1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
01

Category: 60代編日本一周パート2(2009)

Tags: ---

Comment: 0  

四国八十八ヵ所めぐり(85)
2009年4月26日(高松→長尾・その1)

 朝食を食べ、7時、「東横イン高松・中新町」を出発。第80番の国分寺へ。
 スズキ・アドレスV125Gを走らせながら、「ついに80番台に突入だ!」と思うと、感無量といった気分になる。

 高松郊外の国分町にある国分寺に到着。ここは讃岐の国分寺。
 天平13年(741年)、聖武天皇は諸国に国分寺を建立するよう勅願し、それに応えて行基が開基した。四国八十八ヵ所にはこのような行基の開基した寺々が何寺もある。

「行基菩薩」で知られる行基は奈良時代の僧で、和泉に生まれた。諸国を行脚し、「行基図」でも知られるように、最古の日本総図をつくった。聖武天皇の帰依を受けてからというもの、東大寺や各国の国分寺造営に尽力した人物だ。

 国分寺の山門前には寺の由来が書かれている。そこには創建時の金堂(本堂)と七重塔が描かれているが、当時の壮大な伽藍が想像できた。

 山門をくぐって境内に入ると、四国八十八ヵ所それぞれの本尊の石像が並んでいる。まずはミニ四国の88番めぐりをし、そのあとで本堂と大師堂を参拝した。本尊の千手観音像は行基の作だという。境内の鐘楼の鐘は奈良時代のものだといわれ、国の重要文化財になっている。納経所から入っていく大師堂はほかでは見ない多宝塔様式のものだ。

 国分寺の境内は天平の昔を偲ばせるものだが、讃岐国分寺跡としてその全域が国の特別史跡に指定されている。

shikoku2009-85-2534
「東横イン高松・中新町」の朝食

shikoku2009-85-2535
「東横イン高松・中新町」前の国道11号

shikoku2009-85-2536
「東横イン高松・中新町」を出発

shikoku2009-85-2537
第80番国分寺の周辺図

shikoku2009-85-2538
国分寺の山門

shikoku2009-85-2539
国分寺境内のミニ四国

shikoku2009-85-2540
国分寺の由来

shikoku2009-85-2541
国分寺の本堂

shikoku2009-85-2542
金箔の弘法大師像

shikoku2009-85-2543
国分寺の大師堂

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment