著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2004・旧満州走破行」(7)

9月24日(金)晴 ハルビン→海倫(その1) 第4日目

 9時30分、ハルビンの「民族飯店」を出発。車で「ハルビン・スズキ」へ。そこには2台の中国製スズキのQS110が用意されていた。メーターは00000km。2台とも新車。

ぼくがシルバーに乗り、息子(尚)がブラックに乗る。それにサポートカーのマイクロバスがつく。マイクロバスには東京映像社長の大滝さんとカメラマンの園部さん、山岸さんが乗り込む。そのほかガイド兼通訳の賀さん、「ハルビン・スズキ」の李さんが乗る。運転手は墨さん。

 さー、出発だ。
 まずはハルビン市内の「黒龍江省博物館」を見学。博物館内には孔子像があり、孔子廟もあった。「黒龍江省博物館」の見学を終えると、松花江を渡り、ロシア国境の町、黒河を目指して北へ。ハルビンを出ると、黒河までは601キロの標識があった。

 QS110は快適な乗り心地。高速道路に併走する道で、いきなりダートに突入したが、舗装路のみならずダートでもQS110はまったく平気な顔をして走ってくれる。ダートに強いバイクだ。

 ハルビンから60キロほどの興隆で最初の給油。そのあと町の食堂で昼食。テーブルには醤油、酢、唐辛子の調味料の3点セットがのっている。ここでは豚の舌、豚の心臓、鶏の胃を食べたが、「中国人は何でも食べる民族だ」と、改めて感心してしまう。

manchuria2004-7-6587
ハルビンの中心街

manchuria2004-7-6549
ハルビンの中心街を行く

manchuria2004-7-6550
ハルビンのバイク店

manchuria2004-7-6553
「ハルビン・スズキ」に到着

manchuria2004-7-6557
メーターは00000km

manchuria2004-7-6563
カソリはシルバー、尚はブラックのQS110に乗る

manchuria2004-7-6582
「黒龍江省博物館」を見学

manchuria2004-7-6584
孔子像

manchuria2004-7-6586
孔子廟

manchuria2004-7-6591
興隆で給油

manchuria2004-7-6593
興隆の食堂で昼食

manchuria2004-7-6598
食堂の調理場

manchuria2004-7-6660
食堂の調味料3点セット

manchuria2004-7-6604
manchuria2004-7-6605
manchuria2004-7-6606
manchuria2004-7-6607
興隆の昼食

manchuria2004-7-6611
食堂近くのバイク修理の店

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。