1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
10

Category: [オリジナル企画]18きっぷ旅2010冬

Tags: ---

Comment: 0  

「青春18きっぷ2010」(8)
第2日目(東京→函館・その3)

 郡山着は9時01分。郡山発は9時27分。この間の20分強は重要だ。30分あればいったん改札口を出るのだが、30分以内なので駅構内をプラプラ歩く。

 郡山で分岐する磐越西線や磐越東線、水郡線のホームを見、新幹線口の改札口を見る。そして駅弁売場で「栗山菜弁当」(800円)、キオスクで地元紙の「福島民報」(100円)を買って福島行に乗り込んだ。駅弁と郷土色豊かな地元紙は列車旅の大きな楽しみといえる。

 9時27分発の福島行は4両編成。全車両がロングシート。最後尾の車両に座り、ガラガラ状態の車内でさっそく「栗山菜弁当」を食べる。食べ終わると、お茶を飲みながら「福島民報」を読んだ。

 郡山を出発。本宮を過ぎると安達太良山が見えてくる。本宮と二本松の間ぐらいが一番よく見える。山頂周辺は雪化粧している。

 福島に近ずくと今度は吾妻連峰が見えてくる。安達太良山の山塊と吾妻連峰の間は大きく落ち込んでいるが、そのあたりが国道115号の土湯峠になる。

 福島到着は10時14分。福島出発は11時00分。
 ここでは46分あるので改札口を出る。まずはメインの東口へ。正面には信夫山が見える。信夫山の展望台からは福島の市街地が一望だ。

 東口には「奥の細道像」。芭蕉と曽良が並び立っている。
 福島市民は「奥の細道」ではちょっと悔しがっている。
 芭蕉は福島に到着すると、旧知の押尾氏宅を訪ねた。だが押尾氏は江戸に出かけて留守だった。そこで妻と母親に一目会ったあと、奥州街道・福島宿の旅籠に泊まり、飯坂温泉へと向かっていった。

 もし押尾氏と会えていたら、きっと押尾氏宅で何泊かしたはずだ。そうすると、福島では後世に残る句を詠んだかもしれないし、福島は「奥の細道」の重要なポイントになっていたかもしれない。ところが押尾氏がいなかったばかりに福島を素通りした。
 それが福島市民にとっては残念なことなのである。

 このような歴史上の、
「もし、何々だったら…」
 を考えるのは旅の大きな楽しみ。ぼくはそれが大好きなのだ。

 福島駅東口を歩き、阿武隈急行と福島交通飯坂線の乗場まで行ってみる。そこでは飯坂温泉の匂いをかぐのだった。時間があれば飯坂温泉の共同浴場めぐりをしたいところだが…。

 次に西口へ。
 新しく開けた西口はゆったり広々。こうして大きな駅の東西口、もしくは南北口を見比べてみるのもおもしろいものだ。

18kippu2010-8-4202
郡山駅。福島行に乗る

18kippu2010-8-4203
郡山駅構内の何本もの線路

18kippu2010-8-4204
郡山駅の駅弁

18kippu2010-8-4238
福島の地方紙「福島民報」

18kippu2010-8-4208
安達太良山がよく見える

18kippu2010-8-4215
福島駅

18kippu2010-8-4223
福島駅東口の「奥の細道」像

18kippu2010-8-4230
阿武隈急行と福島交通飯坂線の乗場

18kippu2010-8-4232
18kippu2010-8-4233
福島駅西口

テーマ : 鉄道の旅    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment