著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2004・旧満州走破行」(23)

9月29日(水)晴 漠河(その2) 第9日目

「北極賓館」の朝食を食べ終えると、町のバイク店へ。
 行く先々で「熱烈歓迎」されているが、漠河でも「賀曽利先生到漠河」の横断幕が掲げられていた。バイク店のみなさんの見送りを受け、いざ最北端の地へ。

 中国では前にも触れたが、最端の地を「極」といっている。最北が北極、最南が南極、最東が東極、最西が西極になる。

 漠河は中国最北の町だが、最北端の地というのはさらに100キロほど行ったところで、その村も漠河という。漠河の町に対して「漠河村」になり、通称「北極村」で知られている。
 その途中には金山があった。

 1887年に李金庸という男が開いた金山だとのことで、そこには「李金庸祠堂」がまつられている。
 金山の最盛期には3万人もの人口があったとのことだが、今は1000人ほど。同行してくれている「ハルビン・スズキ」の李さんが、こうして金を採るのだと、そのやり方をみせてくれた。

manchuria2004-23-6948
漠河のバイク店

manchuria2004-23-6952
賀曽利先生、熱烈歓迎!

manchuria2004-23-6956
いざ、北極へ!

manchuria2004-23-6957
山火事防止の検問所

manchuria2004-23-6959
雪…

manchuria2004-23-6961
冬用グローブで北極へ

manchuria2004-23-6963
北極に向かって走る

manchuria2004-23-6964
金山の「李金庸祠堂」

manchuria2004-23-6965
祠の内部

manchuria2004-23-6966
金山で出会った子供

manchuria2004-23-6968
金の採掘現場

manchuria2004-23-6972
manchuria2004-23-6976
李さんが金の採り方を見せてくれる

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。