1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
30

Category: 60代編日本一周パート2(2009)

Tags: ---

Comment: 0  

四国八十八ヵ所めぐり(135)
2009年5月6日(徳島→京都・その2)

 高野山西口の大門を過ぎて、山上の宗教都市、高野山に入っていく。
 真言宗の総本山、金剛峯寺前の駐車場にアドレスを止める。
 空海(弘法大師)によって開かれた金剛峯寺の参拝。それを終えると、根本大塔、金堂、御影堂、西塔とまわった。

 その中でも根本大塔は高野山のシンボルといっていい。この塔は真言密教の宝塔すなわち大日如来塔なのである。

 弘法大師の壮大な構想によって造りはじめた根本大塔だが、その完成は大師以後のことになる。完成後は何度となく焼け落ち、現在の塔は6代目で、昭和9年に再建されたものだという。

 根本大塔の案内板には次のように書かれている。
「この塔は高野山を象徴する八葉蓮華として山々の巾台になぞらえられる。即ち高野山の教理上の中心として大日如来を象徴するものである。方形の初層に裳層(もこし)をつけ、覆鉢の上に屋蓋を重ねた一層塔である。塔内の五仏のうち中尊が胎蔵界大日如来、四仏は金剛界の阿閃・宝生・弥陀・釈迦の四仏で、それによって胎金両部不二の深義をあらわす。このようにこの塔は絶対仏大日如来のシンボルであり、高野山の教理上の中心である」

shikoku2009-135-3392
山上の宗教都市、高野山

shikoku2009-135-3394
高野山の案内板

shikoku2009-135-3396
金剛峯寺の参道

shikoku2009-135-3397
金剛峯寺の本堂

shikoku2009-135-3398
金剛峯寺のお接待

shikoku2009-135-3399
金剛峯寺の石庭

shikoku2009-135-3400
根本大塔の参道

shikoku2009-135-3402
根本大塔

shikoku2009-135-3403
金堂

shikoku2009-135-3404
御影堂

shikoku2009-135-3406
西塔

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment