1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: 60代編日本一周パート2(2009)

Tags: ---

Comment: 0  

四国八十八ヵ所めぐり(61)
2009年4月24日(大三島→大島・その4)

「大島八十八ヵ所めぐり」第6番医王庵から第10番證明寺までの宮窪周辺の札所をめぐり、宮窪の町中に入っていく。

 やっと人が通れるくらいの細道を走り、第11番の潮音堂(藤井寺)へ。このような路地裏まで入っていけるのがアドレスの魅力。地元のみなさんにもいやな顔もされず、「こんにちは」と声をかけると、笑顔で挨拶をかえしてくれる。潮音堂では年配の女性が1人、お参りしていた。

 つづいて第12番の宝珠庵(焼山寺)、第13番の常住庵(大日寺)、第14番の千光寺(常楽寺)とめぐる。ここまでが宮窪の札所になる。

 大島北部の中心地、宮窪を離れ、「村上水軍博物館」の前を通り、第15番の三光庵(阿波国分寺)へ。第15番はここだけポツンと離れている。

shikoku2009-61-2168
宮窪の町中に入っていく

shikoku2009-61-2171
第11番の潮音堂

shikoku2009-61-2170
潮音堂をお参りする人

shikoku2009-61-2172
宮窪の巡礼道を行く

shikoku2009-61-2173
第12番の宝珠院

shikoku2009-61-2174
第13番の常住庵に到着

shikoku2009-61-2175
常住庵

shikoku2009-61-2177
第14番の千光寺へ

shikoku2009-61-2178
千光寺

shikoku2009-61-2179
第15番三光庵への石段

shikoku2009-61-2180
shikoku2009-61-2182
三光庵

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。