著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(103)

2009年4月30日(小豆島・その6)

 小豆島は土庄港のある土庄町と池田港のある池田町、草壁港と坂手港のある内海(うちのみ)町の3町から成っていた。それが池田町と内海町が合併して小豆島町となり、現在は2町から成っている。
「小豆島八十八ヵ所」のうち、ここまでの15番は旧内海町内になる。

 安田の食堂「すえ広うどん」で昼食を食べたあと、さらに旧内海町内の札所をめぐっていく。
 第16番の極楽寺を参拝し、第17番の一ノ谷庵へ。ここではお接待の梅茶と昆布茶をいただき、さらに甘夏をもいただいた。ゆっくりゆったりできる一ノ谷庵だった。

 旧内海町の中心、草壁から名所、寒霞渓のある山中へと一気に登っていく。
 スズキ・アドレスV125Gのアクセルを開き、加速して急坂を登る。アドレスはパワフルなエンジンなので、登り坂や峠越えには滅法、強いのだ。

 このあたりは順不同で、18番、20番をあとまわしにして、第14番の清瀧山へ。この14番はポツンとひとつ離れている。清瀧山を参拝すると展望台に立ち、草壁の町並み、奥深くまで切れ込んだ内海湾を眺める。「岬の分教場」のある田ノ浦もよく見えた。

shikoku2009-103-2838
第16番の極楽寺に到着

shikoku2009-103-2839
極楽寺の山門

shikoku2009-103-2840
極楽寺の本堂

shikoku2009-103-2841
第17番の一ノ谷庵に到着

shikoku2009-103-2842
一ノ谷庵を参拝

shikoku2009-103-2843
お接待の梅茶と昆布茶

shikoku2009-103-2844
お接待の甘夏

shikoku2009-103-2846
清瀧山を参拝

shikoku2009-103-2849
清瀧山展望台からの眺め

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。