1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
11

Category: ミニ旅

Tags: ---

Comment: 0  

カソリの「ミニ旅」(7)
2009年2月2日 宮島(3)

宮島では鹿のお出迎え。子鹿がかわいらしい。
土産物店が建ち並ぶ門前の参道を歩く。宮島名物といえば杓子。いろいろな杓子が売られている。参道の脇には世界最大という長さ7・7メートル、重さ2・5トンという巨大な杓子も展示されている。

宮島は世界遺産の地。その影響もあるのだろう、以前にも増して外国人観光客の姿を多く見かける。

厳島神社(拝観料300円)を参拝。ここは安芸の一の宮。朱塗りの廻廊を歩き、シンボルである、海に浮かぶ高さ16メートルの大鳥居を見る。そして市杵島姫命を主神とする宗像女神三神をまつる本殿に手を合わせた。

minitabi07-0145
厳島神社の門前を行く

minitabi07-0146
世界一の大杓子

minitabi07-0149
海に浮かぶ厳島神社の大鳥居

minitabi07-0153
厳島神社の本殿

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment