著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(106)

2009年4月30日(小豆島・その9)

「小豆島八十八ヵ所」の第26番・阿弥陀寺と第27番・桜ノ庵をめぐる。
 阿弥陀寺では山門の鐘楼門をくぐり、本堂を参拝。
 桜ノ庵の本尊は十一面観音だが、その真言が奉納されている。これはほとんどの札所でも同様に奉納されていることだが…。

「オンマカキャロニキャソワカ」
 と、十一面観音の真言を3度、唱えた。

 この阿弥陀寺、桜ノ庵の近くには小豆島ならではの「オリーブ園」がある。
 道の駅「小豆島オリーブ公園」もある。公園内には「オリーブ記念館」(無料)。ここではギリシャ、ローマ時代のオリーブづくりを模型で展示している。小豆島はギリシャのミロス島と姉妹島になっているが、ミロス島といえばあの「ミロのヴィーナス」が発見された島。そんなミロス島の紹介もしている。芝生広場にはギリシャ風車もある。

「サン・オリーブ」の3階には小豆島オリーブ温泉「サン・オリーブの湯」(入浴料700円)。瀬戸内海を一望する総ガラス張の大浴場。歩行浴や寝湯、打たせ湯、露天風呂など全部で8種の温泉浴を楽しめる。

 草壁に戻ると、「高橋旅館」に泊った。
 ここの夕食がよかった。タイ、ヒラメの刺身、ハマチの焼き魚、煮魚、天ぷら、さらには牛のタタキ、豚鍋…と食べきれないほど。これで1泊2食8000円!

shikoku2009-106-2880
第26番・阿弥陀寺の山門

shikoku2009-106-2881
阿弥陀寺の本堂

shikoku2009-106-2882
第27番・桜ノ庵

shikoku2009-106-2883
桜ノ庵を参拝

shikoku2009-106-2884
桜ノ庵の本尊、十一面観音の真言

shikoku2009-106-2887
オリーブ園

shikoku2009-106-2886
オリーブの木

shikoku2009-106-2888
夕日が落ちていく

shikoku2009-106-2889
夕日に染まる内海湾

shikoku2009-106-2890
草壁の「高橋旅館」

shikoku2009-106-2891
「高橋旅館」の夕食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。