著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

「2004・旧満州走破行」(24)

9月29日(水)晴 漠河(その3) 第9日目

 中国最北の町漠河から90キロ、北に走ると、中国最北端の地に到着。そこは「漠河村」だが、「北極村」で知られている。村の入口には北極の門が建っている。
「おー、ついに北極までやってきた!」
 と感無量だ。

 北極村からさらに4キロ北に行ったところが、ほんとうの北極。中国最北端の地である。そこには「神州北極」と彫り刻まれた北極の碑が建ている。中国では自国を「神州」ということもある。

 目の前を大河、黒龍江が悠々と流れている。対岸はロシアだ。
 北極の碑の前に息子の尚と並び立ち、思いっきり「万歳!」をした。

 北極の碑前では北極村のオバチャンたちが黒龍江でとれた魚の干物を売っていた。
 北極到達のセレモニーを終えたあと、北極の食堂「北極旅飯店」で昼食にする。黒龍江で取れた川魚をふんだんに食べ、味覚でもって北極を味わった。

manchuria2004-24-6977
北極村入口の門

manchuria2004-24-6983
中国最北端の碑

manchuria2004-24-6987
悠々と流れる黒龍江

manchuria2004-24-6994
北極の魚売り

manchuria2004-24-6995
干魚を売っている

manchuria2004-24-6999
北極の案内板

manchuria2004-24-6997
北極の食堂

manchuria2004-24-7021
manchuria2004-24-7018
manchuria2004-24-7019
manchuria2004-24-7022
北極の昼食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード