著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010台湾一周(25)墾丁→瑞穂

6月21日(月)晴

 墾丁のリゾートホテル、「福容大飯店」を出発。台湾最南端のガラン鼻に向かう。

 海岸には船帆岩。台鈴の李さんは、
「(この岩は)アメリカの元大統領のニクソンに似ているっていわれてるんだ」
 と教えてくれた。
 そういわれてみると、尖った鼻が似ているようにも見える。

 台湾最南の小さな町並みを走り抜け、台湾最南の旅館の前を通り、ガラン鼻の入口へ。
 そこからは亜熱帯樹のおい茂る林間の小道を行き、ついに東経120度50分00秒、北緯21度53分59秒のガラン鼻に立った。ガラン鼻は今回の「台湾一周」では一番期待したポイントなので、まさに感動の瞬間だ。

 目の前にはフィリピン・ルソン島との間のバシー海峡が広がっている。水平線上に島影は見えない。岬のすぐ沖を漁船が通り過ぎていった。
 台湾最南端碑の前で台鈴のみなさんと一緒に記念撮影。

 最南端碑の前には最南端周辺の案内図がある。
 それを見ながら「岬」について考えた。

 ガラン鼻の鼻は「岬」を意味している。日本でも岬、崎のほかに鼻のついた岬名は数多くある。日本本土最西端の岬は神崎鼻、薩摩半島南端の岬は長崎鼻…といった具合だ。

 台湾最北端の岬は基隆の北の富貴角、台湾最東端の岬は三チャオ角で、やはりこの「角」も岬を意味している。三チャオ角のすぐ北には鼻頭角がある。

 そのほか台湾の地図をざっと見ると、基隆の近くには野柳岬がある。台湾では「岬」という字が日本で意味するところの岬として使われている。

 ところで「峠」は日本人の作り出した日本の国字だが「岬」は漢字になる。だが意味がまったく違う。
 中国語の岬は英語でいうところの「ケープ」や「ポイント」でなく、山々が平地に落ちる先端をいう。

 何をいいたいかというと、中国には地形としての岬は数多くあるが、地名としての岬はひとつもない。半島名はあっても岬名のない国なのだ。それは朝鮮半島も同じで、半島名はあっても岬名はない。このあたりは朝鮮半島が日本以上に中国文化の影響を強く受けてきたからだろうと、「岬のカソリ」は考えている。

 岬名のあるなしが日本と中国との大きな違いになっている。
 台湾は岬名の数はそれほど多くはないが、ちょうど日本と中国の中間にある国といっていい。

taiwan2010-25-0024
「福容大飯店」のプールを見下ろす

taiwan2010-25-0027
部屋から台湾最南端のガラン鼻を見る

taiwan2010-25-0030
「福容大飯店」を出発

taiwan2010-25-0031
船帆石

taiwan2010-25-0034
台湾最南の町並み

taiwan2010-25-0033
台湾最南の旅館

taiwan2010-25-0035
ガラン鼻の入口

taiwan2010-25-0042
台湾最南端のガラン鼻に到達!

taiwan2010-25-0066
台鈴のみなさん

taiwan2010-25-0043
台湾最南端の案内図

taiwan2010-25-0068
バシー海峡を漁船が行く

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。