著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(38)

2009年4月17日(鬼北→松山・その5)

 三坂峠を越えて松山市に入り、旧道で峠を下った。
 三坂峠下では第46番の浄瑠璃寺と第47番の八坂寺をめぐった。

 浄瑠璃寺は和銅元年(708年)に行基が開山。自ら寺の本尊の薬師如来像をつくったと、案内板に書かれている。
 つづいて第48番の八坂寺へ。寺の創建は浄瑠璃寺よりも古く、大宝元年(701年)と伝えられている。

 八坂寺の参拝を終えると、浄瑠璃寺前の旅館「長珍屋」で泊まった。
 大浴場の湯につかり、湯から上がると、大広間での夕食。50代の男性と一緒になった。その人は末期ガン。バリバリの会社人間だったということだが、末期ガンを宣告されたときは目の前が真っ暗になったという。

 それを機に四国巡礼の旅に出たのだが、すっかり変った自分を感じるという。巡礼旅に出て「有難さ」がしみじみとわかったというのだ。食事の有難さ、人の親切の有難さ。
 そのきわめつけは朝、起きたとき。

 目が覚めたとき、「あー、自分はまだ生きている!」と心底、有難くなり、思わず手を合わせるという。この「有難い」という気持ちを持ったおかげで、「(寿命が)少し延びているようですよ」といっていた。

shikoku2009-38-1718
三坂峠下のナノハナ畑

shikoku2009-38-1720
第46番・浄瑠璃寺に到着

shikoku2009-38-1722
浄瑠璃寺本堂

shikoku2009-38-1723
浄瑠璃寺を参拝するお遍路さん

shikoku2009-38-1724
浄瑠璃寺の大師堂

shikoku2009-38-1721
第47番・八坂寺へ

shikoku2009-38-1726
八坂寺への道

shikoku2009-38-1725
八坂寺に到着

shikoku2009-38-1727
八坂寺本堂

shikoku2009-38-1729
八坂寺の大師堂

shikoku2009-38-1737
浄瑠璃寺前の旅館「長珍屋」

shikoku2009-38-1734
「長珍屋」の屏風

shikoku2009-38-1733
「長珍屋」の夕食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。