ここには山門はない。石段を登っていくと、中央には稲荷神社があり、左手に本堂、右手に大師堂がある。十一面観音をまつる本堂と大師堂をまわったあと、稲荷神社を参拝した。

 弘法大師がこの地を訪れたとき、白髪の老人が現れ、「我、この地に住み、仏法を守護し、民に利益せん」と告げて姿を消したという。大師はこの地が霊場であることを知り、この寺を創建したのだという。

shikoku2009-34-1672
民宿「ON&OFF」の朝食

shikoku2009-34-1674
民宿「ON&OFF」を出発

shikoku2009-34-1675
第41番の龍光寺に到着

shikoku2009-34-1676
龍光寺本堂

shikoku2009-34-1677
龍光寺の十一面観音

shikoku2009-34-1678
龍光寺の大師堂

shikoku2009-34-1679
龍光寺は「南予七福神」のひとつ

shikoku2009-34-1681
稲荷神社

shikoku2009-34-1682
龍光寺からの眺め

shikoku2009-34-1683
龍光寺の案内板

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment