1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
11

Category: 台湾一周2010

Tags: ---

Comment: 0  

2010年台湾一周(5)
6月17日(木)曇・東京→台北(その5)

「台湾一周」の記者会見を終えると、台湾のスズキ、台鈴工業の李さんらと一緒に夕暮れの台北の町に繰り出した。

 屋台風食堂での楽しい夕食。さすが「食大国」の台湾だけあって、店頭に並んだ料理の品数の多さには圧倒されてしまう。日本では高級品の「カラスミ」も、ここでは山積みにされ、ごく普通の値段で食べられる。

 まずはビールで乾杯。台鈴のみなさんと「乾杯!」「乾杯!」を繰り返す。ビール会社から派遣されたキャンペーンガールにつがれると、よけいにピッチが上がり、汗だくになって飲み干した。
 カラスミや刺身風のタケノコ、イカ、サメカワなどをつまみにして飲む台湾のビールはうまかった。

 飲むほどにみなさんとの話ははずむ。といっても李さんがある程度、日本語を話せるだけで、ほかのみなさんは日本語を話せない。ぼくは中国語はなかなか覚えられず、知っているのは「ありがとう」の「謝謝(シェシェ)」ぐらい。それも「シェシェ」は北京語で、台湾語になると「トーシャ」になるという。

 それにもかかわらず、言葉で不自由しているという気はさらさらない。みなさんとおおいに語り、おおいに飲み、おおいに食べた。

 台湾のみなさんはすごくいい。優しさを感じる。穏やかさを感じる。そして何よりも親日的なのだ。
「私たちは日本人が好きですよ」
 といってくれる。
 台鈴のみなさんと一緒に走る明日からの「台湾一周」がものすごく楽しみになった。

taiwan2010-5-9465
夕暮れの台北

taiwan2010-5-9480
この店で夕食

taiwan2010-5-9482
この店は人気の屋台風食堂

taiwan2010-5-9466
見よ、この品数の多さ!

taiwan2010-5-9468
品数の多さには圧倒される

taiwan2010-5-9470
カラスミも山積みされている

taiwan2010-5-9476
上機嫌のカソリ!

taiwan2010-5-9486
千鳥足でホテルに戻ってきた

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment