著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(88)

2009年4月26日(高松→長尾・その4)

 高松のスズキの販売店「SBS栗林」と「SBS屋島」を訪ねたあと、第84番の屋島寺へ。この寺は屋島の山上にある。

 琴電屋島駅前でアドレスを止め、目の前の屋島を眺めたあと、有料道路の屋島ドライブウェイに入っていく。だが料金所で、「原付の走行は禁止なんですよ」といわれ、追い返されてしまった。クソーッ。何ということ。

 そこで仕方なく琴電屋島駅前に戻り、駐輪場にアドレスを停め、バスで屋島山上に登った。

 屋島寺にはコンクリート製の新しい山門の東大門から入った。そのあとでもともとの参道の山門(仁王門)から入り直し、四大門をくぐり抜け、本道と大師堂を参拝した。 
 屋島は北嶺と南嶺に分かれているが、屋島寺は南嶺にある。

 この寺の歴史だが、日本に上陸した鑑真が大宰府から奈良の都に向かう途中、屋島に立ち寄り、北嶺に普賢堂を建てたのが始まりだという。

 その後、ここにやってきた弘法大師は堂を南嶺に移し、一夜で本堂を建立したという。本尊の千手観音像も弘法大師が彫ったものだという。

 境内の蓑山大明神は四国の狸の総大将「太三郎狸」をまつっているが、そこに建つ狸像はユーモラスだ。

shikoku2009-88-2624
琴電の屋島駅前に到着

shikoku2009-88-2628
琴電の電車

shikoku2009-88-2627
屋島駅前から見る屋島

shikoku2009-88-2626
有料の屋島ドライブウェイ

shikoku2009-88-2629
バスで屋島の山上へ

shikoku2009-88-2630
屋島の案内図

shikoku2009-88-2631
第84番屋島寺の東大門

shikoku2009-88-2632
仁王門

shikoku2009-88-2634
屋島山上の園地

shikoku2009-88-2635
屋島寺の案内

shikoku2009-88-2636
四大門

shikoku2009-88-2638
本堂

shikoku2009-88-2640
屋島寺に団体さんがやってきた

shikoku2009-88-2641
大師堂

shikoku2009-88-2643
蓑山大明神の狸像

shikoku2009-88-2644
屋島からの眺め五剣山を眺める

shikoku2009-88-2645
藤が咲いていた

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。