1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
07

Category: 60代編日本一周パート2(2009)

Tags: ---

Comment: 0  

四国八十八ヵ所めぐり(51)
2009年4月23日(松山→大三島・その1)

 6時30分、連泊した「東横イン松山一番町」を出発。アドレスで早朝の松山の町を走る気分はたまらない。国道196号を行く。天気は快晴。抜けるような青空が広がっている。瀬戸内海を左手に見ながら走る。青空を映して瀬戸内海はより青い。

 北条港に立ち寄り、今治の手前で国道196号を左折し、大角鼻への道に入っていく。 波方の「ローソン」でおにぎり&お茶の朝食。

 そして大角鼻に到着。展望台に立つと、目の前には大島や大三島、岡村島、大崎上島、大崎下島などの芸予諸島の島々が連なっている。島々は重なり合っているので、どれがどの島なのかきわめてわかりにくい。ここは島また島の世界。日本一の島の密集地帯だ。

 大角鼻から海沿いの道で今治に向かった。

shikoku2009-51-2018
「東横イン松山一番町」を出発

shikoku2009-51-2019
早朝の松山

shikoku2009-51-2020
松山は市電の走る町

shikoku2009-51-2022
青い瀬戸内海

shikoku2009-51-2023
北条港

shikoku2009-51-2025
大角鼻の砂浜

shikoku2009-51-2026
大角鼻の藤棚

shikoku2009-51-2028
大角鼻からの眺め

shikoku2009-51-2029
芸予諸島の島々

shikoku2009-51-2030
大角鼻を一望する

shikoku2009-51-2038
今治の造船所が見えてきた

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment