1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category: 台湾一周2010

Tags: ---

Comment: 0  

2010台湾一周(29)墾丁→瑞穂(その5)
6月21日(月)晴

 大渓小学校では高学年のみなさんの踊りを見せてもらった。
 女子生徒は赤、男子生徒は黒を基調としたパイワン族の民族衣装を着ている。それにはきれいな刺繍がほどこされている。女子生徒も男子生徒も頭には飾りの輪をつけている。

 女子生徒たちは手をつなぎ、足を振り、ステップを踏んで踊る。男子生徒は戦いの踊りなのだろうか、武器のような棒を持って踊る。
 踊りに合わせてパイワン族の先生が澄んだきれいな声で歌を歌う。心にしみ込むような歌声だ。
 女子生徒と男子生徒は手をつなぎ、やがてフィナーレを迎える…。

 生徒たちの踊りを見せてもらったあとは、6年生の教室で昼食をいただいた。
 粟のチマキ。中には豚肉が入っている。それをコリコリした食感のカタツムリの煮つけをつまみながら食べた。

 昼食後、校長先生、担任の先生をまじえて生徒のみなさんとおおいに語り合った。
 みなさんからはいくつかの質問が飛び出したが、西方さんの通訳で、それらの質問のひとつひとつに答えていった。

 みなさんとの別れのときがやってきた…。
 まだ若い校長先生とは何度も握手をかわし、先生方1人1人とも握手をかわした。
 そして全校生徒に見送られ、大渓小学校をあとにした。

taiwan2010-29-0151
taiwan2010-29-0161
taiwan2010-29-0178
taiwan2010-29-7152
大渓小学校の生徒のみなさんがパイワン族の伝統的な踊りを見せてくれる

taiwan2010-29-7172
粟(餅粟)のチマキ

taiwan2010-29-7169
カタツムリの煮つけ

taiwan2010-29-7175
クラス全員の似顔絵

taiwan2010-29-7178
校長先生、担任の先生をまじえてクラスのみなさんと話す

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。