著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2004・旧満州走破行」(15)

9月27日(月)晴のち曇 黒河→塔河(その1) 第7日目

 今日の行程は塔河まで。500キロ近い距離があり、さらにその大半はダートだとのことで、まだ暗い5時前に黒河を出発。いよいよ寒さがきつくなってきた。

 黒龍江沿いの道を行く。やがて夜が明ける。あたりは一面の霧。霧の中から朝日が昇った。
 黒河から20キロほど行くとダートに突入。路面の状態はそれほど悪くはない。

 8時、黒龍江沿いの村に到着。村の食堂で朝食。粥と饅頭を食べた。食堂の前の道を馬車が通り過ぎていく。食堂の裏手は黒龍江。滔々と流れる大河の対岸はロシアだ。

manchuria2004-15-6785
夜明けの塔河への道

manchuria2004-15-6786
朝日が昇る

manchuria2004-15-6789
収穫の終った大豆畑

manchuria2004-15-6792
2台のスズキQS110

manchuria2004-15-6794
ダートに突入

manchuria2004-15-6801
小休止

manchuria2004-15-6803
村の食堂で朝食

manchuria2004-15-6804
黒龍江でとれた魚

manchuria2004-15-6809
これも黒龍江でとれた魚

manchuria2004-15-6808
食堂の前を馬車が行く

manchuria2004-15-6814
食堂の裏手を流れる黒龍江

manchuria2004-15-6816
食堂で出会った親子

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。