1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
19

Category: 旧満州走破行2004

Tags: ---

Comment: 0  

「2004・旧満州走破行」(9)
9月25日(土)曇 海倫 第5日目

 6時、起床。洗面、トイレ、シャワーのあと、早朝の町を歩く。
 そして朝市へ。そこでは揚げたての油條と豆乳の軽食を食べた。あたたかい豆乳には砂糖を入れる。油條は朝食には欠かせない。これで1元5角。日本円では20円ほどだ。

 海倫で泊った「金豆大カ」に戻ると、ホテル近くのレストランで朝食。ここではバイキングの朝食だ。朝粥は中国の朝食では欠かせないものだが、アワとコーリャンの2種の粥を食べた。

 それと饅頭。具の入っている饅頭と、何も入っていない饅頭の2種ある。ここでは饅頭は主食的な食べ物で、中に何も入っていない饅頭は、日本でいえばご飯のようなもの。饅頭を食べながらおかずを食べるのだ。

 朝食をしっかりと食べて、五大連池に向けて海倫を出発した。

manchuria2004-9-6636
海倫で泊った「金豆大カ」

manchuria2004-9-6635
ホテルのロビーに入れたバイク

manchuria2004-9-6637
manchuria2004-9-6638
manchuria2004-9-6639
早朝の海倫

manchuria2004-9-6641
朝市を歩く

manchuria2004-9-6643
油條と豆乳

manchuria2004-9-6645
油條を揚げている

manchuria2004-9-6647
ここで朝食

manchuria2004-9-6649
朝食のおかず

manchuria2004-9-6650
揚げパンもある

manchuria2004-9-6651
饅頭と粥

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment