著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本列島岬めぐり:第47回 大王崎(だいおうざき・三重)

(共同通信配信 1990年)

 志摩半島東南端の大王崎には、近鉄の鵜方駅前から海沿いの道を南下して向かった。
 その途中、志島という集落を通った。ここは我がなつかしの地!

 志摩といえば海女漁の本場だが、何年か前の夏、ここの海女たちに漁に連れていってもらったことがある。船に乗って沖に出ると、海女さんたちは耳に栓をし、水中眼鏡をかけた。チューブの浮き輪に網をつけた「タンポ」を海に投げ入れ、鉄製のカギを持って海に飛び込んだ。

 アワビやサザエをつかんで浮かび上がってくると、腰に巻いた綱と結んだタンポにそれを入れ、「アーフッ」と大きな声を出したり、「ヒューッ」と口笛を吹くようにして息を整え、また海に潜っていった。
 そんなシーンが目に浮かんでくる。

 熊野灘と遠州灘を分けて突き出た岬、大王崎に到着。岬周辺の地名は波切(なきり)。何ともうまい地名のつけ方なのだろうと感心してしまう。
 熊野灘と遠州灘は、ともに船乗りに恐れられた難所。その2つの海の荒波を切り分ける所が波切なのである。

 江戸時代の波切港は江戸と上方間の風待港として、また海が荒れたときの避難港としてにぎわった。この港には米や酒樽、塩、材木、ミカンなどを積んだ船が頻繁に出入りした。

 大王崎は「伊勢の神前、国崎の鎧、波切大王なけりゃよい」
 と、歌にまで歌われた。ちなみに神前(こうざき)とは二見ヶ浦近くの神前岬、鎧とは国崎(くさき)の鎧崎のことで、波切の大王崎と合わせ、このあたりの海の三大難所になっていた。

 土産物屋がずらりと並ぶ小道を歩き、岬の灯台へ。断崖を見下ろし、その向こうに広がる太平洋の大海原を眺めた。

misakimeguri47-9774
灯台から見下ろす岬突端の岩礁

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。