1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
15

Category: カソリの島旅

Tags: ---

Comment: 0  

カソリの島旅(54)上蒲刈島(広島)
(『ジパングツーリング』2002年3月号 所収)

 下蒲刈島の三之瀬から蒲刈大橋を渡って上蒲刈島に入る。上蒲刈島は1島全域が蒲刈町になっている。なお下蒲刈島は下蒲刈町で、上蒲刈島とは町が違う。

 上蒲刈島の中央部にそびえる七国見山(457m)が島の最高峰。
 その名前がなんともいえずにいいではないか。
 本州側だけではなく、四国側もよく見える島なので、両方合わせて7国、それで“七国見山”なのだ。

 上蒲刈島は反時計回りで島を一周した。
 海沿いの道を走っていると、下蒲刈島以上に四国の山並みがより近く、はっきりと見えた。
 海に落ち込む岩山地帯は石灰岩の大採石場になっていた。その風景はふとイランのカビール砂漠の岩山地帯を思わせるものだった。

 島の南東端の県民の浜には県民の浜温泉「やすらぎの湯」がある。無色透明の塩分の濃い湯。真っ青な瀬戸内海を眺めながら島温泉の湯につかった。

 島の東側に出ると、豊島が目の前だ。
 この豊島は東隣の大崎下島からさらに平羅島、中ノ島経由で愛媛県の岡村島まで橋でつながっている。上蒲刈島と豊島の間に橋がかかれば、本州の本土側から全部で7つの島々が橋で結ばれることになる(その後、上蒲刈島と豊島の間には豊島大橋が完成し、安芸灘の島々を結ぶこのルートは「安芸灘とびしま海道」と呼ばれている)。

 島の北側に出ると町役場のある宮盛や豊島、大崎下島へのフェリーが出る田戸港がある。
 最後に島の西岸の向浦に出た。28キロの「上蒲刈島一周」だ。

 上蒲刈島から蒲刈大橋を渡って下蒲刈島に戻り、安芸灘大橋を渡って国道185号に戻った。

テーマ : 国内旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment