著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(44)

2009年4月19日(今治→湯ノ谷温泉・その3)

 今治近郊の第56番・泰山寺、第57番・栄福寺、第58番・仙遊寺の3ヵ所をめぐり、第59番の国分寺へ。ここは伊予の国分寺。旧国分寺跡は国指定の史跡になっている。地図を見ると、国分寺の周辺には古国分とか国分の地名がある。

 他国の国分寺同様、伊予の国分寺も当初は七堂伽藍の大寺だったが、その後、衰退してしまう。そんな国分寺の歴史を感じながら本堂と大師堂を参拝した。

 第54番の延命寺からここまでが今治市内の札所になる。
 第59番の国分寺からは国道196号を南下。小松(西条市)から山中に入っていく。有料の舗装林道(往復350円)を登り、第60番の横峰寺へ。山上の駐車場にアドレスを停めたが、そこの売店にはかわいらしいキャバリアがつながれていて、しばらくは遊んでしまった。思わず我が家の愛犬、「エリちゃん」を思い出す。同じキャバリアなのである。

 横峰寺は四国の最高峰、石鎚山(1982m)の北側、山深くに位置している。この寺への遍路道は最難所の「遍路転がし」といわれたほどだったが、昭和59年に林道が完成した以降、車でも登れるようになった。
 駐車場から500メートルほど山道を歩き、本堂と大師堂を参拝。権現造りの本堂は堂々とした造りだ。

 第60番の横峰寺を下り、小松に戻ると、国道11号からわずかに入ったところにある一軒宿の温泉、湯ノ谷温泉に行く。予約もせずに飛び込みで行ったのだが、宿泊OK。その上、夕食も用意してくれるという。ありがたい。 

 公衆温泉浴場にもなっている温泉から上がるとまずはビール。そのあとウナギの蒲焼き、タケノコ、ワラビ、ウドの煮物、サーモン、スクランブルエッグの夕食を食べた。これで1泊2食7000円。湯ノ谷温泉は「四国八十八ヵ所めぐり」のおすすめの温泉宿だ。

shikoku2009-44-1833
第59番・国分寺からの眺め

shikoku2009-44-1835
国分寺本堂

shikoku2009-44-1836
国分寺の大師堂

shikoku2009-44-1837
有料林道で第60番の横峰寺へ

shikoku2009-44-1839
横峰寺の売店のキャバリア

shikoku2009-44-1841
横峰寺からの眺め。西条の市街地を遠望

shikoku2009-44-1842
横峰寺本堂

shikoku2009-44-1843
横峰寺の大師堂

shikoku2009-44-1845
湯ノ谷温泉に到着

shikoku2009-44-1846
湯ノ谷温泉の全景

shikoku2009-44-1847
湯ノ谷温泉で見る夕日

shikoku2009-44-1849
湯ノ谷温泉の夕食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。