著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国八十八ヵ所めぐり(136)

2009年5月6日(徳島→京都・その3)

 金剛峯寺から高野山東口の奥の院へと舞台を移す。アドレスに乗っての移動。いよいよ本番だ。
 まずは参道入口の店「はちよう」で「ニシンそば」(750円)を食べ、腹ごしらえをしたところで参道を歩いていく。見上げるような杉木立。白装束のお遍路さんの姿も多く見られる。

 企業や団体の墓地を見、その奥の大名たちの墓を見ながら歩き、一番奥の弘法大師御廟へ。ここを参るために、「四国八十八ヵ所めぐり」を終えたお遍路さんたちは、高野山にやってくる。

 承和2年(835年)春、弘法大師はこの地で死んだ。行年62歳。しかし弘法大師は今だに生きつづけ、人々の生きざまを見つづけているという。

 弘法大師御廟をひとまわりしたところで、納経所に入った。
「四国八十八ヵ所めぐり」の納経帳の最後のページに高野山のお墨書きをしてもらった。「あー、終った…」

 その瞬間、「同行二人」の世界を見たとでもいおうか、弘法大師が急速に身近に感じられた。
 それとともに四国88番の札所と高野山のお墨書の入った納経帳が自分の宝物のように思え、
「これからはきっと、お大師さんが自分を守ってくれる!」
 といった気分になるのだった。

shikoku2009-136-3407
「はちよう」のニシンそば

shikoku2009-136-3408
奥の院の案内図

shikoku2009-136-1117
奥の院参拝のお遍路さん

shikoku2009-136-1116
奥の院参道の杉木立

shikoku2009-136-1106
shikoku2009-136-1107
shikoku2009-136-1108
入口近くの企業や団体の墓地

shikoku2009-136-1110
その奥は昔ながらの墓地

shikoku2009-136-1111
大名の墓も多い

shikoku2009-136-1112
この五輪塔は大名の墓

shikoku2009-136-1114
弘法大師御廟

shikoku2009-136-1115
弘法大師御廟に手を合わせるお遍路さん

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。