著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2004・旧満州走破行」(16)

9月27日(月)晴のち曇 黒河→塔河(その2) 第7日目

 塔河に向かって走る。際限なくダートがつづく。

 道路沿いの村に着くと、スズキQS110を停め、小休止。村の1軒の家を見せてもらう。壁にはトウガラシ。ぶらさげて干している。庭には黒龍江の漁で使う舟。川漁でとれた魚を見せてもらった。その家では饅頭をご馳走になった。

 黒河から140キロほど走ると、前方にはゆるやかな山並みが見えてくる。大興安嶺山脈の支脈だ。

 大興安嶺山脈は全長1300キロ。黒龍江がその北端になるが、さらに黒龍江を越えてロシア側のスタノボイ山脈につながっている。

 峠道もゆるやか。一気に登り、峠でバイクを停める。峠上は小興安嶺山脈の峠がそうであったように平坦だ。

 峠を下っていくと大興安嶺山脈の山麓は広々とした農地になり、収穫間近の大豆畑が広がっていた。

manchuria2004-16-6821
塔河への道沿いの村

manchuria2004-16-6822
一軒の家を見せてもらう

manchuria2004-16-6823
トウガラシを干している

manchuria2004-16-6827
庭には川漁の舟

manchuria2004-16-6826
黒龍江でとれた魚

manchuria2004-16-6828
庭の片隅にあるトイレ

manchuria2004-16-6829
manchuria2004-16-6830
饅頭をいただいた

manchuria2004-16-6824
山羊の群が行く

manchuria2004-16-6835
大興安嶺山脈に向かっていく

manchuria2004-16-6831
大興安嶺山脈の樹林

manchuria2004-16-6840
ここは大興安嶺山脈の峠

manchuria2004-16-6841
大興安嶺山脈の山麓に広がる大豆畑

manchuria2004-16-6844
際限なくダートがつづく

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。