著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(119)

2009年5月2日(小豆島・その22)

 土庄の第62番、第63番、第64番の参拝を終えると、世界最狭の土淵海峡を越え、小豆島の前島から本島に渡る。「サンクス」でアドレスを停め、「おにぎり&お茶」の朝食を食べ、海沿いの第66番・等空庵へ。

 ツバメが飛びかっている。本堂の中にも巣がある。ここに限らず小豆島にはツバメが多いが、島のみなさんはさりげなくツバメを大事にしている。

 つづいて第67番・瑞雲堂から第68番・松林寺へ。
 松林寺は大きな寺で山門も立派なものだ。庭園もきれいにしている。

 この寺の名前は何度か変わっている。初めは長現寺といった。その後、豊臣秀吉の文禄・慶長の役の際、朝鮮国王から贈られた虎を船で運んでいる最中、暴風雨に遭い、船はこの地に漂着。一時的に寺で飼育したので虎渓寺に改められ、その後、松林寺に改号したという。

 400年前の小豆島には虎がいた!

shikoku2009-119-3042
土淵海峡を渡る

shikoku2009-119-3043
朝食の「おにぎり&お茶」

shikoku2009-119-3044
土庄港からフェリーが出ていく

shikoku2009-119-3046
第66番・等空庵

shikoku2009-119-3047
第67番・瑞雲堂

shikoku2009-119-3048
瑞雲堂からの眺め

shikoku2009-119-3053
第68番・松林寺

shikoku2009-119-3051
松林寺の鐘

shikoku2009-119-3054
松林寺の庭園

shikoku2009-119-3055
松林寺の本堂

shikoku2009-119-3056
松林寺の本堂内部

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。