著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カソリの島旅(83)中島(愛媛県)

(『ジパングツーリング』2002年6月号 所収)

 興居島の泊港から松山の高浜港に戻ると、その4キロほど南の三津浜港へ。松山には北から順にいうと松山観光港、高浜港、三津浜港と、フェリーの出ている3つの港がある。

 忽那諸島の中島には、そのうちの三津浜港から渡るのだ。忽那諸島には全部で30余りの島々があるが、中島は主島になっている。

 三津浜港には、2年前の「日本一周」(1999年)で出会った山地真一さんが見送りに来てくれた。
 じつは前夜、北条では「北条水軍ユースホステル」に泊まったのだが、
「カソリさんが来ている!」
 という情報をキャッチすると、山地さんは車を飛ばし、なんと高知県の南国市から駆けつけてくれた。そんな山地さんに見送られ、中島町営汽船のフェリー「なかじま」で三津浜港を離れた。

 13時、三津浜港発のフェリー「なかじま」は、忽那諸島の睦月島、野忽那島に寄って14時20分、終点の中島の大浦港に到着した。
 中島は反時計回りで島を一周。
「アイランドウオッチング」しながらの「中島一周」だ。

 大浦港を走り出すと、瀬戸木海峡を間近に眺める海岸に出るが、そこからは右手に中島、左手に睦月島、その間に興居島を見る。

 島の北端近くからは左に大館場島、右に小館場島を見る。ここまでが愛媛県。その向こうに広島県の倉橋島を見る。

 中島の西海岸を南下すると「忽那七島」の怒和島、津和地島、二神島を見る。
 忽那諸島の主島の中島とこれら3島、それと興居島、船で寄った睦月島、野忽那島の7島は「忽那七島」と呼ばれている。

 西海岸の西中漁港ではタコ漁の漁師さんの話を聞いた。
 ここではタコ壷を使ってのタコ漁をしているとのことだが、タコ壷にはプラスチック製と焼き物の2種がある。焼き物のタコ壷の方がはるかによく獲れるとのことだが、最近ではめっきり減ったという。手に入れにくくなっているからのようだ。

 夕日を浴びた対岸の二神島を眺め、神浦港を通り、大浦港に戻った。
 全行程27キロの「中島一周」。「興居島一周」よりも1キロ、距離が長くなった。

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。