1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
08

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「2004・旧満州走破行」(6)
9月24日(金)晴 ハルビン 第4日目

 夜明けとともに、ハルビンの町を歩く。
 松花江河畔の「斯大林公園」へ。そこでは大勢の人たちが音楽に合わせて体操をしていた。舗道に筆と水で書道する人もいた。さすが漢字の国。達筆だ。

 松花江に近い「通江市場」に入っていく。
 早朝からにぎわいを見せている。写真をとらせてもらいながら、ひとつづつの店を見ていく。穀物売場では雑穀のほかにコーリャンの粉やソバ粉が売られている。調味料売場にはコショウやサンショ、ハッカク。

 果物売場ではザクロが山盛り。ナツメやブドウ、モモ、ナシもある。クルミや松の実などの木の実も並んでいる。炒めたゴマを搾った香油が売っている。

 肉売場では豚の心臓、足、尾、耳、舌。その中でも珍味の舌と尾は高い。魚売場には松花江で獲れた淡水魚が並んでいる。あっというまに時間が過ぎていく市場歩き。

「民族飯店」に戻ると、ホテルのレストランで朝食を食べた。
 さー、ハルビンからはバイク旅の始まりだ!

manchuria2004-6-6492
早朝の「斯大林公園」

manchuria2004-6-6494
「斯大林公園」で体操をする人たち

manchuria2004-6-6496
松花江の船乗り場を望む

manchuria2004-6-6498
筆と水での書道

manchuria2004-6-6500
manchuria2004-6-6517
manchuria2004-6-6520
manchuria2004-6-6521
manchuria2004-6-6522
manchuria2004-6-6526
manchuria2004-6-6535
manchuria2004-6-6545
「通江市場」を歩く

manchuria2004-6-6547
ハルビンの朝食

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment